県道桐生伊勢崎線道路工事 [ 道路工事一覧 ]  [ Home ]



伊勢崎都市計画道路3.4.18号、群馬県道桐生伊勢崎線道路改築事業

別ページ→天増寺橋架け換え工事平和町ショッピングモール平和町のマンション建設平和町の高齢者複合施設
当ページ内→六間道路との交差部一般部電線共同溝

更新日:2015/7/1 写真下の日付は撮影日 [ 建設用語集 ]
【概要】

◆区間:平和町〜昭和町
◆期間:H16年度〜H23年度
◆延長:800m
◆基本幅員:17.0m

桐生県道(県道桐生伊勢崎線)改築事業区間

県道桐生伊勢崎線 伊勢崎ショッピングモール北側

掲載日:2015/7/1 ▲ページTopへ

2015/6/20

 平和町の伊勢崎ショッピングモールの北側で改築工事が進んでいた県道桐生伊勢崎線。旧道と新設道路との「平和町東」交差点の改良工事と「餃子の王将」西側の南北道路のすり付け工事を完了しています。南北道路は旧道と接続されています。右折は禁止されていないようです。旧道の廃止区間と新旧道路との間に挟まれた区画(下図緑区画)の今後の利用方法はまだ見えて来ません。(2015/7/1 記)

「平和町東」交差点付近の工事ヶ所

旧道の廃止区間と新旧道路に挟まれた区画

改築工事を完了した「平和町東」交差点(交差点の西側から東方) 2015/6/20

旧道へすり付く南北道路 2015/6/20

ショッピングモールの北側 2015/6/20

「平和町東」交差点へすり付く旧道 2015/6/20

廃止された旧道 2015/6/20

2015/5/23


「平和町東」交差点の南東側隅切り部 2015/5/23

ショッピングモールの北側(東側から西方) 2015/5/23

新旧道路に挟まれた区画 2015/5/23

ショッピングモールの北側(西側から東方) 2015/5/23

掲載日:2015/4/29 ▲ページTopへ

2015/4/25

 開通後3ヶ月が経過した県道桐生伊勢崎線の平和町区間。新設された道路もすっかり認知されたようで、旧道を通過する車両は激減しました。その旧道と新設道路とが交差する交差点「平和町東」東方の伊勢崎ショッピングモールの北側では、現在、南側車線や歩道の工事が進んでいます。二つの道路に挟まれたエリアの今後の利用方法はまだ見えて来ません。取りあえず工事現況をご覧ください。(2015/4/29 記)

L=125.6m、事業者:伊勢崎土木事務所、工事会社:トーモー株式会社さん

伊勢崎ショッピングモール北側付近の工事ヶ所、旧道

工事案内 2015/4/25

伊勢崎ショッピングモール北側で進む工事 2015/4/25



工事区間東端部。左:南側歩道、中央:南側車線
2015/4/25

伊勢崎ショッピングモール北側で進む工事 2015/4/25

左端:伊勢崎ショッピングモール、左:南側歩道
中央:南側車線 2015/4/25

県道桐生伊勢崎線 開通後

掲載日:2015/2/11 ▲ページTopへ

2015/2/7

 2015年1月29日(木)に開通した県道桐生伊勢崎線六間道路(坂東大橋石山線)から伊勢崎ショッピングモールまでの区間。当工事の取材を開始したのが2008年3月9日。以来約7年間、計画着手は更に遡った期間でしょうから、公共工事とは期間を要することを実感します。計画時から完成まで、行政側の担当者が何人代わり、何社の施工業者が工事を行ったのでしょう。余談ながら、橋梁の場合、設計時と施工時との間に示方書が改定されて、施工前に再設計することなどもあります。耐震規定が大幅に改定された時など、既に下部工のみ施工を完了していた橋梁では、上部工施工前に下部工の補強から着手した例も少なくありません。

 余談が長過ぎましたが、開通後10日経った現地を歩いてみました。区間西端部の六県道路との交差点名は「平和町」と命名され、伊勢崎ショッピングモール北西側の交差点が「平和町東」と名付けられました。旧道は「平和町東」交差点で新設道路と接続し、伊勢崎ショッピングモールに沿った旧道部分はモール入り口部を除いて現在工事が進んでいます。

 出入り口部を除く旧道敷地(下右図における部分)がどのように再利用されるのか、現時点では不明です。道路改良などに伴って空き地となる土地利用について、伊勢崎市内の事例をみると、ミニ公園やポケットパーク、花壇として整備する事例、車両進入防止柵やガードレールで囲って自転車歩行者ゾーンとする事例、あるいは単純にゼブラゾーンとする事例など様々です。ミニ公園規模ではありませんが、交差点角地の空きスペースに植栽を施し、ベンチを設置してある事例もあり、登下校する小学生の交通指導(旗振り)の皆さんの小休止用に、また信号待ちする高齢者の小休止などに利用され、理想形を見る思いです。現実的には地元要望や所管行政機関、担当者の意向、予算状況など、様々な要因で決定されることと思いますが、この場所はどのように再利用されるのでしょうか。完成後にまたレポートします。(2015/2/11 記)
旧道敷地の再利用事例はこちら

伊勢崎ショッピングモール北側


旧道部分の路盤工 2015/2/7

大圓寺脇 2015/2/7

新旧道路のすり付け部で進む工事 2015/2/7

「平和町東」交差点付近(伊勢崎ショッピングモール北西側)



交差点から東方 2015/2/7

東武伊勢崎線高架橋付近


平和町交差点から高架橋方向を見る 2015/2/7

高架橋の下付近 2015/2/7

「平和町」交差点(六県道路との交差点)



交差点の西((都)3・4・44号線)から東方 2015/2/7

県道桐生伊勢崎線改築事業・六間道路との交差点部

掲載日:2015/1/3 ▲ページTopへ

2014/12/28

 2014年末の新・桐生県道(県道桐生伊勢崎線)と六間道路(坂東大橋石山線)との交差点部では交差点隅切り部を除いて、車道も歩道も表層舗装を完了しています。歩道からはバリケードが外れて開通し、車道は区画線工事待ちの状況です。交差点角地には照明塔と交通信号塔を兼ねた支柱も立ち、供用待ちです。南北方向の六間道路の拡幅工事も年末時点で基層舗装まで完了しているので、交差点は遠からず開通でしょうか。
 東武伊勢崎線以東の区間においては、現・桐生県道との接続部(大圓寺前)が暫定形状ですが、他区間は表層舗装を完了しています。→詳しくはこちら。(2015/1/3 記)

工事ヶ所

六県道路との交差点部を交差点西側から東方
2014/12/28

六県道路との交差点部を交差点東側から東方
2014/12/28

掲載日:2014/9/15 ▲ページTopへ

2014/8/30〜9/13

 先日来、伊勢崎駅周辺各所で進行中の様々な工事を紹介していますが、ここ新しい桐生県道(県道桐生伊勢崎線)においても、六間道路(坂東大橋石山線)との交差部で現在工事が進んでいます。現場は交差点内なので、両方の道路の区別なく路盤が深く掘削され、隅切り部や歩車道境界ブロック布設、電線地中化などの工事が進行中です。
 この交差点を含む南北方向の六間道路の拡幅工事は伊勢崎市中心市街地整備部の発注、桐生県道が群馬県伊勢崎土木事務所の発注。道路だけでなく発注機関も交差します。予算分担や工程管理など、行政や工事会社、その他関係者の苦労が忍ばれます。(2014/9/15 記)

六間道路との交差点付近の工事が進む新・桐生県道。東武伊勢崎線の電車がちょうど通過。
2014/9/13

路盤の更に深くで電線地中化工事が進行 2014/9/11

路盤が深く掘削された六間道路 2014/8/30

工事が進む六間道路と新・桐生県道との交差点(西側から東方) 2014/8/30

県道桐生伊勢崎線改築事業・一般部(天増寺橋以外)

掲載日:2015/1/3 ▲ページTopへ

2014/12/28

 新しい桐生県道・平和町区間の東武伊勢崎線から現・桐生県道との接続部までの2014年末の状況です。
 この区間には「平和町東」交差点が新設され、この交差点付近と大圓寺前の南側車線、および「平和町東」交差点以東の南側歩道が未舗装ながら、他区間は表層舗装までを完了しています。北側歩道は開通し、車道は未開通で区画線工事待ちの状況です。大圓寺前の現道との接続部では、南側車線が未舗装なことに加えて、現道の歩道縁石も残されています。
 この後、暫定形で新設車線に切り替えて接続部の工事を進めると予想されます。(2015/1/3 記)

平和町東交差点の東側からから東方 2014/12/28


平和町東交差点の東側からから東方 2014/12/28

平和町東交差点の東側からから西方 2014/12/28

平和町東交差点の東側からから東方 2014/12/28

掲載日:2014/6/4 ▲ページTopへ

2014/5/31

 伊勢崎土木事務所が建設を進めている桐生県道・平和町区間の前回から2ヶ月半ぶりのレポートです。
 この区間では東武伊勢崎線の高架下で工事が進んでいましたが、5月31日、現地を訪れると、車道については基層舗装までを完了し、水タンク車が搬入され仕上げの清掃作業が行われていました。歩道は電線地中化工事や路盤工までを完了している様子。東武線高架橋から西方、県道・深津伊勢崎線(六間道路)寄りの区間では、8月29日工期、L=83.4mの電線地中化工事が始まっています。
 現在、深津伊勢崎線においても、交差点からJR両毛線までの区間で伊勢崎市・市街地整備課発注の道路改良工事が進み、2つの主要道路の築造や改良がタイミングを合わせて進行中です。(2014/6/4 記)

深津伊勢崎線(六間道路)から東方
2014/5/31

電線地中化工事案内
工期:2014年8月29日、L=83.4m
2014/5/31

東武伊勢崎線の旧軌道部で基層舗装までを完了した新・桐生県道
上の桁は東武伊勢崎線高架橋。右後方が伊勢崎駅。 2014/5/31

同上区間の南側歩道 2014/5/31

同上区間の北側歩道 2014/5/31

掲載日:2014/3/25 ▲ページTopへ

2014/3/16

 東武伊勢崎線高架化工事が完成し、旧軌道部ではレールが撤去され、各所で側道築造などの工事が進んでいますが、新・桐生県道との交差部においても、道路新設工事が進んでいます。
 軌道から西側の六間道路までの区間は、昨年(2013年)5月時点で既に歩車道境界ブロックや路側の縁石布設、また歩道下の電線地中化工事が完了し、軌道から東側の平和町ショッピングモールまでの区間は、歩道部が完成し、車道部は基層舗装まで完了していましたが、現在進んでいるのは、この完了区間を繋ぐ未完区間(軌道部)の工事です。
 現地工事案内によれば、 電線地中化工事の工期が2014年5月31日になっています。車道や歩道の工事案内は見当たりませんでしたが、現地状況から判断すると、こちらも電線地中化と前後して完了の様子でした。(2014/3/25 記)
東武伊勢崎線の東側から

工事区間 2014/5/31

電線地中化工事案内
工期:2014年5月31日
2014/3/16

東武伊勢崎線の旧軌道部で進む新・桐生県道築造。
上の桁は東武伊勢崎線高架橋。右後方が伊勢崎駅。
2014/3/16

南側の歩道 2014/3/16

北側の歩道 2014/3/16

掲載日:2014/1/29 ▲ページTopへ

2014/1/19

 東武伊勢崎線高架化工事完成後、新・桐生県道交差部付近の地上部軌道敷では、レールや石が撤去され、高架化工事時の塀も外され、新桐生県道側で電線地中化工事が進んでいます。
 発注は伊勢崎土木事務所、L=120m、工事会社=株式会社神澤組さん、工期=3月14日です。この区間、旧鉄道敷から六間道路の間は、歩車道境界ブロックや路側縁石の布設、および路盤工を完了していて(下記2013/5/18の記事参照)、平和町ショッピングモール側も基層舗装を待つばかりの状況です。(2014/1/29 記)

工事区間 2014/1/19

電線地中化工事案内 2014/1/19

東側から西方(伊勢崎駅方向) 2014/1/19

西側(大間々県道)側から東方
2014/1/19

東側から西方(伊勢崎駅方向)
2014/1/19


こちらは平和町ショッピングモール北側の新旧桐生県道の接続部(西側から東方)
現在未開通。表層舗装を待つばかりの状況。ただし、大園寺前が一部未施工の様子。
2014/1/19

掲載日:2013/12/11 ▲ページTopへ

2013/12/8

 旋回から5ヶ月振りの新しい桐生県道(群馬県道68号桐生伊勢崎線)の現場状況です。
 今年の5,6月頃、大圓寺の南側付近で進んでいた工事を終え、現在、新たな工事は始まっていません。
 大圓寺の南側では、歩道の舗装は未完、車道は一部基層舗装まで完了。
 大圓寺の東側(元ガソリンスタンドがあった場所)では、桐生県道と市道との交差点改良工事を完了して開通しています。
 大圓寺の南西位置では、現・桐生県道と新・桐生県道を接続する交差点隅切り部工事が行われていましたが、歩車道境界ブロックの布設と歩道の舗装を完了し、歩道は開通しています。
 同交差部から西方の東武伊勢崎線高架橋までの区間は、前回以降の進捗は見られず、基層舗装までを完了した車道が隣接住人用に開放され、歩道は表層舗装まで完成し、自転車歩行者は通行可能です。(2013/12/11 記)

工事ヶ所

東武伊勢崎線高架橋付近
2013/12/8

大圓寺の南側付近
2013/12/8

基層舗装までを完了した車道(隣接住人のみ通行可)。
歩道は表層舗装まで完了(自転車歩行者のみ通行可)。 2013/12/8


大圓寺の南西位置で新旧桐生県道を接続する交差点隅切り部工事
2013/12/8


大圓寺の南側付近 2013/12/8

掲載日:2013/7/8 ▲ページTopへ

2013/6/30

 新・桐生県道の東武伊勢崎線の橋梁から平和町ショッピングモール区間の工事状況です。
 前回(5月25日)、この区間西側の東武伊勢崎線寄りは表層舗装を残して完了していましたが、現在は東側の天増寺橋寄りの区間で路盤工事電線地中化工事が進んでいます。
 新桐生県道は現桐生県道と曲線ですり付きますが、新桐生県道は既に歩車道境界の縁石布設や路盤工が進み、新しい道路線形を見通せるようになっています。この進捗ペースから予想するに、東武伊勢崎線高架化完成から遠からず、新桐生県道も開通になるように思います。今後の工事情報などに注意してみましょう、(2013/7/8 記)

新旧桐生県道の接続部
後方が天増寺橋(西側から東方)
2013/6/30

路盤工が進む新桐生県道。
この先で、現桐生県道とすり付きます。
(西側から東方)2013/6/30

東武伊勢崎線から東方 2013/6/30

天増寺橋西側で桐生県道に
Y字交差する市道 2013/6/30


路盤工を完了した新・桐生県道
(大圓寺脇) 2013/6/30


区間中央付近から東武伊勢崎線方向
2013/6/30

新桐生県道(東側から西方)
2013/6/30


新旧桐生県道の接続部
(片側通行) 2013/6/30



新・桐生県道を跨ぐ
東武伊勢崎線の橋梁
2013/6/30

掲載日:2013/5/27 ▲ページTopへ

2013/5/25

 先週、六間道路から東武伊勢崎線の橋梁までの区間を紹介した新・桐生県道ですが、今回は、東武伊勢崎線から平和町ショッピングモールまでの現況をお伝えします。
 この区間、現・桐生県道を車で通過する時、大圓寺の南側付近で徐々に工事が進んでいることを確認できますが、その奥の住宅地側は道路幅も狭く、車両通行止めだったりするので、自転車や徒歩でないとなかなか確認できません。5月25日、MBに跨って見学すると、車道と北側歩道については基層舗装までを完了し、南側歩道と現・桐生県道の接続部で別の工事が進んでいました。現地に立つ工事案内によれば、2工区に分かれて電線地中化工事が進んでいるようです。工期は6月28日と8月30日です。(2013/5/27 記)

北側歩道 2013/5/25


北側歩道 2013/5/25


平和町ショッピングモール北西角の交差点では、交差点改良工事が進行中
2013/5/25

現・桐生県道(左)との接続部で進む工事 2013/5/25


平和町ショッピングモールの北側(西側から東方) 2013/5/25

掲載日:2013/5/22 ▲ページTopへ

2013/5/18

前回から7ヶ月振りの現地レポートです。今回紹介するのは六間道路から東武伊勢崎線の橋梁までの短い区間。既に車道の基層舗装までを完了し、現在、歩道部への電線地中化工事(L=49m、工期=5月31日)が進み、現地で確認すると、その工事もほぼ完了している様子です。
 六間道路から西側(伊勢崎駅南・東西通り)については、駅前交差点までの区間を今年の3月中旬に開通していて、現在はT字路になっています。東武伊勢崎線のこの区間は今年2013年秋には高架橋への切り替えが行われる予定なので、新しい桐生県道も歩調を併せて工事が進むことと予想されます。
 次回は東武伊勢崎線の東側から平和町ショッピングモールまでの現況をお伝えします。(2013/5/22 記)


六間道路から東方(道路中心位置)。後方の高架橋は今年の秋に開通予定の東武伊勢崎線。
2013/5/18

伊勢崎駅南・東西通りの東端部から 2013/5/18


平和町ショッピングモール付近から西方
2012/12/29

電線地中化工事案内、L=49m、工期=5月31日
2013/5/18

東武伊勢崎線付近から東方 2012/12/29

掲載日:2012/10/22 ▲ページTopへ

2012/10/14

 前回紹介以降の4ヶ月間、工事が先行していた平和町ショッピングモール北側の一部の区間で、既に新しい道路が姿を現しています。歩車道境界ブロックが布設され、車道に関しては基層舗装まで完了しています。前後区間が未着手で、また区間長も数十メートルと非常に短いので、暫定形での供用も難しそうですが、一部とは言え、早々と新設道路をアピールしていることは、現桐生県道通行者や近隣住民に対して、事前広報になるように思いました。これだけの短い区間を先行した理由は確認していませんが、最近、市街地などの道路工事では、着手できる区間は順次進めているように見受けられます。
 この区間から東側(天増寺橋方向)の区間(大圓寺南側)では、10月31日までの工期で埋蔵文化財(宗高南遺跡)の発掘調査が行われていて、10月14日時点では、発掘された遺構を確認できました。
 東武伊勢崎線の橋梁を挟む区間では、完成した橋梁の西側区間が整地され、現在土砂の仮置き場になっています。
(2012/10/22 記)

平和町ショッピングモール北側の一部区間で姿を現した新設道路 2012/10/14

発掘調査中の案内

発掘調査の工事案内
2012/10/14

現桐生県道の北側で進む新・桐生県道の発掘調査
左側は平和町ショッピングモール、右側は大圓寺。後方が伊勢崎駅方面
2012/10/14

遺構。右側が現桐生県道。
2012/10/14

遺構
2012/10/14

遺構。左側が現桐生県道。
2012/10/14

東武伊勢崎線の東では、全区間用地取得と建物の解体撤去を終えています。
2012/10/14

東武伊勢崎線の橋梁を挟んだ区間 2012/10/14

掲載日:2012/6/21 ▲ページTopへ

2012/6/10

 実に3年振りの桐生県道(県道桐生伊勢崎線)改築事業・一般部の現地レポートです。この間、前回残されていた一軒の住宅が撤去され、六間道路から現・桐生県道までの区間の用地が全て確保されたようで、中間点に立つと東西方向が見通せるようになりました。予定地は木杭で囲われ、場所によっては雑草対策のためか、シートで覆われています。
 前回と大きく異なるのは、東武伊勢崎線高架化工事において、当桐生県道位置に橋梁架設工事が進み、その鋼桁が架かっている点があります。東武伊勢崎線の完成はH25年秋頃。この新・桐生県道改築工事も東武線高架化完成時期と同期を取って進むのか掴んでいませんが、現地で変化があれば、またレポートしてみたいと思います。
(2012/6/21 記)

中間点に立ち、東方を見る
2012/6/10


2009/5/23時点の用地確保状況

中間点に立ち、西方を見る 2012/6/10

掲載日:2009/8/21 ▲ページTopへ

2009/8/15

 天増寺橋右岸の桐生県道と平和町ショッピングモールとの境界の擁壁工事が完了していました。(2009/8/21 記)

位置図

平和町ショッピングモール側から
2009/8/15

桐生県道側から。後方が天増寺橋。
2009/8/15

2009/7/25

 天増寺橋右岸で進行中の桐生県道と平和町ショッピングモールとの境界の擁壁工事は基礎コンクリートの打設を終え、二次製品のL型擁壁の敷設が始まっていました。(2009/7/30 記)

据え付けを終えたL型擁壁
2009/7/25

堤防側から順次西側へ敷設が進む
L型擁壁
2009/7/25

左:桐生県道
右:仮置きされたL型擁壁
2009/7/25
2009/7/11

右岸側の旧道から。
中央後方が新橋の下部工。
右側にマンホールが露出していますが、この高さで概略の高低差が分かります。
2009/7/11

旧道の路肩部を掘削し、
基礎部分を整地。
2009/7/11

平和町ショッピングモールの駐車場から
左側:桐生県道
右後方:赤城神社の樹木
2009/7/11
2009/5/23、道路予定地がシートで覆われ、周囲には杭が打たれています。

用地確保状況
[ 拡大 ]

2009/5/23

2009/5/23
2008/3/9〜2008/11/1

六間道路と東武伊勢崎線の区間に盛られた土砂。残土の仮置きのようです。
2008/11/1

六間道路脇に立てられた看板。
道路予定地内の土地建物を売買する時の「土地建物等の有償譲渡の制限」について説明しています。2008/3/9

東武伊勢崎線のすぐ西側の
桐生県道予定地
2008/3/9

電線地中化工事

▲ページTopへ
 2009/10/25、前回からまた1ヶ月が経った現地では、既にいくつかの電線共同溝が敷設されていました。この工事と関連して、焼肉・ソウル館前から天増寺東側にかけて、現道の北側が拡幅され、電線地中化だけでなく、歩道も改良されるようです。(2009/10/28 記)
電線地中化区間 [ 拡大 ]

天増寺参道付近

天増寺橋(架け換え工事中)の東側
にも電線共同溝を敷設

天増寺橋寄り工区の工事案内。
水道工事も同時進行中。

こちらの区間距離=164m
工期=平成22年3月19日

文化会館西の信号〜焼肉・ソウル館
既にいくつかの電線共同溝を敷設

焼肉・ソウル館南西の信号付近

これは文化会館西の信号寄りに立つ
工事案内

桐生県道の南側歩道に敷設中の
電線共同溝

敷設箇所の舗装を剥離&撤去

桐生県道の南側歩道に
敷設を終えた電線共同溝
 2009/9/19、前回から1ヶ月、現地では歩道の街路樹が伐採され、植樹帯の縁石ブロックが撤去されていました。
 工事案内によれば、工期は平成22年3月15日です。

道路の南側で歩道の街路樹を伐採。
この街路樹辺りに電線共同溝が
敷設されます。

「文化会館西」の交差点に立つ
工事案内によれば
区間距離=222.2m
工期=平成22年3月15日

天増寺橋寄りの工区は
別の工期と請負会社になります。

道路の北側では歩道の植栽ブロック
の縁石を撤去
 2009/8/15、桐生県道の天増寺橋以東で電線地中化工事が始まったとの情報を得たので、現地に出向いてみましたが、まだ目立った動きを確認できませんでした。

←→

天増寺の参道付近

現道の北側が後退し
整地されていました。



▲ページTopへ