Go!伊勢崎伊勢崎市庁舎東館増築工事(4)  [ Home ]

北小学校校舎改築地域交流センター建築建設中の建物や施設伊勢崎のコトなら何でも

伊勢崎市庁舎 東館 増築工事(4)・竣工

更新日:2008/10/29 写真下の日付は撮影日
建築概要はこちら東館の省エネ空調シシテムと非常時排水貯留槽システム建設用語集
 前回(10/24)は天候が曇り空だったので、室内の撮影には支障がなかったのですが、「青空に映える白亜の東館」を狙っていた希望は叶えられず、残念な気持ちが残っていたので、Hさんに、「私も晴れた日に都合が付けば撮りに来ますが、もし晴れた日に時間が取れましたら撮影をお願いします」と頼んでおいたところ、何と何と、本日(2008/10/29)、早速に期待通りの画像を送っていただきましたので、早速に皆さんに紹介します。Hさん、ありがとうございました。

 2008/10/24、竣工を1週間後に控えた東館を市役所のHさんに案内していただき、全館を見学して参りました。

 館内はほぼ仕上がり、一時は大勢の作業者で溢れていた各フロアには、少人数の作業者が最後の設備機器の調整や案内板、通路の点字ブロックの設置などの大詰めの作業を行っていました。
 仕上がった館内は明るくて清潔感が溢れ、また多くの特徴を備え機能的でありながら、壁や床の色合いやレイアウトが優しく、親近感を感じるものでした。
 (2008/10/25 記)

東側から見た完成予想図(伊勢崎市広報から)
▼2008/6〜2008/9はこちら(別ページ)▼
■2008/6〜2008/7:5階鉄骨、各フロア間仕切り、電気、空調、配管・・・
■2008/8〜2008/9:内装や設備
(詳細は本文と画像でご確認ください)

▼2007/12〜2008/5はこちら(別ページ)▼
■2007/12/20〜2008/2/13:コミュニティホールの鉄骨建方、1階の壁、2階床スラブ、中2階スラブの施工
■2008/2/14〜2008/3/10:2階天井スラブの施工
■2008/3/11〜:3階鉄骨〜
■2008/4/9〜:3階コンクリート打設〜
■2008/5/1〜:4階コンクリート打設〜
■2008/5/21〜:5階コンクリート打設〜
(詳細は本文と画像でご確認ください)

▼2007/8〜2007/12はこちら(別ページ)▼
■2007/8/1〜2007/8/27:SMW工法による地中連続壁施工
■2007/9/1〜2007/10/上旬:地中部切梁設置、一次掘削、二次掘削
■2007/10/上旬〜2007/11/中旬:地中部耐圧板、壁部材鉄筋組立、コンクリート打設
■2007/11/中旬〜12/18:地下室の施工、1階スラブの施工
撮影:GIIA-001、GIIA-007、管理人(丸男)

 坂東大橋を渡る4車線の立派な道路を南から真北に進み、広瀬川に架かる伊勢崎大橋の坂道を登って市街地に入るとき、それまで見えなかった市街地の展望が一気に開け、はるか正面後方に赤城山の雄姿と左手には5階建ての白壁と青ガラスの建物・伊勢崎市庁舎東館
 5階と言う高さが圧倒する威圧感を与えることもなく、それでいて周辺の風景の中でその存在感を主張し、ちょうど良い親近感を感じさせてくれます。
 東館の東の道路を初めて走る人のみならず、この通りを走り慣れた人達にとっても、新たなインパクトを与えてくれる風景になるのではないでしょうか。(2008/10/29 記)

南東側から見ると、南面の厚みが加味され、どっしりと
重厚な感じを与えてくれます。街路樹のハナミズキの季節には、また華やかな風景になるでしょう。2008/10/29

東側の道路に面した白壁と、北面を覆う白い格子の
ルーバーが上品さと清潔感を与えています。
(北東の交差点側から)  2008/10/29

南西側から 2008/10/29

南側から。
正面エントランスと風除室。
1階にはコミュニティーホールがあり、天井高が他の階よりも高くなっています。
2008/10/29

南東側から。
手前は東館完成記念樹のモミの木
2008/10/29

5階大会議室

▲ページTopへ

大会議室の東側
 白いカーペットの位置をパーティションで区切り、北隣の部屋と一体化して別の会議室を作ることができます
 常時大会議室の用途がある訳ではないので、用途に応じた工夫が施されています。

 ガラス窓はペアガラスになっていて、窓側にはエアカーテンがあり、冷暖房効果の向上を図っています。

 大会議室の南側の中央部にはオーバーハングした大窓があって、ここから市役所南側の広々として風景を眺めることができます。眺めがいいですよ〜♪

大会議室北西の角から見る室内全体

大会議室の西側

 大会議室西面の壁の上にはスクリーンが収納されていて、電動でスルスルと降りて来ます。収容人数199名ですが、大スクリーンなので、最後尾の人も十分に見ることができるでしょう。

▲ページTopへ

3階の特別室

市長室や副市長室、応接室、秘書室、非常時災害対策本部室
などがあります。

色々な部屋の紹介

▲ページTopへ
オープンスペースの相談コーナーと
個室の相談室


市民がカウンター窓口では相談し難い時などに適宜利用されるとのことです。

2F事務室から見る南側の風景。
赤い三角マークの窓は非常時出入り口

 東館の廊下を歩いていると、自分の進行に伴い、天井の照明の輝度が自動的に調整されます。
 ややこしい表現をしてしまいましたが、簡単に言いますと、普段は暗めの廊下の照明が人が近付くと自動的に明るくなります。省エネ照明です

2F事務室

4F事務室。2Fよりもカウンターの高さが高くなっています。

事務室
冷暖房は床から出てきます

事務室南側のブラインド

据付を待つ各フロアの案内板

▲ページTopへ

文書庫。両側から保管できる大きな文書棚がズラリと並んでいます。レールの上に乗っていて↑のハンドルを回すと人間の力で移動できます。

モニタールーム。この部屋で東館全館のエアコンの状況や監視カメラのモニターなどを集中的に行います。

職員用ロッカールーム


2基のエレベータ

北館と東館の間は多少の高低差があります。そのため、車椅子でも移動できるようにリフトが設置されています。

 東館は休日や夜でも開放される区域があります。そのため、その時間帯に解放区域と入室禁止区域を仕切るために、ご覧の素通しの格子状のスクリーンが設置されています。

 東館の事務室はフリーアクセスフロアになっていて、コンピュータのLANケーブルや電話線、電源ケーブルなどが床下に収納されます。これで床や机の後ろがスパゲティ状態になることを防げます。OA対策です。

オストメイト対応トイレ

  東館には多くの特徴がありますが、トイレの機能が高いのもその一つです。
▲ページTopへ

男子用トイレ
女子用トイレ
オストメイトトイレ
の案内

一般の男子トイレですが、赤ちゃん用の椅子が設置されています。

 水が自動供給されるだけでなく、手洗い後、濡れた手を乾かすための送風も自動です。画像では見えませんが、シンクの手前内側から自動送風されます。

 左:折り畳み式ベッド
 通常は壁に立て掛けられています。館内で気分が悪くなったり、救急車を待つ時など、また、おむつ交換などに利用できます。
 右:踏み台

一般の女子トイレ

おむつ用ダストボックス

様々な対策が施された多目的トイレ

汚物流浄台
  人工肛門や人口膀胱の処理、また吐き気を催した時などに利用できます。
 最近公共施設や公共の場所にはオストメイト対応トイレが増えてはいますが、まだまだそんなに設置数が多くはありません。
 市役所に用事がなくても、覚えておけば外出時が安心です。
→   

2F、4Fには階段室の隣にホールがあります。ここにはテーブルなども置かれ、市民が寛いだりできるとのことです。

中2階のフロア

コミュニティーホール脇の
いせさきFMのスタジオ

中2Fから見る1Fコミュニティーホール

1Fコミュニティーホール

 床が1本1本、無垢でぶ厚いフローリング木材で敷き詰められています。表面に薄い化粧材を貼ったフローリングとは異なりますので、革靴やハイヒールで踏んでも容易には傷が付きません。

1階の外回り

▲ページTopへ

1Fの公用車駐車場。非常時にはここから東側の道路へ直接出れます。

東側の道路から見る
いせさきFMのスタジオ

正門東側の駐輪場。
東側の道路からすぐに入れます。

東館の南側駐車場の南東の角地に植えられた記念樹「もみの木

「もみの木」と言えば・・・

クリスマスシーズンや年末年始の夜を飾るイルミネーションを期待してしまいます

東側の出入り口

北東の角地の植栽

正門を東側から

 正面エントランスには風除室がありますので、北風が舞う寒い日や熱暑の日でも、ホールに直接外気が入らないようになっています。

定礎。矢内市長の書。

東側の歩道から見上げる東館


南側から


南側も舗装を完了。
来庁者用の駐車場になるとのことです

階段室

▲ページTopへ

広くて明るい階段室

5階への階段は壁にデザインが



B1は管理者のみの利用になります。
窓の外に道路を往来する車

地下室


変電設備


受変電設備の搬入は2008/3/29に行われました。

その時の様子はこちらをどうぞ。

消火栓ポンプ室
東館の各個所で火災が発生した時、
応急的な消火を行えます。

【建築概要】

▲ページTopへ
■伊勢崎市庁舎東館増築工事
・場所 :今泉町二丁目410番地
・請負代金:11億1,195万円
・請負者:柏井・東毛・栗原伊勢崎市庁舎東館増築工事特定建設工事JV

【省エネ・空調システム】

▲ページTopへ
 東館の南側の地下に、夏季・冬季の冷暖房コストを節約する蓄熱槽が設置されます。
 夏季・冬季ともに電力コストの安い深夜電力を利用し、夏季には5°Cまで冷却した水を貯留し、冬季には55°Cまで加熱した水を貯留し、昼間のピーク時の時間帯に冷暖房運転する空調システムです。

【排水貯留槽】

 東館の北側の地下に、非常時の汚水・雑排水を一時的に貯留する排水貯留槽が設置されます。
 貯留槽の容量は90m3あり、250人が一日30L排水するとして12日間分貯留できます。
90m3=250人×30L/人・日×12日間

Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ