Go!伊勢崎 建設中の建物や施設:リスパック容器新工場  [ Home ]


建設中の建物や施設伊勢崎のコトなら何でも

更新日:2008/9/19 写真下の日付は撮影日 [ 建築計画概要goo地図伊与久沼公園 ]
 このページは、旧・サンデン境事業所の跡地に建設されたリスパック・関東工場の建設風景です。
 西側の通りを挟んだ反対側には、リスパック・群馬工場(敷地面積:51,500m2)が1984年(昭和59年)10月に創業しています。

リスパック・関東工場
〒370-0105
伊勢崎市境伊与久3349番地
TEL(0270)76-3611(代)
FAX(0270)76-2394
創立:2009年(平成21年)4月
敷地面積:73,031m2
生産品目:PLA容器・A-PET容器

完成予想図
※この画像はリスパック株式会社様から
2008/5/15に使用許可を得ています。


リスパック株式会社
本社:岐阜市神田町
資本金:6億3千万円



 ▲ページTopへ
 2008/9/14

 3ヶ月振りの報告です。2008/9/14、遠目には工事が終了した様子ですが、敷地内部ではまだ足場も残され、工事中のようでした。ただ、工場の東面の大壁にリスパックのロゴと模様が描かれ、周囲にその存在をアピールしています。私もこの3ヶ月間の間、上武道路の境下渕名の高架橋を車で走った時に気が付き、いつか撮影しに来なければと思っていたところです。

壁全体に描かれたロゴ
2008/9/14


南側から。手前の芝生は
国指定史跡・十三宝塚遺跡
2008/9/14

工場の東面の大壁に描かれたロゴや模様
南側の国指定史跡・十三宝塚遺跡から
2008/9/14


北側の道路から。こちらにもロゴが描かれました。
2008/9/14
 2008/6/8

 2008/6/8、東側の工場では、外壁取り付け工事が進んでいます。

北側の道路から
2008/6/8

南側の国指定史跡・十三宝塚遺跡から
2008/6/8

南東の畑越しに 2008/6/8
 2008/5/11

 2008/5/11、約半年振りの報告です。この間、近くを通った時に遠目には眺めていたのですが、この日、現地へ行ってみると鉄骨建方が終了し工場全体が姿を現していて、進捗が早かったこととその巨大さに驚きました。
 事前の計画案内で高さ36m(*)と分かっていても、目の当たりにするとまた驚きが新鮮です。

北側の道路の北西位置から
(主)前橋館林線から1本南の通りに入るので、大通りから直接には見えませんが、少し離れた南東側からはこの大きな建物がとても良く見えます。
周囲を圧倒する高さです。
2008/5/11


東側の道路から
2008/5/11

南東側の田園地帯から
2008/5/11



南東側の田園地帯から。
境地区の田畑の中を通ると、良くこのゴボウ畑を見かけます。境や新田世良田(にったせらだ:今は太田市)辺りではゴボウは名産のようです。
2008/5/11

工場の隣の施設
2008/5/11


東側の門の脇に立つ看板
2008/5/11
 2007/12/23

 2007年12月、食品用プラスチック容器メーカーのリスパック株式会社は、現在の群馬工場(伊勢崎市境伊与久(いよく))に隣接した新工場を2009年3月に稼働させると発表しました。地上2階ですが高さ36m(*)なので、普通の建物ならば12、3階建て相当です。
 新工場は犬山工場(愛知県)を超えて同社最大の製造拠点となり、首都圏を中心とした関東の顧客を開拓するとのこと。 石油系の一般的容器に加えて、植物素材を使用した環境配慮型の製品の製造も検討。新規人員は250人(予定)。着工は2007年12月。当サイトでは新工場完成まで建設風景を紹介して参ります。
 (*)高さに付きましては現地計画案内で37mとありますが、リスパック株式会社様のホームページでは36mとあります。

建設地に立つ杭打機(東門から)
2007/12/23

旧・サンデン境事業所が立てた「クリーン作戦展開中」の看板が残っています。
(東門の脇)
2007/12/23

西側。左の建物は旧サンデン悠々館
(体育館) 2007/12/23

手前の芝生は史跡「十三宝塚跡」
2007/12/23


リスパック群馬工場 第一工場
すぐ南は「伊与久沼公園
2007/12/23



建築計画概要




▲ページTopへ
■敷地:73,031m2
■延べ床面積:38,524m2
■地上2階 ■地下1階
■高さ37m
■工期:2007/12〜2008/11
■建設費:135億円(土地代含む)

(仮称)RG2計画



(仮称)RG2計画

RG2計画に伴うサイロ設置工事



鉄骨製作工場名表示



▲ページTopへ