伊勢崎城跡 発掘調査  [ Home ]




伊勢崎城跡 発掘調査

参考→1601年 伊勢崎藩初代藩主・稲垣長茂による街の骨格作り
掲載日:2020/8/13
 伊勢崎駅の南方、伊勢崎駅南口線((都)3・4・6号)伊勢崎1号線((都)3・5・27号)の築造予定地で発掘調査が行われています。元設楽医院の赤レンガ塀が残る場所のすぐ南側、織物会館(伊勢崎織物協同組合)北東の交差点周辺です。
 伊勢崎市契約検査課の発注情報によれば伊勢崎城跡の発掘調査
 以前、伊勢崎市景観サポーターのメンバー数名と”城跡巡りのまち歩き”をしたことがあり、その時の情報によれば、この場所は伊勢崎城の旧大手門や土塁、堀があった付近。堀の東側には隠郭(かくしぐるわ)と馬出(うまだし)もあったよう。
 調査現場を訪れたのは7月19日。既に発掘が進んでいて、溝や大中小の玉石などが姿を現していました。業務内容は下記の通りですが、工期は来年3月15日。調査結果は何らかの形で公開されることでしょうが、今から楽しみです。(2020/8/13 記)

■発注部署:市街地整備課
■業務名:駅周辺第一地区 伊勢崎城跡3発掘調査及び報告書作成業務委託
■調査地:伊勢崎市 曲輪町 外地内
■調査会社:山下工業(株)伊勢崎支店さん
■工期:令和3年(2021年)3月15日

発掘位置


発掘位置(Google earthに付記)。〇番号は下記写真の参照用。


発掘位置(上図位置)

計画図で示す発掘位置(上図楕円で明るく囲んだ場所)(伊勢崎市HPを参照)

古図による伊勢崎城(赤石城)

@南口線の東側。交差点北東。


左後方は曲輪町・三区公民館 2020/7/19


左後方は伊勢崎織物工業組合 2020/7/19

A南口線の東側。交差点東。


2020/7/19


大きな石とそれを囲む多数の石。何の跡なのでしょう。2020/7/19


2020/7/19

B南口線の東側。交差点北。


南口線の東側、交差点の北側。 2020/7/19

▲ページTopへ

C曲輪町三区公民館と南口線の間


南口線の交差点から西方(後方は曲輪町三区公民館) 2020/7/19

▲ページTopへ

D南口線の西側


ブルーシートで覆われて発掘状況を確認できませんでした 2020/7/19

▲ページTopへ

瓦の欠片、レンガ片、土管、石等が山積み


瓦の欠片、レンガ片、土管、石等が山積みされていました。 2020/7/19




Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ