紅葉に染まる吾妻渓谷 [ 八ッ場ダム・Index ]  [ Home ]




黄葉に染まる吾妻渓谷(あがつまけいこく) 2019.11.19

吾妻渓谷の紅葉(2019/10/202018/11/17
掲載日:2019/11/26
 建設段階から十数回にわたって訪れている八ッ場ダム。ところが、ダムサイトへは新設された付け替え道路を利用し、吾妻渓谷沿いの旧国道145号は通らないので、すぐ近くまで出かけながら意図しないと吾妻渓谷を訪れることはありません。

 八ッ場ダム建設の歴史を紐解くと、ダム湖に沈んでしまう川原湯温泉の移転問題が大きな問題として取り上げられ、ダム湖の右岸高台に移転した川原湯温泉を見るにつけそのことを思い出しますが、実はここ八ッ場渓谷を守るために、当初計画のダム位置を上流にずらしたことは忘れ去られようとしています。
 守られた吾妻渓谷の上流端はダムの直下、旧国道145号の旧「熊野茶屋」の少し上流です。渓谷の延長は約3.5km。工事中の現在も歩行者の通行は許され、紅葉期間には期間限定で吾妻渓谷シャトルバスが運行しています(2019年の今年は10月18日〜11月18日の運行でした)。
 今回訪れたのは11月19日十二沢パーキングに駐車し、渓谷沿いの旧国道145号の歩道を歩いて上流端まで往復。渓谷の音を聞きながら、紅葉に染まる吾妻渓谷の散策です。

 途中の鹿飛橋から小蓬莱(ほうらい)(見晴台)への登山コースは今年6月の大雨で沢が崩れて通行止めになっていて(右の画像)、残念ながら、ダム直下からのダムの展望は楽しめませんでしたが、代わりに、旧熊野茶屋付近からは、試験湛水中のダムの放流を眺めることができました。

 昨年2018年には紅葉時期前後に二度訪問。1回目は10月20日。紅葉には少し早い時期でした。昨年2回目は11月17日、紅葉には少し遅いようでした。
 今回はほぼ昨年2回目と同時期でしたが、今年は秋に入っても暑い日が続き、群馬県内の紅葉が例年より遅れ、ここ吾妻渓谷の紅葉もまだ見ごろでした。ただ地元の人に話を聞くと、見ごろは数日前だったよう。
 秋晴れに恵まれ、ちょうどいい時期に訪れるのは当分課題になりそうです。(2019/11/26 記)

▲ページTopへ

紅葉の吾妻渓谷 2019/11/19(5分24秒)

渓谷沿いの紅葉黄葉

▲ページTopへ

赤や黄色に染まる渓谷脇の山の斜面 2019/11/19


黄葉に染まる山肌 2019/11/19


紅葉に染まる吾妻渓谷の谷間 2019/11/19


落ち葉の絨毯・吾妻渓谷 2019/11/19


木々の間から顔を覗かせる吾妻渓谷 2019/11/19

渓谷から眺める八ッ場ダム

▲ページTopへ

落葉した木々の隙間から姿を見せる八ッ場ダム 2019/11/19

来年3月には感性予定の八ッ場ダム。手前の木々にちょっと邪魔ですが・・・ 2019/11/19

▲ページTopへ

ルートマップ


十二沢パーキングから小蓬莱(見晴台)・ルートマップ





 2008/7/5〜

▲ページTopへ