管理人日記  [Home ]




管理人日記

このページはトップページの「グッモーニン」の欄で書いた文を掲載したものです。v170212
ご意見等ありましたら「管理人の独り言」からお寄せいただければ光栄に思います。
期間→
検索文字: 検索語が見つかった日記のみ表示
※検索できる文字は1語です。[例]赤城山


■過去の日記■
2015/7〜2015/10
2015/1〜2015/5
少子高齢化だからこそ
(連載)

2014/1〜2014/10
2012/2〜2013/1
2011/4〜2012/2
2010/8〜2011/3
2010/3〜2010/7
2009/9〜2010/2
2009/6〜2009/8
2009/4〜2009/5
2009/2〜2009/3
2008/12〜2009/1
2008/10〜2008/11
2008/8〜2008/9
2019年1月18日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ、日中最高気温は9度前後、日中最高風速は7m/s。気温が低く、風も強く、寒い一日になりそうです。
 平日昼間にプールに出かけると、毎日通っている常連さんたちが、「俺はこの施設があってホント助かってるよ。家にいたってやることないし。家に居ると粗大ゴミ扱いだし、ボケちゃうし」と言います。
 現役を退いた後も、当サイトはじめ、いくつかのウェブサイト編集や取材、DIYやガーデニング、映画やドラマ、調べものやプログラミング、友人らとの交流や手伝い、水泳やサイクリング、日帰り温泉やまち歩きなど、何だかんだと忙しくて、プールに通うのも週一回がギリギリ。貧乏性と言うのか、記憶ある限り子供の頃からこんなライフスタイルなので毎日回遊魚のように動き回っていますが、時々、「こんなことをやってていいのだろうか?」と考えます。
 人生って何?何をやっても人生、じっとしていても動き回っていても人生、ボケてもボケなくても人生、成功しても失敗しても人生。人生に正解や不正解はありません。時々思います。オリンピックで金メダルを獲得したアスリート、ノーベル賞を受賞した学者や作家、巨大企業のエグゼクティブになった人、高齢になっても高山登山を目指す三浦雄一郎さん、作家から尼僧に転身した瀬戸内寂聴さん、古くはデカルトやカント、ヘーゲル、更に古くはソクラテスやプラトン、アリストテレスらに問いたい、「人生って何?」 チコちゃんは知っているでしょうか。
 丸男は知っている、一日一日が明るく楽しく元気ならばそれが人生。

2019年1月17日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ、日中最高気温は11度前後、日中最高風速は6m/s。
 ここのところ強い北風が吹く日が多いですが、半世紀以上前の頃には、毎日のように冷たい北風が吹いていたように覚えています。周囲には桑畑や麦畑が広がっていたので、風と共に乾燥した細かい砂が一緒に飛んで来て、建付けの悪い窓やドアの隙間から入り込み、縁側はいつもザラザラでした。
 家の中も外も同じような気温なので、少年たちは戸外で遊び回り、手はあかぎれ、頬っぺたは赤くてカサカサ、垂らした鼻水を袖で拭き、現代の子供たちと比べたら戦災孤児のよう。そんなことは意に介せず、自分の家も他人の家も関係なく、家の周りや庭、かしぐねの隙間、物置など、どこも遊び場。時々は近所の華蔵寺公園に出かけて木に登り、隣町の子供たちと他愛のない喧嘩をします。
 ゲームどころか、テレビもやっと白黒テレビが普及し始めた頃で、金曜日の夜、華蔵寺公園の坂下の酒屋さんでプロレスを見せてもらうのが唯一の楽しみ。「何か買わないと悪いかなぁ・・・」とは思いつつ、お金がないので、大人たちの背中の陰から遠慮気味に覗く程度。
 水道が引かれて、風呂を沸かす水汲みから解放されただけで画期的だった時代。モノが少なく生活はいたってシンプル。不平不満はなく、永遠に続いて欲しい幸せな時代でした。文明が発達し、豊かな物資に囲まれることと幸福感は比例しないようです。

2019年1月16日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ、日中最高気温は10度前後、日中最高風速は6m/s。風が強く寒い日になりそうです。
 テレビドラマや映画を好んで見ます。小説もたくさん読みました。見たり読んだりしている時には、いつしか登場人物に感情移入して夢中になりますが、彼らがどんなに過酷で悲惨な人生を送っても、実話に基づいた物語でない限り、「こんな状況起こりえないよな、どうせフィクションだし」と冷静になったりもします。
 ところが、日々伝えられる事故や事件の報道に接すると、それが現実であるために、感情移入すると堪え難い時があります。凶悪犯罪の犯人の家族、悲惨な事故の本人や家族、全国民の期待を背負いながら頂点に立てなかったアスリートなどです。
 そして今、最も堪え難いのが稀勢の里の立場です。久々の日本人横綱と称賛を浴び、大きな期待を背負いながら、今は進退を問われています。報道内容も応援エールよりも、「崖っぷち」や「最悪の連敗記録」、「過去最低の横綱」等と否定的な部分に焦点を当て、概して批判的です。大勢の報道陣が、負けて土俵を去る稀勢の里を、我先にと追い駆ける姿には嫌悪感さえ感じます。思わず「オイコラ、人の逆境も報道ネタかい」と、テレビの前で毒づいてしまいます。
 でも思います。逆に考えれば、このような状況には誰でもなれるものではありません。この状況を克服すれば、誰にも得られない精神力を身に付けるはずです。それは素晴らしく貴重なことで大きな財産です。
 この記事を描いている今、テレビで臨時ニュースが流れ、稀勢の里引退を伝えました。頑張れ、稀勢の里。これからが人生の勝負です。

2019年1月15日 ▲ページTopへ
 今日は曇り、日中最高気温は9度前後、日中最高風速は2m/s。
 昨日は友人Kさんに誘われて桐生市の骨董市に。誘われてと言いながら自分でも行く気満々。天満宮北側の群大工学部キャンパスに到着したのは6時40分頃。既に日の出を過ぎて、明るくなっています。
 昨年12月の初訪問時には大工道具や小物、陶器など、ついつい財布の紐が緩みましたが、今回は見学主体に。目的としていた幅の狭い鉋(かんな)を購入してひとまず落ち着き、一回り二回りする内に古本コーナーで「伊勢崎市史」を発見。1984年(昭和59年)に伊勢崎市が編集発行した本で、かねてより欲しかった本です。現物を見たのは初めてのことで、全一編かと思っていたところ、「民族編」、「資料編」、「自然編」の3編が並んでいました。ほかに「通史編」を加えて全4編あるよう。
 「自然編」を手に取っていくつかの記述を読み、販価を探すも見つからない。恐る恐る店主に尋ねると、価格票が箱の中に挟まっていただけ。
 「2,000円です。1,500円でいいですよ」
 心の中で思わず「おっ、やったー!」と叫びながらも、落ち着きを装って更に別の記事を精査。いかにも納得した風情で、本とお金をそっと店主に渡して無事に購入。心ホカホカでいい買い物ができました。心残りは他の「民族編」と「資料編」。
 「『自然編』」より厚いので、きっと三、四千円するだろうな、まとめて買えばまけてくれるかな?次回以降も残ってるかな?」・・・などと逡巡しながらも、次回以降のお楽しみに残すことにしました。ところでこの「伊勢崎市史」、出版時の販価の記載がないのですが、どのような方法で、どこの誰あるいは組織に頒布したのでしょう。
 今回の骨董市は年末に比べて出店数が7,8割の様子でしたが、風も吹かずに暖かで穏やかな天候に恵まれ、楽しく過ごしました。心残りは他にもいくつかあって、骨董市行脚はまだ続きそうです。

2019年1月14日 ▲ページTopへ
 今日も晴れ、日中最高気温は10度前後、日中最高風速は1m/s。
 昨日は京都で毎年恒例の全国都道府県対抗女子駅伝競走大会。テレビ観戦で群馬県を応援しようとしましたが、テレビに映るのは主に先頭争いの1〜3位、時々映るのがせいぜい10位まで。11位以降はごくたまに順位が表示される程度。群馬県は12〜13位で微妙な順位。たまに映る姿を待っているとストレスが溜まるので、観戦を断念して庭に出てDIYとガーデニングをすることに。
 おかげで制作途中のDIYがはかどりました。ついでに年を越した昨年の課題も解決。大きく育ったハゼの木の剪定です。モクレンも同様に大きく育っていましたが、昨年末に剪定を終えています。これで向こう5〜10年は剪定の心配をしないで済みそうです。
 庭に樹木を植えて四季折々の風情を楽しめることは幸せなことですが、周囲に迷惑をかけないためには伸ばし放題にもできません。また加齢と共に大きく育った樹木を剪定するのも年々難儀になります。脚立で剪定中に大怪我をした話も珍しくありません。大きな樹木は根元から切断してしまえば済む話ですが、それでは木も可哀想で、何より樹木や草花が三度の飯より好きな私にとって、日々の楽しみがなくなります。5〜10年に一度大胆に剪定することで、自分の趣味を満足させています。

2019年1月13日 ▲ページTopへ
 今日も晴れ、日中最高気温は10度前後、日中最高風速は2m/s。
 先日、Amazon primeでアメリカ映画を観ていたところ、Youtubeの動画作成のために馬鹿なことやふざけたことを続ける若者が登場しました。映画そのものは面白くありませんでしたが、そのことが印象に残りました。また、先日は日本のドラマ「家を売るオンナの逆襲」を観ていたところ、主役がターゲットにしたのは、Youtube動画のネタ探しに日々苦労している若者でした。
 この正月に帰省した娘家族。2歳の孫が好んで見たのは、アンパンマンショーや粘土細工で遊ぶYoutube動画でした。ナント、孫専用のiPadを持っています。動画の制作者はショーを見に行った人や粘土やガチャガチャで遊ぶ光景を撮影した人。恐らく一般人です。映像にキャプションやタイトルも入らず、画像の水平も取られておらず、観覧席の人が自在に画面を横切り、凝った映像加工も施されていないごく普通の動画です。
 今は小学生がなりたい職業上位のYoutuber。年収数千万、中には一億円超えの小学生Youtuberもいるよう。高機能で使い易い映像ソフトも普及していて、一昔前の映像技術はカメラやソフトが補ってくれるので、重要なのは視聴者目線の映像テーマ。映像制作のプロたちも受難の時代です。

2019年1月12日 ▲ページTopへ
 今日も晴れ、日中最高気温は9度前後、日中最高風速は2m/s。穏やかな日になりそうです。
 昨日は伊勢崎初市。温かい昼間の内に出かけましたが、風の強さは時々身体が飛ばされるほど。防寒着を着てマフラーをしてフードをかぶり、まるで冬山登山。なぜか伊勢崎初市の日は強風が吹く寒い日。ダルマの購入はカミさんに任せて、何枚か写真を撮り、広島風お好み焼きと今川焼きを購入し、長居をせずに帰りました。
 СПАСИБО(スパシーバ:露)、謝謝(シェーシエ:中)、Danke(ダンケ:独)、Grazie(グラッツェ:伊)、Obrigado(a)(オブリガード(ダ):ポ)、Merci(メルシー:仏)、Thank you(サンキュー:英米)・・・突然ですが”ありがとう”の意味の各国の言葉です。”Youは何しに・・・”や”ニッポン大好き・・・”、”ヒャッキン!〜世界で100円グッズ・・・”、”ニッポン、スゴ〜イデスネ”等々、日本と外国をつなぐ番組を好んで見ますが、いつしか覚える”ありがとう”の言葉。
 各国の言葉を流暢に喋れれば素晴らしいことですが、言語の天才でもない限り無理な話。せめてこれだけは覚えたいと絞り込むと、まずは挨拶の言葉。そして次なる言葉はお礼の言葉。外国に出かける機会はありませんが、テレビや映画、パソコンで外国を楽しんでいます。





Site view counter since 2006/9/17


▲ページTopへ