管理人日記  [Home ]




管理人日記

このページはトップページの「グッモーニン」の欄で書いた文を掲載したものです。v170212
ご意見等ありましたら「管理人の独り言」からお寄せいただければ光栄に思います。
期間→
検索文字: 検索語が見つかった日記のみ表示
※検索できる文字は1語です。[例]赤城山


■過去の日記■
2015/7〜2015/10
2015/1〜2015/5
少子高齢化だからこそ
(連載)

2014/1〜2014/10
2012/2〜2013/1
2011/4〜2012/2
2010/8〜2011/3
2010/3〜2010/7
2009/9〜2010/2
2009/6〜2009/8
2009/4〜2009/5
2009/2〜2009/3
2008/12〜2009/1
2008/10〜2008/11
2008/8〜2008/9
2017年6月27日 ▲ページTopへ
 今日はくもり。夕方から夜にかけて雨が降るようです。昨日午後、前橋市粕川町の「元気ランド」に出かけました。室内温水プールは1コース3人程度の混み具合。利用者は数人を除きシニア世代の男女。約2時間泳ぎ、風呂へ向かうと(一遍着替えなくちゃならいのが、ちょっと面倒)、風呂はズラリと並んだカランに空席がない程の混み具合。平日の午後なのに。ほぼシニア世代のオジサンたちで、みなさんのんびりマッタリ入浴を楽しんでいる様子。利用料は65歳以上はシニアパスポートの提示で270円と格安(赤堀の群馬県立ふれあいスポーツプラザはシニアは無料で、こちらの温水プールも平日はシニア世代で混んでいます)。・・・で思うのですが、平日昼間に自由時間が多いシニア世代がこれらの施設に大勢集まっていること、少子高齢化の一側面を見る思いですが、外出好きやスポーツ志向のシニア世代をターゲットにしたビジネスが生まれてもいいような。先週月曜日の昼、前橋の小島田交差点北のJA産直でランチしましたが、食堂も館内もやっぱりシニア世代の男女で混雑していました。現役世代の皆さん、一念発起して何かのビジネスを始めてはいかがですか。

2017年6月26日 ▲ページTopへ
 今日は晴れたりくもったり。日中気温は30度前後とのこと。本日午前、エアバックのタカタが東京地裁に民事再生法の適用を申請し、受理されました。負債総額は一兆円超えで戦後最大のようです。今朝のNHK臨時ニュースでは、中国系アメリカ企業が資金援助を検討しているとのこと。日本の優秀な技術を凝縮した巨大企業が、また外国企業に買われようとしています。かつて、ジャパンマネーが米国の魂とも言える企業を買収し続け、米国民から顰蹙をかった時代を思い出します。 "Japan as Number One"の本も話題になりました。グレイトブリテンから米ソ時代、ジャパンから韓国、中国へ。中国が世界の金を牛耳っている期間を長く感じますが、東南アジアやアフリカなど、他国へもシフトしているようです。地球を巡って繰り返される歴史。俯瞰すると面白く、人類の目的や経済の目的など、本質的なことを考えたり、学ぶことが多いです。

2017年6月25日 ▲ページTopへ
 今日はくもり。明け方雨が降りました。夕方にも雨が降るようです。昨夜9時、NHKテレビで放映した中国の世界自然遺産「武陵源(ぶりょうげん)」。高さ200m超えの岩峰や岩柱が3,100本以上も林立する奇勝で、ため息が出るばかりの光景でした。更に驚いたのは、その垂直壁の頂部付近に、張り出し形式の受け梁を取り付けて、その上に通路が張り巡らされていること。そして更に驚いたのはその上を大勢の観光客が平然と歩いていることでした。映画「アバター」のモデルにもなったとのことで、無数の岩の塊が空中に浮いたシーンを思い出し、納得でした。高知の奇岩奇勝と言うと、マチュピチュやギアナ高地などのウェブ映像をよく眺めますが、新たに仲間が加わりました。世界は広しです。

2017年6月24日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ。明日は荒れるようです。21日に神戸港で見つかった毒アリのヒアリ(火蟻)。今度は別の毒アリ・アカカミアリも見つかったとのこと。刺されると最悪死に至る猛毒アリ。経済のグローバル化で世界の物資が国境を越えて行き交う現在、島国とは言え安心できません。蟻と言えば、我が家のベランダのインターロッキングの隙間に日本蟻が巣作りに勤しんでいます。駆除するのも可哀想なので、巣作りさせないように穴の入り口を塞いでいます。当所はその都度モルタルを充填しましたが、冬季の凍結融解で翌春には劣化し、亀裂からまた巣作りが始まります。その後、防水シール・セメダイン「バスコークN」を使用。これが弾力性があり隙間にピッタリ充填され効果抜群でしたが、難点は価格が高い。その後、内装の隙間用の「ボンドカベコーク」に変えてみました。これが効果はバスコーク同様で価格が一桁安く、現在最も便利に使用しています。ただ、蟻の勤労精神には脱帽で、いつの間にか別の場所に巣作りを始めるので、日々追いかけっこです。でも、リビングの前部分は全て塞がれました。

2017年6月23日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ。昨日も暑かったですが、今日も暑くなるようです。トランプ大統領のtwitter、ピコ太郎のyoutube、渡辺直美さんのinstagram、他にFacebookやblogなど、今や大勢の有名人の必須なウェブ交流ツールです。これらでブレイクし、人生を劇的に変え、人生を支えている人は数知れずです。ツール側の仕様に従うしかなく、ツール提供会社の収益に寄与していることなどの制限はありますが、画像と記事だけで容易に掲載できる点が利用者を増大させています。基本的に自己アピールですが、有名人や有名人を目指す人にとっては宣伝・営業ツールです。当サイトのようなホームページ分野では、出始めの頃はコツコツと手作りしなくてはなりませんでしたが、今はWordPressはじめ様々な作成支援ツールが普及しています。便利な分、結局は制限・制約、不自由さが壁となって立ちはだかるようですが。日進月歩のウェブ配信環境。次はどんなツールが現れるでしょうか。

2017年6月22日 ▲ページTopへ
 今日は晴れ。日中気温は30度まで上がるようです。NHKの朝ドラ「ひよっこ」が「あまちゃん」以来の面白さです。ところで、オープニング映像が不思議で楽しくて、調べてみると、映像監督・森江康太さんがミニチュア写真家・田中達也さんの世界にインスパイアされて、番組スタッフも参加して作り上げたとのこと。田中さんは2011年から“ミニチュアカレンダー”として、毎日SNS上に一作品をアップしていて、そんなこともプロモーションになったようです。基本的に鉄拳のパラパラ漫画と同じ原理で、コマ撮りしたデジタル画像を加工すれば動画になり、アイディアと根気があれば個人でも作れます。このオープニング映像を見て、「よし、自分も作ってみよう!」と思った人、きっとたくさんいるでしょう。


▲ページTopへ

2016/1/1(金)


 明けましておめでとうございます。
 昨年中は大変お世話になりました。本年も変わりませず、どうぞよろしくお願い申し上げます。


 当「Go!伊勢崎」は、昨年9月に開設後10年目に入りました。
 この間、公園や沼、川、古墳、遠方の山々、野の花や緑などの風景を紹介し、産業祭や夏祭り、オープンガーデンなど花のイベント、他の風物詩的なイベントも紹介しました。また鉄道高架化や駅周辺開発、道路工事などの公共事業、伊勢崎銘仙や境島村地区、大型養蚕農家などの歴史的建造物や街並み、商業施設や工業団地、宅地開発などの市内の土地利用の動き、伊勢崎市や近隣で見かける野鳥や鮭など、伊勢崎市に関する様々なことを紹介して来ました。
 10年目に入った今も、伊勢崎市に関してはまだまだ知らないことが多く、飽きることを知りません。


 「来る者拒まず、去る者追わず」、「何でもアリ、何でもOK」、「顔のない都市」などと評されることがある伊勢崎市。時には伊勢崎市民自ら自虐的にそのような発言をします。遠慮なのか謙虚なのか、ひがみなのか、ひょっとして前橋や高崎、桐生など他市に対して事前の布石なのか、あるいは評価通りの実態なのか未だに分かりませんが、県内自治体の多くが人口減少の中、伊勢崎は減り方も微小で増加傾向を示す時もあります(→群馬県市町村別人口推移、→伊勢崎市の人口推移)。
 他自治体からの流入人口や外国人が多いためと思いますが、平坦地が広がり、区画整理や道路整備に積極的で、ショッピングモールや商業施設の進出も多く、日常生活を営むには便利です。

 良く言われることが、伊勢崎市には誇れる文化や歴史が少ないと言うこと。市民がアイデンティティーを確立するには拠り所とする歴史が必要との議論を耳にすることがあり、その妥当性については答えを持っていませんが、少なくとも伊勢崎市の人口減少を食い止める現役世代の若い人達に取っては、日常の住み易さ、便利さが重要のようです。そのことの裏付けとして、当「Go!伊勢崎」で紹介する記事の内、アクセスが圧倒的に多いのは駅周辺開発や商業施設の情報で、歴史的なことや伝統的なこと、景観や風景的な記事はコツコツと書き続けている割にはアクセス数は少な目です。
 歴史や伝統への関心度が高い年配者がウェブ活用に消極的なこともその原因のようですが、誰をも拒まない姿勢、何でも受け入れる姿勢、2番目や3番目に甘んじる姿勢、スクラップ&ビルドの街づくり、悪く言えば節操がない気質と言えますが、良く言えば多国民族国家アメリカのような自由さ、市民力がある都市、これが実は伊勢崎市のアイデンティティーなのだろうと考えるに至っています。


 まだまだ続く伊勢崎市のアイデンティティー探し、10回目の新年を迎えるに当たり、今年もその旅を続けるべくあちらこちらに神出鬼没します。皆さまにはどこかで会ったなら声掛けしてください。また閲覧や掲示板への記事投稿、情報提供もどうぞよろしくお願い申し上げます。


▲ページTopへ