Go!伊勢崎 我が家の花や樹木・オニユリ [ 我が家の花や樹木・Index ]  [ Home ]




ユウスゲノカンゾウヤブカンゾウヘメロカリスオニユリスカシユリ

 オニユリ 

2020年 |2019年2017年オニユリとコオニユリの簡単な識別方法
更新日:2020/7/25

我が家の夏の使者・オニユリ 2020

 6月中旬頃に咲き始めたヘメロカリスを先頭に、ヤブカンゾウノカンゾウユウスゲと咲き始め、この5週間余り、日々楽しませてくれた我が家のワスレグサ属の花たち。それらがあと数日で咲き終えようとする頃、オニユリが見ごろを迎えます。
 我が家で育っていながら、いつ植えて、いつ頃から咲き始めたのか覚えていませんが、当初咲いていた場所では完全に消失して、現在咲いている場所で少しづつ増えています。繁殖は本人任せで、手を加えて繁殖させてはいません。ムカゴが落下して自然に発芽したのかも知れません。同じ場所から複数の茎が伸びている訳でもないので、球根が分球して増えたのではなさそうです。繁殖している範囲は1m四方くらいです。
 この場所、周辺にはモッコクやミモザ、ドウダンツツジ、卜伴(ボクハン)等に囲まれ、西日はハゼやモクレンの大きな木が遮り、一日の日照時間は3,4時間。適当に暑く、適当に涼しく、適当に風通しもあって、ほかの山野草も生き続けているので、オニユリも気に入っているのでしょう。
 昨年の記録を見ると、蕾が付かなかった若い茎も含めて18本ありましたが、今年は1本増えて19本。昨年は若くて花芽を付けなかった茎が1/3ほどありましたが、今年は花芽を付けなかった茎は2本だけで、ほか17本が茎も太く育ち、花芽をたくさん付けました。(2020/7/25 記)

・・・花は下向きなので、撮影に苦労します。
2020/7/23

オニユリは茎が1m以上あって周囲に倒れかかり・・・

モッコクやミモザ、ドウダンツツジに囲まれて咲くオニユリ。 2020/7/23


オニユリが咲く周辺。オニユリが咲き終えると、一挙に彩りが消えます。2020/7/23

掲載日:2019/8/17 ▲ページTopへ

我が家の夏の使者・オニユリ 2019

 我が家のオニユリ。地植えなので水あげも適当、肥料は忘れた頃に化成肥料をパラパラと。手入れは適当ですが、ここ数年、少しずつ増えています。自然に生えて来た最初の場所では、数年間待ってもなかなか増えませんでしたが、現在の場所は気に入ったよう。
 同じ場所で、春先からヒトリシズカやイカリソウ、チゴユリ、イチリンソウ等が咲き、それらが咲き終えて夏本番になる頃、オニユリが咲き始めます。
 場所を気に入って増えてくれるのは嬉しいのですが、通路からも生えて来るので、開花時期は通路は通行禁止になります。真面目に手入れもせず放置状態で増えるからと言って、適当に移植すると根付かなかったりします。本人任せがいいようです。記録のために株数を調べると、蕾が付かなかった若い茎も含めて18本ありました。通路の雑草対策のため、コンクリート遊歩道に仕上げる計画でしたが、色々な種や根が混じっているので、断念した方がいいようです。(2019/8/17)


年々少しずつ増えるオニユリ 2019/7/24

姿勢がヒタムキ(下向き)なオニユリ 2019/7/26

我が家の山野草コーナーで咲くオニユリ 2019/7/26

我が家の夏の使者・オニユリ 2017

掲載日:2017/7/20 ▲ページTopへ
 いつの頃からか我が家の庭で咲くオニユリ。植えた記憶はないのですが、以前、隣家の実家の庭でも咲いていたので、野鳥がムカゴを運んで来たのでしょうか。このオニユリ、繁殖場所を選ぶようで、数十年咲いていた当所の場所から7,8メートル離れた場所で繁殖しています。移植した覚えもないので、やっぱり野鳥の仕業でしょうか。
 半世紀前ごろには、路傍やあぜ道、河川の土手など、あちらこちらで見かけましたが、最近は戸外で見かけることは少なく、野生の百合としては、タカサゴユリ(高砂百合)の方を多く見かけます。園芸店ではよりゴージャスな百合を販売していて、オニユリを売っている店にはなかなか出会いません。

 今咲いている場所は、我が家の山野草コーナーで、春のヒトリシズカから始まって、イカリソウやチゴユリ、イチゲ、ニッコウキスゲ、ホタルブクロ、ギボシ、ダイモジソウなどが適当にバトンタッチしながら咲いてくれます。以前、ユキワリソウやショウジョウバカマ、カタクリ、イワカガミなども挑戦しましたが、数年で消えました。伊勢崎辺りでは夏の暑さをどう生き延びるかが課題のようです。見たい時には夏山や標高の高い場所へ出かけることにしています。
 生き残っている花たちは、それぞれが好き勝手に繁殖していますが、開花期が異なるので共生しているようです。そんな中でも、夏を待って咲くオニユリは、他の山野草が控えめなことに比べるとひと際目立ち、我が家では夏の使者の役割です。
 オニユリとコオニユリは外観は全く同様ですが、簡単な識別方法は、オニユリの葉の付け根(葉腋)には黒紫色の珠芽(ムカゴ)が付き、コオニユリは葉腋に珠芽(ムカゴ)が付かないとのこと。我が家のユリにはビッシリとムカゴが付いていたので、オニユリのようです。(→宮川の堤防斜面で咲くコオニユリ)(2017/7/20 記)

オニユリとコオニユリの簡単な識別方法

▲ページTopへ
 外観が同じオニユリとコオニユリ。簡単な識別方法は、オニユリの葉の付け根(葉腋)には黒紫色の珠芽(ムカゴ)が付き、コオニユリは葉腋に珠芽(ムカゴ)が付かないとのこと。

葉の付け根(葉腋)に付いた珠芽(ムカゴ)

葉の付け根(葉腋)に付いた珠芽(ムカゴ)



Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ