Go!伊勢崎 駅周辺開発(市街地整備)  [ Home ]




JR両毛線伊勢崎駅高架化工事・Index

2006/9/30〜2007/2/24〜2007/5/12〜軌道切替え工事の様子(2007/9/29,9/30)2007/10/7〜第3大間々道踏切のPC桁架設(2008/5/20)2008/2/9〜2008/6/14〜2008/11/1〜2009/1/11〜三ツ家橋通りの桁架設2009/4/11〜(伊勢崎駅ホームからの風景)2009/5/30〜2009/9/26〜2009/10/25〜伊勢崎駅高架施設見学会(2010/5/16)さよなら木造・伊勢崎駅舎2010/8/28〜

伊勢崎駅周辺開発・Index

 伊勢崎駅周辺開発のページは、2008年にページ開設以来、記事と写真の量が増えて表示が重くなりましたので、伊勢崎駅の南北に分けてページを分離しました。それぞれ下記のページからご覧ください。(2013/7/5 記)
■伊勢崎駅の南側(伊勢崎駅周辺第一土地区画整理)(駅広や街区道路区道動画で紹介
■伊勢崎駅の北側(伊勢崎駅周辺第ニ土地区画整理)(駅広や街区都計道区道
■東武伊勢崎線高架橋脇の側道整備

更新日:2017/3/1

伊勢崎駅周辺開発のページ開設にあたり

 このページは伊勢崎駅周辺の市街地整備状況をお伝えします。
 当サイトの「伊勢崎アンケート」への投票で駅周辺の衰退を心配する声が大きく、確かに伊勢崎駅前にはホテルやレストラン、カフェどころかコンビニ一つなく、虫食い状態の空き地や無人の住宅が散在し、その心配も十分に納得できる状況です。遠来のお客が伊勢崎駅に初めて降り立った時、「これが21万都市の玄関口?」と驚いた話は良く耳にします。私の所へ来訪したお客さんが、駅で昼食を済ませ、手土産も駅で買って午後一番に訪問するつもりで、取り合えず伊勢崎駅まで来たものの、その両方が果たせず困ったと愚痴をこぼされたことも何回かあります。
 この現況は隠しようもない事実ですが、これは駅周辺が新しく生まれ変わるまでの一過性の状況です。
 この不況下、急ピッチな進捗を望むのは難しいことでしょうが、また、両毛線高架化工事のように周囲から目立つ動きでもありませんが、移転が決まった住宅の解体撤去整地が進み、また新しい都市計画道路や区道の工事も少しずつ進み、その道路沿いや街区には移転後の新しい住宅や店舗の建設が進んでいます。
 このページではゆっくりと慌てずに、気長な気持ちでその変化の様子をお伝えできればと思います。(2009/2/22 記)
※今まで、駅周辺市街地開発の様子は「駅周辺開発」としてJR両毛線立体化工事の中で掲載しましたが、2009/2以降、このページで紹介します。 





Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ