銘仙アーティスト 木島一雄メモリアル [ 伊勢崎銘仙・全体案内 ]   [ Home ]




銘仙アーティスト

木島一雄(きじまかずお) メモリアル

2013年10月18日(金)〜11月4日(月)

掲載日:2013/11/2
 紹介が今頃になってしまいましたが、いせさき明治館で銘仙アーティスト・木島一雄さんのメモリアル展を開催中で、「きじま銘仙」の着物・反物40点が展示されています。主催は「光のページェント実行委員会」です。
 まずは、木島一雄さんを紹介します。当企画展のパンフレットを引用しました。

木島一雄プロフィール

 伊勢崎銘仙の機屋の長男として生まれ、家業(二代目)を継ぐ。生涯、銘仙の魅力を追い求め、織物業界が衰退する中にあっても創作意欲を持ち続け、ポップで芸術的なデザインを活かしたアロハシャツなどの商品開発にも力を注いだ。
 近年では、有名デザイナーとのコラボ作品やテレビドラマ・コマーシャルの衣装に採用されるなど「きじま銘仙」のブランドを確立した。
 ご存知の方も多いと思いますが、NHKの連続ドラマ”カーネーション”の中で、尾野真千子演じる主人公・糸子始め、登場人物が着ていた銘仙の何点かが「きじま銘仙」です。また「きじま銘仙」の生地はISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)ともコラボし、パリコレのショーでも着用されました。
 残り2日間になってしまいましたが、まだ間に合います。明日明後日の連休を利用して、ぶらりと出かけてみてはいかがでしょうか。

 ところで、いい訳で恐縮ながら、紹介が今頃になってしまった理由・・・、聞いてください。
 木島一雄さんのメモリアル展は、当サイトで”燈華会”を紹介した時に把握していたのですが、開催日は燈華会の2日間だけと勝手に思い込んでいて、燈華会の日は赤石楽舎や伊勢崎神社で取材をしながらも、明治館に立ち寄る時間を取れずにいて、木島さんのメモリアル展は諦めていところ、一昨日、明治館のKさんから「是非いらしてください」と連絡をいただき、「えっ、まだ間に合うんですか?!」と慌てて駆け付けた次第です。(2013/11/2 記)

いせさき明治館

入館無料
伊勢崎市曲輪(くるわ)町31-4
開館時間=10時〜17時
休館日=月・火曜日
(11月4日(月・祝)は開館)
TEL 0270-40-6885

▲ページTopへ


玄関を飾る「きじま銘仙」の着物

▲ページTopへ


玄関室隣の洋間に展示された「きじま銘仙」の着物

大きな幅のストライプ柄



イッセイミヤケとコラボした柄に似てる着物

野に咲く花のような、優しい柄の着物


ポップで斬新な柄、矢羽根柄



▲ページTopへ

「きじま銘仙」の優雅なドレス

(”いせさき銘仙の会”高木さんによるピンワーク)

二階ホールに並んだ2着の”きじま銘仙”ドレス


ゴージャズな花とタイトスカートに変身。
ピンを外せば元の反物に戻ることも素晴らしい

このドレス、2反使用しているとのこと。


大文字草が銘仙に似合います


▲ページTopへ

20歳のメモリアルに銘仙振袖を!!

銘仙アート振袖」モデルが着用する2着の「きじま銘仙」振袖

2階和室に展示。→モデル募集要領はこちら。


2着の対照的な色と柄の着物が、二階の和室に展示されています。

シックで豪華、インパクトの強い着物

優しく可愛らしい柄の着物

▲ページTopへ


矢羽根柄の「きじま銘仙」の反物

きじま銘仙の反物

きじま銘仙の反物

▲ページTopへ
 ”いせさき明治館”で販売中の銘仙グッズコーナー

 西側の事務室用玄関脇(「いせさき明治館」の二階への階段脇)には様々な銘仙グッズが展示販売されています。
 訪れる度に少しずつ新作が増え、明示館訪問の楽しみの一つです。ほとんどの作品が明治館職員さんたちの手作りです。→こちらでも紹介してます。

銘仙グッズコーナー

次回展示会の案内


銘仙で菊見・紅葉狩 いかが

2013・11月9日(土)〜12月23日(月)



▲ページTopへ

真っ赤な紅葉模様の伊勢崎銘仙の着物

菊柄模様の伊勢崎銘仙




▲ページTopへ