伊勢崎市と近隣で出会った珍しい昆虫  [ Home ]




伊勢崎市と近隣で出会った珍しい昆虫

我が家で見つけた昆虫(カブトムシの幼虫、アブラゼミの抜け殻| ツマグロヒョウモン|アカボシゴマダラ|ジョロウグモ)
更新日:2017/5/23
 数年前、伊勢崎市図書館の館長をしていたSさんは昆虫が大好きなことで有名。以前、Sさんが企画した昆虫に関する様々な図書館イベントを紹介した縁で、図書館に何度かお邪魔しましたが、ある日、館長室のソファに座って一時間ほど話を交わした時も、ほとんど昆虫の話。
 その時、手に取って大切そうに見せてくれた透明のガラス瓶。その中で、どこかで捕獲したと言う珍しい甲虫類一匹が、砂糖水が滲み込んだ脱脂綿の中で微かに動いていて、どこで捕獲して、何と言う名前で、生態があれこれで、いかに珍しい昆虫で・・・と熱くかつ丁寧に話してくれました。私はいかにも関心したように返事をしながらも、なかなか覚え切らずに今ではすっかり忘れてしまいましたが、
 「市の職員さんでそんなに昆虫のことが好きなんじゃ、時間を作るのに苦労するでしょう」と問うと、
 「いやいや、私は昆虫学会に入っていますが、藤岡市(富岡市だったかな?)にも市の職員さんで学会に入っている人がいますよ」と、公務員の方でも昆虫マニアはいるとの話。
 その後、Sさん、何を考えたか、定年を数年残して市役所を退職してしまい、Sさんとそれぞれの趣味の取材旅行を一緒にするなどの交友がある市職員のAさんに尋ねると、
 「退職してアマゾンに昆虫探しの旅に出かけたらしいよ。噂に尾ひれが付いてどこまで本当か不明だけど」との話。
 人生一度きり。趣味や興味関心を持っている事柄に没頭して過ごせれば、こんなに豊かで楽しいことはありません。
 「お〜、Sさん、やるなぁ・・・」とえらく感心したものですが、そんな出会いがあったせいか、どちらかと言えば昆虫は気持ち悪くて嫌いだった私も、珍しい昆虫を見つけると、しげしげと観察してしまうことがあります。
 観察しながら、昆虫の名前を少しも知らないことに気付き、Sさんに敬意を表しながら、自分の昆虫ライブラリのつもりで当ページを開設しました。取り敢えず、我が家で見つけた昆虫2種類を掲載しますが、今後、どこかで珍しい昆虫に出合いましたら、当ページで紹介して行けたらと思っています。(2014/4/24)




Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ