伊勢崎市内のコンビニエンスストア・建設情報 [ コンビニ一覧 ]  [ Home ]




伊勢崎市内のコンビニ 建設情報・Index

当ページ→さくらみくら便利店サンクス
別ページ→セブンイレブンセーブオンファミリーマートミニストップローソン
更新日:2021/5/29
 このページでは、伊勢崎市内のコンビニエンスストアを紹介します。ここ数年、伊勢崎市や周辺でのコンビニの出店が目立ちます。2車線の幹線道路の交差点脇や沿道に空き地があって、整地が始まると、多くの場合がコンビニの出店です。特に交差点角はコンビニ事業者の狙い目のようです。ただ、4車線道路で街路樹帯や側道がある立派な幹線道路は敬遠されているようです。車両の出入りのし易さからでしょうか。
 公共料金の振り込みができ、トイレやATMが整備され、中にはイートインコーナーで煎れたてのコーヒーや店内で買った食べ物を飲食できるコンビニもあります。実は休日のぶらりサイクリング&取材時に便利に利用させてもらっています。コンビニの英語convenience(コンヴィーニエンス)は便利と言う意味。スーパーやお弁当屋さんと競合しながら、その便利さで拡大成長しているようです。(2013/3/29 記)
 接客マナーや単品管理(*)、POSソフトなど、今や、日本のコンビニは世界へ進出しつつあります。セブンホールディングスの単品管理”Tanpin Kanri”)は、ハーバード大学の論文でも紹介されているとのこと。「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録された日本の食文化・伝統。世界進出の次の担い手はコンビニかも知れません。
 大きな話はさて置いて、国内におけるコンビニネットワークは既に重要な社会インフラ。商品数の多さだけじゃなく、DTP、FAX、ATM、宅急便、弁当や商品のデリバリー、ネット支払、淹れ立てコーヒー、イートインコーナー。商品も主役の弁当・食材に加えてコンビニ用に限定開発されたソフトクリームやケーキ。最近は野菜や果物を扱う店もあります。 過去の業種を融合させかつ細かいサービスを提供するコンビニ。全体を包括するニュービジネス、あるいは官民の境界を外した新しい事業が生まれるのも遠からずのように感じています。まだまだ続く、伊勢崎地区へのコンビニ出店。目を離せません。(2014/11/24 記)
紹介したい店、閉店あるいは移転している店等の情報がありましたら お店の掲示板に書き込んでいただけると幸いです。

さくらみくら便利店・建設情報

掲載日:2021/5/29 ▲ページTopへ

さくらみくら便利店 伊勢崎境上渕名

 4月16日、当サイトの「ショッピングモールを語ろう」の掲示板に”げいじゅ”さんから、 また、4月30日には、「伊勢崎市と周辺のお店、会社、施設」の掲示板に、”すま”さんから、上渕名交差点に「さくらみくら 」ができるようとの投稿を寄せていただきました。
 初耳の名前で、どんな店か見当がつきませんでしたが、ウェブで調べると、運営会社は「ゼンショーホールディングス」(本社:東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル)。同社ウェブサイトによれば、伊勢崎市内でもお馴染みの外食店「すき家」、「なか卯」、「ココス」、「はま寿司」、「久兵衛屋」、またスーパーの「フジマート」、「アバンセ」、「マルシェ」は同社ブランドです。
 同社のコンビニ業界への出店は「さくらみくら」が初めてのこと。全国1号店は、「さくらみくら笠懸阿左美店」(6月4日(金)オープン予定)、当伊勢崎境上渕名店は2号店となるよう。

 せっかく掲示板に投稿を寄せていただきながら、なかなか現地へ出かけるタイミングがありませんでしたが、昨日、久々の青空に誘われて出かけてみました。
 場所は、当サイトで2016年から2017年にかけて、上淵名交差点改良工事(→記事)を紹介した北西角地で、以前は別のコンビニ(ミニストップ)が営業していました。
 現地では既に建物は完成した様子で、敷地周囲の舗装工事が進んでいました。工事関係の方に伺うと、当店のオープンは7月のよう。

 それにしても1号店、2号店が何で群馬に? それと”さくらみくら”のネーミングの由来は?「便利店」と付くのは正式呼称?そもそも「便利店」とは「コンビニ(convenience:便利)」を訳しただけ?
 色々と関心が残る”さくらみくら”ですが、既存のコンビニにない様々な特徴があるようで、オープンが楽しみです。以下に、求人サイトでの紹介文を一部引用します。(2021/5/29 記)
 今までのコンビニにはなかった、コンセプトストアです。豊富なアイテムやこだわりのコーヒー、自社ブランドのできたてのお弁当を提供します。また、店内外にイートインスペースを設け、買った商品をその場で召し上がることが可能です。

舗装工事が進む”さくらみくら伊勢崎境上淵名” 2021/5/28

店舗両脇の植栽が特徴的。木の成長も見守りたいところです。2021/5/28

歩道に沿った敷地側を舗装工事中 2021/5/28

舗装工事が進む”さくらみくら”(群馬県道291号「境木島大間々線」側から)2021/5/28

東毛広域幹線道路・境百々(どうどう)交差点角地の商業施設は
からか〜ぜ まゆの郷 & ミニストップ境百々店・新築工事」としてこちらへ移設しました(2014/12/4)
セブンイレブン・建設情報はこちらに移動(2015/5/7)
セーブオン・建設情報はこちらに移動(2015/5/24)
ファミリーマート・建設情報はこちらに移動(2016/6/20)
ミニストップ・建設情報はこちらに移動(2017/6/19)
ローソン建設情報はこちらに移動(2021/5/29)

サンクス・建設情報

掲載:2013/12/17 ▲ページTopへ

サンクス・伊勢崎連取町店、2014/?/? オープン

当店は2017/12時点で閉店しています
 2013年6月9日日に閉店した「貴族の森・連取店」(下の写真)。洋風の木造建物が洒落て個性的で、子ども達が小さい頃に家族連れで何度か食事したことがあります。閉店後にはどんな店が入るのだろうと期待していたところ、先日、当サイトの「お店の掲示板」に、尚さんから「サンクスが出店」と投稿をいただきましたので、早速に寄ってみると、建物はすっかり解体されて、跡地には「サンクス伊勢崎市連取店」が遠からず出店の様子でした。
 ここ数年、コンビニの出店が続く当地伊勢崎ですが、サンクスはデイリーヤマザキ同様、店舗数が少なく、今回の出店は市場店、波志江店に次ぐ3店目です。(2013/12/17 記)

2014/10/15


コンビニ建設前の「貴族の森・連取店

サンクス連取店出店地(上図赤枠)

広い駐車場。右側が大通り。 2013/12/15

デイリーヤマザキ・建設情報






Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ