Go!伊勢崎 伊勢崎駅周辺 History 2006/12 [ 駅周辺開発・Index ]  [ Home ]



伊勢崎駅周辺 History 2006/12

[ 伊勢崎駅周辺 History・Index ]
伊勢崎駅を発着する電車(都)今井町安堀町線踏切付近

伊勢崎駅を発着する電車

掲載日:2021/10/17
 2006年12月、高架化工事の進行に伴い徐々に姿を変える伊勢崎駅ですが、プラットホームと発着する電車の姿にはまだ変化は見られません。高架橋は供用中の軌道の北側に施工され、施工現場は塀で囲まれているので、まだ駅利用者や周辺の通行者からは現場の様子は確認できません。跨線橋からの風景をご覧ください。(2021/10/17 記)


(都)今井町安堀町線踏切付近

▲ページTopへ
 伊勢崎市の西方を南北に走る(都)今井町安堀町線。安堀町区間は新設区間で、元の姿は主に畑地でした。この道路の西方に、道路とやや並行して走る南北道路があって、三郷地区から街中を通らずに本庄方面へ抜ける時の定番ルートでした。ほかにも抜け道がありそうですが、街中を通過せずに広瀬川を渡る橋は、この路線の「三ツ家橋」しかなかったためです。
 そのため、狭い道路の割には交通量があり、両毛線の踏切の幅が狭かったため、踏切の南北で一旦停止する車は、暗黙のうちに一台ずつ交互に通過していました。時々、この暗黙のルールに従わず、一方から連続的に数台通過してしまうこともあって、急いでいる時にはストレスのもとでした。
 (都)今井町安堀町線が新設され、交互待ちのストレスが減っただけでなく、立体化によって踏切さえなくなった今、時の経過と便利になった有難さを噛みしめています。(2021/10/17 記)

(都)今井町安堀町線踏切の西方から伊勢崎駅方面。 2006/12/16

(都)今井町安堀町線の踏切。 2006/12/16
鉄道高架化を完了した今はこの姿を見ることはできません。

(都)今井町安堀町線踏切の東方を走行する湘南電車 2006/12/16

115系・湘南電車

 緑とオレンジ色のツートンカラーが特徴の湘南電車。東海道本線から姿を消した後、両毛線ほか高崎エリアでは余生を過ごすかのように走っていました。JR東日本のプレスリリースによれば、緑とオレンジ色のこの電車「115系」は、2018年3月をもって運行を終了したとのこと。今では懐かしい風景となりました。(2021/10/17 記)



Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ