管理人日記  [Home ]




管理人日記

このページはトップページの「グッモーニン」の欄で書いた文を掲載したものです。v170212
ご意見等ありましたら「管理人の独り言」からお寄せいただければ光栄に思います。
期間→
検索文字: 検索語が見つかった日記のみ表示
※検索できる文字は1語です。[例]赤城山


■過去の日記■
2015/7〜2015/10
2015/1〜2015/5
少子高齢化だからこそ
(連載)

2014/1〜2014/10
2012/2〜2013/1
2011/4〜2012/2
2010/8〜2011/3
2010/3〜2010/7
2009/9〜2010/2
2009/6〜2009/8
2009/4〜2009/5
2009/2〜2009/3
2008/12〜2009/1
2008/10〜2008/11
2008/8〜2008/9
2020年4月3日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ、日中最高気温は19度前後、日中最大風速は5m/s。予報では向こう10日間、同様な天気が続くよう。
 昨日の群馬県内コロナ感染者は1人、合計で21人です。富岡市の会社関係2名と同じ会社に勤務しているよう。東京都の昨日の感染者数97人。1日の感染者数としては過去最大で、約3分の1の33人が感染経路不明とのこと。不特定多数の人が全国から集まる東京圏では今後も経路を特定できない感染者が発生するのでしょう。
 日々コロナのことで不安が募りますが、我が家の庭では、冬の間枯れ木のようだった木々が芽吹き始め、日に日に緑の量が増えています。葉っぱが出て来るまでは何の木か忘れていても、これからの季節、本人が名前を教えてくれます。芽吹きの葉の色は黄色や臙脂、黄緑など様々な色を示し、成長し切った葉よりも息吹を感じて清々しいです。庭が狭い割には数十種類の樹木を育て、半分くらいが鉢植えなので、これからの季節は水あげが大変ですが、庭に駆り出してくれるので苦痛ではありません。
 鉢の中や庭の隅ではスミレが咲き出し、これもまた楽しみです。野山や畦道で採取して来たり、友人らからもらったものなど、7,8種類のスミレが咲きます。花弁が数ミリからせいぜい2cm程度で華やかさはなく、園芸店にも売っておらず、世間では「雑草」扱いでしょうが、春の訪れや健気さ、野趣を感じます。
 水仙はそろそろ咲き終える様子で、園芸店や道の駅で購入したもの、友人からいただいたものなど、やっぱり7,8種類あります。鉢植えで長年月咲かせ続けるのは難しく、あちこちに地植えしていて、花ニラほどには増えませんが、繁殖率は結構逞しいです。珍しい水仙は絶えてしまいますが。今年は花芽を付けた茎が多かったので、ちょっと得した気分です。
 昨年球根を植えたチューリップも咲き始めました。庭はコロナとは無縁で楽しいです。

2020年4月2日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ、日中最高気温は17度前後、日中最大風速はナ、ナ、ナント10m/s〜〜!風よ、コロナを地球の外へ吹き飛ばしておくれ〜〜〜!
 昨日の群馬県内コロナ感染者発生者はなく、20人のままです。内訳は太田市の保育園関係3名、大泉町の個人病院関係8名、館林市の総合病院関係3名、富岡市の会社関係2名、散発事例4名です。
 昨日、全国都道府県の感染者数と魅力度ランキングの相関を調べました。相関係数を求める前に、取り合えず簡単な方法で特性を調べると、非常に面白い結果が出ました。記事は後で掲載しますが、ヒントは北関東3県と埼玉県です。
 こんな状況にも関わらず、石垣島に観光客が殺到し、島の住民は「お願いだから来ないで」と訴えているよう。ヨーロッパ諸国の国境のように、収束するまでの間、島民の不要不急の用事以外の通行を遮断し、商業施設を閉鎖すればいいのでしょうが、世の中、そんなに簡単ではありません。春休みの観光シーズン。観光客だけでなく受け入れ側にも稼ぎ時。様々な意見があることでしょう。島内の医師会では、島で感染者が出ると島内の医療崩壊につながると案じているようです。
 最近気がかりなのが、「自分は大丈夫、自分は保菌者じゃない」と思って行動してしまうこと。元来人間は利己主義なので、「自分は・・・」の発想になるとは思いますが、感染症なので、「他人に移してしまう危険」を考えることが重要です。保菌者でなくとも、持ち物等を経由して接触感染の伝搬人になってしまうかも知れません。飛沫感染の経路は映像などでも紹介され、怖さを実感できますが、物に付着しているコロナ菌の伝搬の様子はまだ解明されていません。旅行バッグ等、観光客が持ち込む荷物のどこかに付着していたコロナ菌が島へ上陸する危険性もあります。
 爆発的感染を防ぐには、まずは人との接触を減らすことです。移動するなら公共交通網を使わずに、徒歩や自転車、自家用車。外出先は極力人と接触しない所、できれば無人の場所。「『そんな場所がどこにあんの?』って?」 いっぱいあるでしょ。

2020年4月1日 ▲ページTopへ
 今日は雨が降ったり止んだり、日中最高気温は14度前後、日中最大風速は2m/s。肌寒い気温ですが、風が弱いのが救いです。
 今日は令和二年度最初の区長会。行政区長と組区長の合計7人の内、4名が新任です。新年度にあたっての連絡や協議のほか、今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、総会はじめ行政役員会議等、近々の会議等を中止にし、その善後策についての討議も行いました。開催を中止にしても、あるいは中止した方が役員側の仕事は増えますが、こんな時期なので仕方ありません。
 今日はフレッシュマンにとって初登庁日あるいは初出勤日。企業によっては代表だけの入社式や中止にする会社があったとニュースで伝えています。数年後に語る時、記憶に残る年になるでしょう。悲惨な記憶として語らずに済むよう願っています。
 昨日、甘楽町で1名、本日前橋市で1名、新たな新コロ感染者が発生し、群馬県内感染者は20名になりました。前橋市は午後2時に緊急記者発表を行うよう。

2020年3月31日 ▲ページTopへ
 今日は曇り、日中最高気温は14度前後、日中最大風速は3m/s。明日は一日中雨、気温は12度の予報。
 昨日の群馬県内の新コロ感染者数はゼロでした。保育所、内科医院、総合病院からの感染者がその後増えていないので、少し安心しています。
 今日は令和元年度最後の日。明日からは令和2年度が始まり、役所も企業も初出勤の日です。入庁式、入社式はどのように行われるのでしょうか。一室に集まる式は行わないのでしょう。
 中には内定を取り消された人もいるよう。コロナ不況で会社の存続が厳しく採用できないと主張する企業側と、一旦内定を決めた以上採用せよと指導する労働基準監督署。実際、今回のコロナ不況で倒産した会社も増え続けているよう。会社が存続できないのに採用しても両者共に厳しいので、どちらの主張が正しいのか何とも言えません。
 コロナ自身の問題と社会へ波及する諸問題、いつまで続くのでしょう。

2020年3月30日 ▲ページTopへ
 今日は曇り、日中最高気温は13度前後、日中最大風速は3m/s。
 新コロ感染者が増え続けています。千葉県の障害者施設では集団感染が発生し、昨夜時点で86人の患者を確認。
 先日、当コラムで感染者数と全国魅力度ランキングとの相関について触れました。詳細にはまだ整理していませんが、昨日時点の状況を列挙すると、患者未発生の県が鳥取(41)、島根(32)、富山(24)、山形(27)、岩手(30)。カッコ内の数字は魅力度ランキング。一名発生した県が鹿児島(19)、佐賀(46)、香川(33)、徳島(44)。鹿児島を除くと全てランキングの後半組。中でも鳥取、佐賀、徳島は40番台で、毎年のように最下位争いする北関東3県と同一組です。
 その北関東3県の患者数は群馬が18人、栃木が12人、茨城が16人。魅力度は群馬45位、栃木43位、茨城47位。魅力度は観光客の交流人口の多さを示し、北関東3県が魅力度が低い割に10人超えなのは、首都圏に近いためかも知れません。
 新コロは感染者の咳やクシャミの飛沫等で感染し、空気感染はないとされています。当然ながら、人気が低く人の交流が少ない方が感染危険度は低いので、人との交流が閉ざされた全国の過疎地、僻地と言われている地域の人たちが、今回のコロナ騒動をどのように感じているのか大いに興味があります。
 「オラの村さ、関係ねぇだ。よそもんが来るなんてこたぁ、一年に一遍もねえだ。都会はてぇへんだなぁ。オラんちの孫が東京に出てんだけんど、それが心配だで」
 なんて言っているかどうか。定住人口が減少し続ける地方自治体では、定住者増加を断念し、交流人口を増やすことを目指していますが、そんな方針に対して少しブレーキがかかるでしょうか。

2020年3月29日 ▲ページTopへ
 今日は朝の内は弱雨、午前中は雪、みぞれ、午後は弱雨から曇り、晴れ、再び曇りと、目まぐるしく変わる天気です。日中最高気温は晴れ間が見える夕方頃に8度前後、日中最大風速は3m/s。
 桜が満開の日に降る雪。滅多に訪れない機会です。華蔵寺公園のソメイヨシノもまだまだ見ごろですが雪に覆われ、園内は淡い桜色と銀色に染まりました。カメラを持って一回りすると、同じようなことを考えている人がいるもので、園内各所でスマホやデジカメで撮影している人を見かけました。銀世界に埋もれる満開の桜・・・後で掲載します。
 群馬県内の新型コロナウイルス感染者が昨日3人増えて18人となりました。3人の内訳は50代女性2人(二人とも富岡市)、50代男性が1人(玉村町)。3人の感染路は太田市新田の保育園や大泉町の内科医、館林の病院のいずれにも関係ないよう。高崎の男性もそうでしたが、全県のどこからでも発生するフェーズに入って来ました。人との接触が感染原因。収束するまで兎に角自粛、自粛、そして自粛です。





Site view counter since 2006/9/17


▲ページTopへ