Go!伊勢崎 喫茶、カフェ、コーヒー専門店 [ 伊勢崎市内の食べ物やさん ]   [ Home ]




喫茶、カフェ、コーヒー専門店

建設情報・お店情報

喫茶、カフェ、コーヒー専門店の一覧はこちら
柿沼珈琲星野珈琲店オンブラージュのカフェライブ香房カフェ 蔵スターバックスコーヒー西部モール店コメダ珈琲店カインズ伊勢崎店
紹介したい店、閉店あるいは移転している店等の情報がありましたら お店の掲示板 に書き込んでいただけると幸いです。

自家焙煎「柿沼珈琲

国道50号「赤堀橋」の上流130m、粕川右岸

伊勢崎市赤堀今井町2丁目286-1、営業時間:10:00~19:00
掲載日:2019/1/27
 伊勢崎市の赤堀地区を東西に走る国道50号は、東から早川粕川桂川と3河川を渡ります。その中で川幅が最も広い粕川に架かる「赤堀橋」の西詰の道を北上し、130mほど進むと自家焙煎の店「柿沼珈琲があります。国道からの入口には「ファッションセンターしまむら赤堀店」があるので、こちらも目印になるでしょう。


柿沼珈琲」の地図
 柿沼珈琲のオープンは2016年11月25日、今から2年2ヶ月前です。店のこだわりは個性光る豊富な珈琲豆の種類と、これらを低価格で販売すること。その数は13種類(2019年1月21日時点)。
 ストレートコーヒーを味わうのが好きな私は、味の特定をできないまでも、大体のコーヒーの名前くらいは聞いたことがありますが、フィリピン・マウントアポやパプアニューギニア・AA・シグリ農園、セレベスト・トラジャ・アラビカG1などと聞くと未知の世界に入り込み、謎と好奇心が深まるばかりです。

 →柿沼珈琲のストレートコーヒーの特徴
(↑をクリックすると13のうち11種類を確認できます)

 柿沼珈琲ではこれらのコーヒーを店内で自家焙煎して販売していますが、焙煎度はそれぞれの豆の特徴を引き出すよう、マスターが設定。マスターは現役時代、長年にわたり大手コーヒーメーカーに勤務し、コーヒーに関する様々な職務を経験。退職後、念願だった珈琲店を開き、その経験が日々のバックボーンになっているようです。
 店をオープンするにあたってこだわったのは立地と建物。探したのは、粕川のほとりの静かな場所に建つ戸建て民家茶色を基調にした落ち着いた内装にリフォームしたのは住宅建築会社を経営する息子さん。

 店内には2つの喫茶室があるほか、カウンター席が2ヶ所。店の奥のカウンター席で、気さくなマスターとお喋りを楽しむのもいいでしょう。丁寧にドリップするマスターの姿を見ているだけでも、一味旨味が加わります。
 店内ではコーヒーのほか、デザートやトースト、またコーヒーとこれらのセットメニューも用意されています。トーストは「パン工房ブラン」さん(伊勢崎市市場町)のパン。ぶ厚いトーストでボリュームたっぷりなので、ランチとして楽しむこともできます。
 (←をクリックするとメニューを見ることができます)

 粕川の畔に建つ自家焙煎の店「柿沼珈琲隠れ家的立地が、豊富なストレートコーヒーを静かに楽しむには最高の条件です。今年の年明けから2度ほどお邪魔しましたが、喫茶室では2度ともご婦人方がお喋りを楽しんでいました。喫茶室の一つには、お客さんが持ち寄った手作りグッズや装飾品等が展示されていて、購入することもできるとのこと。女性たちの交流の場としても定着しているようです。(2019/1/27 記)

アクセスについて
 この辺の道路事情不案内な人は国道50号からのルートがお薦めです。北方の群馬県道76号前橋西久保線からも来れますが、今井神社と店の間の道路が双方向通行が難しいためです。

ガラス瓶に入った焙煎豆。入口を入ってすぐの部屋に並べられています。

入口を入ってすぐの部屋にある小さなテーブルコーナー

電動コーヒーミル。お客さんが自由に利用できます。

入口を入ってすぐの部屋。左後方にカウンター、その左奥に2つの喫茶室があります。

カフェ(1)、この後方にカフェ(2)

カフェ(1)にはバッグ等の小物が置かれています。
 喫茶室に展示されている手作りバッグや装飾品等は、お客さんが持ち込んだ品々で、購入もできるとのこと。作品を見ると女性用が多いようでした。コーヒーを味わい、お喋りを交わし、手作り作品や雑貨を眺めて、店とお客さんとが一体になって楽しめる、アットホーム漂う柿沼珈琲でした。(2019/1/27 記)

星野珈琲店和風スパゲッティ・五右衛門

市役所東方130m、ガソリンスタンド跡地に出店

伊勢崎市今泉町
掲載日:2018/11/3 ▲ページTopへ
 伊勢崎市役所の東方130m、元ガソリンスタンド跡地に星野珈琲店と和風スパゲッティ・五右衛門が出店すべく、建設工事が進んでいます。事業者は日本レストランシステム株式会社(*1)。多業態型レストランチェーンの経営を主たる業務とし、全国に340店舗を展開しています。群馬県内の既存店は前橋店(前橋市元総社町)と高崎店(高崎市上大類町)の2店舗。県内3店舗目です。同社ウェブサイトによれば、
 星野珈琲店の特徴は・・・
 一杯ずつ淹れたハンドドリップコーヒー、落ち着いた雰囲気の店内でくつろぎの時間を提供、ふわふわのスフレパンケーキが大人気。
 五右衛門の特徴は・・・
 お箸で食べるパスタ専門店。五右衛門釜でスパゲッティを茹で上げ、使用するスパゲッティ、オリーブオイル、チーズなどはイタリア直輸入。素材にこだわり、独自の創作パスタを提供。
 (2018/11/3 記)
(*1)日本レストランシステム株式会社
(以下、同社ウェブサイトから)
本社:〒150-8567 東京都渋谷区猿楽町10番11号
設立:昭和48年6月
事業目的:多業態型レストランチェーンの経営、
       輸入業および輸入品の販売
売上高(連結):300億円(2020年2月期)
店舗数(連結) 340店舗(2020年2月末)

星野珈琲店と五右衛門の位置図

建設進む星野珈琲店 2018/11/2

建設進む星野珈琲店 2018/11/2

建設進む五右衛門 2018/11/2

星野珈琲店と五右衛門の広告塔 2018/11/2

カフェライブ 赤堀のオンブラージュで

演奏は親父バンド「Black Cofee」

掲載日:2018/9/4 ▲ページTopへ
 伊勢崎市赤堀鹿島町のカフェ「オンブラージュ」で、9月15日(土)午後7時からライブが開かれます。演奏はオンブラージュのマスターを含む4人の親父バンド「Black Cofee」。

 マスターのモットーは「みんなで一緒に食べて飲んで歌って」。チケット代は食事とドリンク込みで3,000円ですが、食べ物・飲み物の持ち込みは自由。
 マスター曰く。「演奏を一方的に聴くライブじゃなく、常連さんや初めての人みんなが楽しく賑やかに過ごし、交流が深まれば嬉しい」。4人の親父バンドはその裏方、盛り上げ役に徹するとのこと。演奏曲はムード歌謡、演歌、フォークソング、ダンス音楽、あれこれの懐メロなど、リクエストに応じて演奏。ライブの定員は20~23名程度。要予約です。(2018/9/4 記)

・ライブ開催日時:2018年9月15日(土)、午後7時~
・チケット代:3,000円(食事、ドリンク込み)
・定員:20~23名程度
・要予約 0270-62-3461 まで。→オンブラージュ


の個性が光る珈琲「房」

華蔵寺町公園北に誕生

伊勢崎市波志江町4138-17、営業時間:11:00~、定休日:水曜
掲載日:2017/2/10 ▲ページTopへ
 「華蔵寺公園」の北側に珈琲店・「」が誕生しました。京風ラーメン「はなむら」、そば処「こだわり」、ヘアサロン「collet」が同居する華蔵寺ビルの一階西側です。
 店のこだわりは個性的で豊富な珈琲豆の種類。コーヒー通を自認する人がこだわりの珈琲を飲みたくても、多くの喫茶店や珈琲店が提供するのはブレンドやモカ、キリマン、ブルマン、マンデリンなど。様々な珈琲を味わう機会はそれほど多くありません。そんなコーヒー通や、色々な珈琲を味わってみたい人がきっと通いたくなる珈琲店「香房(こうぼう)」。提供する豆の種類は下記7種類(クリックで各珈琲の特徴が表示されます(2月9日時点))
コロンビア マグダレナ
ブラジル カルモデミナス
グアテマラ アンティグア
コスタリカ セントタラス
エチオピア イルガチェフェ
インドネシア マンデリン ビンタンリマ
タンザニア タリメ ゴールドマイン

珈琲店「香房(こうぼう)」の地図

 店内は装飾を抑えたすっきりとシンプルな雰囲気。当初は焙煎豆の販売のみを計画したものの、広い店内を利用しようとカフェも開くことになったとのこと。
 華蔵寺公園の隣に誕生したこだわりの珈琲の店「香房」。豆を求めるもよし、公園の閑静な環境の中で、色々な珈琲を味わいながら店内で過ごすもよし、珈琲好きの皆さんにおススメの店です。
 1月末からプレオープンし現在はプレオープン期間。正式オープンは3月とのこと。(2017/2/10 記)

モルタルアートの外装も気になります

店内に置かれたギター

店頭の看板

ガラス瓶に入った焙煎豆

店内

重厚感と歴史を感じさせる「カフェ 蔵

伊勢崎市波志江町3626、営業時間:10:30~16:00、定休日:木曜、金曜
掲載日:2016/5/30 ▲ページTopへ
 伊勢崎市の「波志江沼環境ふれあい公園」すぐ近くに、蔵を利用したカフェが誕生しました。その名も「カフェ 」。オープンは今年(2016年)1月27日。「カフェ蔵」が建つこの地、昔から宿波志江(しゅくばしえ)と呼び、波志江のド真ん中。北関東道が横断して南北に寸断されましたが、波志江沼周辺が立派な公園として整備され、北関東道には波志江スマートICが整備され、一昔前ならば何と呼んでいいか分からないような「波志江(はしえ)」の名が、少しずつ世間に知れ渡るようになりました。

 そんな波志江地区にまた新たな発信施設の誕生です。「カフェ蔵」の建物はこの場所に移築してから80年。築造年は不明ですが、他の蔵の事例などから予想するに、棟梁の名前と築造年が柱や梁のどこかに記してあって、ひょっとすれば明治期、あるいは江戸時代の築造かも知れません。北関東道の南側側道整備の関連で、蔵の一部が用地に引っかかり、その時点で曳家移転を行わず、北側の一部を切り取ったとのこと。

 カフェは一階部分に整備され、カウンターやテーブル席が設けられています。総二階造の二階フロアも整備され、食事やサロンなどの多目的スペースとして利用されています。現在は、壁際に何人かの作家さんたちの作品展示販売コーナーが設けられています。

重厚感漂いながらも明るいカフェスペース

 圧巻なのは、屋根を支える中央の大梁の太さ。接ぎ木なしの一本の無垢材を使用しています。店主さんがこの大梁が気に入っていて、二階に上がらずともこの梁の大きさを見ることができるようにと、二階の床に正方形のガラス張り枠を設けるほどの熱の入れよう。いつの日か、梁の断面を採寸させていただきたいと思っています。ちなみに、3.11の東北大地震の時にも何の被害もなかったとのことです。

屋根を支える大梁の太さが圧巻です 2016/5/29




 店主の北島幸子さんは、明るくて気さく、元気いっぱいの方。お客さんが食事やコーヒー、お喋りを楽しめるスペースを提供できればと語っていました。

 「カフェ蔵」、実は我が家からも遠からずの距離で、半世紀以上前には、蔵周辺には小中学校時代の同級生たちが住んでいて、子供の頃には遊びまわる地域でした。そんな近くにオープンした重厚感と歴史を感じさせる「カフェ蔵」。地元住人として、とても嬉しく思っています。(2016/5/30 記)

カフェ蔵の入り口から 2016/5/29

2階は多目的スペース 2016/5/29

カフェ蔵の位置図



メニュー 2016/5/29

スターバックスコーヒー西部モール店

掲載日:2014/10/16 ▲ページTopへ
 今年の夏頃から、元「一心太助 伊勢崎宮子店」跡地で新築移転工事が進んでいた「スターバックスコーヒー西部モール店」が、10月3日オープンしました。オープン後、青空を背景に撮影しようと待ち続けている内に、12日が経過してしまいました。
 交差点角地に建ち、建物と道路との間に挟まれた三角形のスペースには石畳や植栽が施され、南側にはオープンテラス、北側にはドライブスルー施設が設備されています。一心太助の建物は道路側に背中を向けていて、道路側から物置などが目に入りましたが、スターバックスは道路側に顔が向いていてウェルカム感が漂っています。

交差点北西角地に建つスターバックス 2014/10/15
 ただ、以前は気が付かなかった信号機の支柱や歩道に立つ電柱、電線などが視界を邪魔して気になりました。いつの日か電線地中化工事が行われるでしょうか。それとも施された植栽が育ち緑が落ち着けば、気にならなくなるでしょうか。
 ・・・などとカフェ自体に無関係な話題でした。移転前よりも表舞台に登場した新しいスターバックス西部モール店。西部モールの新たなくつろぎの店になりそうです。(2014/10/16記)

スターバックスコーヒー西部モール店、TEL:0270-20-1557、〒372-0801 伊勢崎市宮子町3430‐6  

新築移転オープンしたスターバックスコーヒー西部モール店 2014/10/15
 先月末、当サイトの「お店、会社、施設」の掲示板に、「西部モールの一心太助があった場所にスターバックスができるらしい」、との記事を寄せていただきましたので、昨日、現場に寄ってみました。
 現場にはまだ足場が残されていましたが、建物本体はほぼ完成した様子。スターバックスは、現在、ベイシアスーパーモールの建物で営業していますが、そちらで確認すると、新店舗の完成は9月末、現在の店舗は新店舗に移転した後、閉じるとのこと。建物は1階建て、外観は前橋南モール店に良く似ています。前橋南モール店にはドライブスルーがありましたが、こちらにもあるかどうか、確認するのを忘れました。オープン後にまた出かけてみましょう。(2014/8/31 記)

ほぼ完成した建物本体(西側から)
2014/8/30

スターバックスコーヒー西部モール店

コメダ珈琲店カインズ伊勢崎店

更新日:2012/1/31 ▲ページTopへ
 コメダ珈琲店がいよいよオープンします。オープン日は2月17日(金)。現地にはほぼ仕上がった店舗が姿を現し、駐車場の駒形バイパス沿いにはアルバイト・パート募集の案内板も立っています。既にコメダ珈琲のホームページには「コメダ珈琲カインズ伊勢崎店」としてオープン情報が掲載されています(下記に抜粋)。(2012/1/31 記)

住所:〒372-0801 群馬県伊勢崎市宮古町3154番、TEL:0270-75-2700、FAX:0270-75-2702
営業日:年中無休、営業時間 午前7時~午後11時
※オープンから3日間のみ下記内容
 営業時間は9:00~17:00、メニューは限定メニュー。飲食した人に粗品進呈。オープン価格でチケット販売。

エントランス付近(駒形バイパス側) 2012/1/28

駒形バイパス側の概観 2012/1/28

コメダ珈琲店やサイゼリヤ、カインズホーム周辺地図

[ →広域地図 ]

駒形バイパス(右側)とコメダ珈琲店。道路反対側は、びっくりドンキー(ステーキ)とCoCo壱番屋(カレー)。2012/1/28
 伊勢崎のカインズスーパーホームセンターの南側駐車場に建設中のコメダ珈琲店がその姿を少しずつ現しています。
 2012年1月14日、カインズホーム側から見ると、外観は既に完成したように見えます。駒形バイパス側に回ると、入口脇には既に黒地にオレンジ色の名前が書かれたお馴染みの広告塔が立ち、エントランス周辺の床工事やエクステリア、外構工事、駐車場整備等が進んでいました。建物はコメダ珈琲店のホームページで紹介されている外観と同様に、ヨーロッパの民家風のデザインで、アットホームな雰囲気を感じます。オープンは2012年2月中旬のようです。(2012/1/19 記)
駒形バイパスに面した壁面 2012/1/14
駒形バイパスから 2012/1/14




Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ