管理人日記  [Home ]




管理人日記

このページはトップページの「グッモーニン」の欄で書いた文を掲載したものです。v170212
ご意見等ありましたら「管理人の独り言」からお寄せいただければ光栄に思います。
期間→
検索文字: 検索語が見つかった日記のみ表示
※検索できる文字は1語です。[例]赤城山


■過去の日記■
2015/7〜2015/10
2015/1〜2015/5
少子高齢化だからこそ
(連載)

2014/1〜2014/10
2012/2〜2013/1
2011/4〜2012/2
2010/8〜2011/3
2010/3〜2010/7
2009/9〜2010/2
2009/6〜2009/8
2009/4〜2009/5
2009/2〜2009/3
2008/12〜2009/1
2008/10〜2008/11
2008/8〜2008/9
2018年1月23日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ。昨日の午後降り始めた大雪。首都圏は交通まひや事故など大混乱の様子。前橋市で午後11時で28cmだったとのこと。伊勢崎市も同様だったでしょうか。そんな大雪に見舞われた昨日、雪が降り始めてから2時間ほど経った頃、華蔵寺公園に出かけて来ました。底にスパイク付きの長靴を履き、ダウンジャケットを着て、自分は濡れてもカメラは濡れないようにあちらこちらをひと回り。滅多に見られない雪降る華蔵寺公園、いい感じでした。雪の中を1時間ほど歩いて帰宅したときには汗びっしょりでいい運動になりました。取り合えずYoutubeに載せました。追って該当ページで紹介します。

2018年1月22日 ▲ページTopへ
 今日はくもり。午後3時頃から雪かみぞれが降る模様。東京では午前中から降るようです。今回の雪は湿った雪とのこと。明日は朝から晴れるようですが、朝晩の路面の凍結には要注意です。雪に不慣れな当地、交通事故や転倒にはくれぐれも注意です。こんな日は、不要不急の外出は控えてじっとしていたいものです。

2018年1月21日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ。穏やかでいい天気です。明日からは寒い日が続くようです。明日の午後のみぞれの予報も消えていません。今日は貴重な一日です。
 映画が好きですが、よく見るのはハリウッド映画。特徴的なのが自己主張シーン。ちょっとした事件・事故が起きると、居合わせた人々が同時に大声で怒鳴りまくって大騒ぎします。黙っていては通じない、大声で喋らないと聞いてもらえないと言わんばかりなので、騒音でしかありません。アイデンティティを尊重するアメリカのこと、また映画の中なので誇張もあるかと思っていますが、解決の最大策は全員が落ち着いて無駄口をたたかないこと、静かに喋ることなのに・・・と、時々イラつきます。
 東日本大震災の時、あの悲惨な状況のなかでも被災者が落ち着いていたことが奇跡的と、世界各国から称賛された日本人。アジア人の特徴かと思えばそうでもなく、中国や韓国のニュース映像などを見ると、市民が大声で自己主張し続ける姿はアメリカ人同様です。
 すぐに自己主張して大騒ぎする世界の人々、落ち着いて物静かな日本人。「黙っているので何を考えているか分からない」と批判されることもあるようですが、はてさてどっちがいいのでしょう。

2018年1月20日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ。風弱く穏やかです。早くも1月20日。年が明けて3週間です。いつまでも正月気分にも浸っていられませんが、いつまでも正月気分と仲良くしていたい気分でもあります。人生は遊ぶため?人生は働くため?人生は生きるため?人生は楽しむため?えっ、そんなこと考えたことがない?

2018年1月19日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ。来週月曜日にはみぞれか雨が降り、気温は4度の予報が出ています。
 ロシア北東部オイミャコンで氷点下67℃を記録したそう。想像できない寒さです。そんな地域に人が住むのだろうかと思いますが500人の住人が暮らしているとのこと。地面は永久凍土で、冬季は車のエンジンは24時間点けっぱなしとか。地球温暖化の話題には縁遠い地域です。
 オランダでは風速39mの冬の嵐が吹き荒れて交通がまひしているようです。オランダと言えば風車のイメージが沸きますので、元々強い風が吹くのでしょうか。風速39mでは上州空っ風規模ではありません。
 台風、ハリケーン、暴風、猛暑、厳冬、豪雨、豪雪、地震、津波、火山噴火等々、地球の生命を感じる現象です。その営みの中で生かされている人類。地球とよく相談しながら、立場をわきまえて仲良く謙虚に住みたいものです。

2018年1月18日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ。昨日午後から降った雨は、ひと時の小雨かと思っていましたが、結構な量の雨が夜遅くまで降り続けました。乾燥した地面がタップリと濡れて潤い、空気も柔らかく感じます。
 家庭菜園でミニトマトやキュウリを栽培する時、施肥が同じならばプランタよりも地面に植えた方が立派に成長します。植木も同様で、以前、小さな鉢で盆栽のように育てていたハゼやケヤキ、ゴールドクレストを直接地面に植え替えたところ、たちまち庭を覆うような大きさに育ちました。その成長差は桁違いでした。鉢の中で抑圧されていたエネルギが大地の力を得て一挙に爆発したかのようでした。結局、ケヤキとゴールドクレストは面倒を見切れなくなると判断して伐採してしまいましたが、ハゼは紅葉がきれいなので、まだ庭の真ん中で元気に成長中です。2階の屋根に届く高さなので、6mくらいはあるでしょう。鉢の中では20cm位だったので30倍の成長です。
 30年以上前の話ですが、実家で飼っていた雑種犬を引き取って飼ったことがあります。実家では使わなくなった山羊小屋の隅の日当たりの悪い場所で飼われていましたが、我が家では日当たりのいい場所で飼い、食事もきちんとあげ、たまにはブラッシングしてあげました。すると身体は2倍ほど大きくなり、毛並みも良くなって驚きました。太陽の恩恵だったのでしょうか。
 野菜や植木、ペットなどの成長は環境次第です。人間社会でも同じこと。より良い環境で育ち育てたいものです。

2018年1月17日 ▲ページTopへ
 今日はくもり。午後には小雨が降るようです。秋田県の男鹿半島の一部で行われ、全国的にも有名な伝統行事”なまはげ”が存続の危機とのこと。元々地元の未婚男性が務めた”なまはげ”も、人口減少と高齢化で、高齢者や地区外の人、既婚者などが担うようになり、かつては無礼講で自由に入った家の中に、今では家人に確認してから入るとのこと。断られる理由が、家の中が藁で汚れるとか、怖がる子供たちに対してパワハラだからなど、現在の世相を表しています。その結果、先日のテレビでは2時間歩き回って、入った家がたった一軒。しかも以前は一軒で15分ほど費やしたのに、今は5分ほどで切り上げるよう。雪の中、”なまはげ”に扮して各戸を回り、玄関先で断られること。本人の心情や拒否がまかり通る現在の世情を考えると悲しく寂しい思いがあります。無理して続ける必要はないのか、頑張って継承する方がいいのか、観光化してビジネスをからませるなど、他の方法を考えるのもありなのか?全国津々浦々共通の伝統行事の継承問題。難しい問題です。



▲ページTopへ