Go!伊勢崎 天増寺 [ 神社仏閣一覧 ]  [ Home ]



更新日:2010/12/16 写真下の日付は撮影日

大陽山 香火院 天増寺(曹洞宗)
群馬県伊勢崎市昭和町1645 [ 地図 ]

彩色鮮やかな山門、
表参道前に立つ門前大地蔵尊(天増寺橋・橋供養)伊勢崎市内最古の宝塔
伊勢崎藩の初代藩主「稲垣長茂」の墓那波小太郎、小次郎の墓

きれいに掃き清められた境内

天増寺

山門 2007/12/15

桐生県道側にある門前大地蔵尊
1762年建立。 高さ=4m67cm
当時、氾濫を繰り返した粕川に天増寺住職が
お布施を集めて「天増寺橋」を架け、
その時の橋の通行安全と、氾濫で亡くなった
御霊の供養のために建てたとのことです。
粕川はここから100mほど西側にあります。
2007/12/15



穏やかなお地蔵様の顔
2008/6/28


台座の橋供養の文字
2008/6/28


地蔵尊由来の説明板
2008/6/28



石畳の参道と山門。
山門の間から本堂が見えます。
2007/12/15



門の両脇には一対の金剛力士像(仁王様)
が安置されています
2007/12/15



道元禅師像
2007/12/15

山門(南側から)
2010/11/27



色彩も鮮やかで堂々とした立派な山門です。
2007/12/15



山門(南西側から)
2010/11/27



山門(裏側から) 2008/6/28



山門(南西側から)
2007/12/15


山門をくぐると本堂。きれいに掃き清められた境内。
2010/11/27



本堂 2007/12/15


山門の金剛力士増 2008/6/28


表参道の途中にある石門 2007/12/15



▲ページTopへ

天増寺宝塔(群馬県指定重要文化財)
高さ=224cm、基礎の高さ=60cm
2007/12/15

貞和2年(1346年)建立。在銘の宝塔では市内最古とのこと。
2007/12/15


▲ページTopへ


天増寺の橋供養地蔵尊

 2010年10月2日日の上毛新聞によれば、天増寺の橋供養地蔵尊が10月1日付けで伊勢崎市の重要文化財に指定されました。この指定に先立ち、同地蔵尊は桐生県道(群馬県道桐生・伊勢崎線)の拡幅工事に伴って西に17m移設され、10月3日には開眼法要が行われました。
 移設前の場所は道路として復旧され、移設後の場所は、地蔵尊だけではなく石碑や経塚も建てられ、地蔵尊の由来も大きな石に刻み込まれ、更にベンチが設置されたり植栽も施されて、以前とは大きく様変わりしました。街中の散策の途中にちょっと一休みしたくなるスポットとなることでしょう。(2010/10/13 記) 

優しい顔のお地蔵さん
2010/10/10


地蔵尊とは(Wikipedia)


曹洞宗・天増寺の石碑
2010/10/10

曹洞宗とは(Wikipedia)


経塚2010/10/10

経塚とは(Wikipedia)


石畳と石碑とベンチ
2010/10/10

移設後の橋供養地蔵尊(南側から)
2010/10/10



移設後の橋供養地蔵尊(南西側から)
2010/10/10


橋供養地蔵尊。
台座からの高さは4m67cmとのことです。
2010/10/10


地蔵尊の由来が刻まれた石
2010/10/10



▲ページTopへ

稲垣家8代の墓


伊勢崎藩初代藩主・稲垣長茂についてはこちら

 天増寺は伊勢崎藩初代藩主の稲垣長茂が建立し、自身の菩提寺と定めました。現在、「天増寺殿快厳当慶居士」と法名を刻した墓が墓地のほぼ正面に立っています。
 その後、稲垣家代々の当主は墓を天増寺に営みました
 三河国で生まれた稲垣長茂が当地伊勢崎藩の初代藩主であり、また、本人および累代の墓が伊勢崎にあること、不勉強ながら今まで知りませんでした。
 三河の人達や稲垣家の末裔の人達と、当地伊勢崎のその後の交流に関心を持った次第です。いつかまたの機会に勉強してみます。
(2008/6/30 記)

本堂の脇にある案内
2008/6/28


ここに3基 2008/6/28


稲垣平右衛門長茂
(いながきへいうえもんながしげ)
の墓の案内板
2008/6/28


同じ形状の墓がいくつもあります。
ここには10基 2008/6/28


2008/6/28



塔頂部の形が異なる大きな墓(西側中央)
2008/6/28



伊勢崎市指定重要文化財
(平成8年3月29日指定)
絹本著色(びんぽんちゃくしょく)
稲垣平右衛門長茂像附同重宗像
(いながきへいうえもんながしげぞう
つけたりどうしげむねぞう)

本堂の前に立っています 2008/6/28



▲ページTopへ

那波小太郎、小次郎の墓


2008/6/28

時の赤石城主・那波駿河守顕宗が留守中に、
赤石城を守っていた18歳の那波小太郎宗昌と
16歳の小次郎宗繁の二人の兄弟の死を
悼んで築かれた塚 2008/6/28






▲ページTopへ