トンガラシ地蔵(地蔵山古墳群) [ 里山古墳 ]   [ Home ]




洞山古墳トンガラシ地蔵の東粕川

トンガラシ地蔵(地蔵山古墳群)

(伊勢崎市五目牛町)
初春〜春初夏〜梅雨晩秋〜初冬
更新:2016/5/1
 この里山は「赤城見台公園」の南東にあり、我々地元では「トンガラシ地蔵」と呼んでいますが、正式名称は「地蔵山」です。赤城見台公園は古墳公園でいくつかの古墳が復元されていますが、この山頂にも古墳(下記参照)があり、周囲の古墳を合わせて「地蔵山古墳群」と呼ばれています。
 周囲は田畑に囲まれ、少し東には粕川が、北側には北関東自動車道が走っています。頂上までは数分で登れ、山頂には唐辛子地蔵尊のお堂があります。このお堂のお地蔵さんは、その昔村人の疫病を救ったと言う伝説があります。
(2007/1/6 記)
 頂上の北西と北側斜面は雑草地になっていて、獣道のような踏み後もあり、登山気分で歩いてもいいでしょう。ただこれらの道は整備されていないので、小枝の切り株等には要注意です。
 南側と東側の斜面は畑になっていて、野菜や花が植えられています。特に南西から西側にかけての道路脇には季節にはコスモスやサルビア、菊の花等ががたくさん咲き、道行く人たちを楽しませてくれます。付近には住宅もないので、この土地の所有者の方が手入れしているのでしょうか。あるいは地域の方々でしょうか。このような場所を通るとき、手入れをされている方々の事を思うと、心温まります。
 南斜面の畑の更に南にはラジコン飛行機の会が集まる場所があり、天気の良い日には何機かのラジコンヘリコプターや飛行機が飛んでいます。
 南西の少し離れた位置には円墳が、ラジコンの会の南にも古墳があります。(2010/10/13 記)

■地蔵山古墳■(じぞうやまこふん)

とんがらし山古墳とも呼ばれる。
◆場所:伊勢崎市五目牛町 ◆形式:帆立貝形墳 ◆墳長:約60m ◆後円部径:40m ◆後円部高さ:約3.6m
※地蔵山古墳群の多くは発掘調査されていますがこの古墳自体はまだ発掘調査されていないようです。

トンガラシ地蔵(地蔵山古墳群)の地図


初春〜春

▲ページTopへ

3月

春先の「トンガラシ地蔵」(南西から全景) 2007/3/18

3月

水温む春の「トンガラシ地蔵」(南東の粕川左岸堤防から全景)
5年前(↑)に比べると、山頂の松などが随分減りました。 2012/3/25


4月

ここ9年間、周囲の風景は変わりませんが、山頂の松の木が大分減りました 2016/4/29


4月

新緑の「トンガラシ地蔵」。萌黄色の新緑が優しい。 2007/4/22

初夏〜梅雨

▲ページTopへ

5月

この道を登れば、きっと待ってる秘密の山頂、少しの自然と抜群の見晴らし(南側から全景)。
2014/5/31


5月

いつも手入れが行き届いたラジコン飛行場の芝生 2014/5/31


6月

葱畑と入道雲、爽やかな空。梅雨の合間を縫った爽やかな一日。 2014/6/29


▲ページTopへ
9月

9月に入ったとは言え、まだまだ濃い緑が残るトンガラシ地蔵 2014/9/7


9月

秋になるとトンガラシ地蔵山の西は蕎麦の花で真っ白に埋まります。 2012/9/30


10月

稲刈りを終えた水田とトンガラシ地蔵(南西から全景) 2010/10/16


西側斜面で咲くコスモス 2010/10/11


地蔵山古墳の西側斜面で咲くコスモス(五目牛町)。左側の濃い緑は伊勢崎斎場。はるか後方に赤城山。2010/10/11

初冬〜冬

更新日:2013/12/9 ▲ページTopへ
 昨日の12月8日、小春日和の陽気に誘われてぶらりサイクリングに出かけ、散歩気分でトンガラシ地蔵に寄ってみると、きれいに耕され広々とした水田に囲まれて、伸びやかな風景。7年前からの画像と比較すると、山頂の樹木が徐々に減り、特に松は全滅状態で寂しい風景。松枯れ病にでもやられたのか、あるいは人の手で伐採されたのか分かりませんが、新たにナラやクヌギ、あるいはカエデなどの落葉樹が育ってくれるといいのですが。(2013/12/9 記)

12月

稲刈りを終え、稲の株も耕された水田に囲まれる、初冬のトンガラシ地蔵山 2013/12/8


12月

初冬のトンガラシ地蔵山。6年前(↓)に比べると山頂の樹木数が減ったようです。 2013/12/8


12月

紅葉のトンガラシ地蔵(南南西から全景) 2007/12/2


12月

北西の斎場の入り口近辺から全景 2006/12/2

12月

右側が「トンガラシ地蔵」 南東には別の円墳 2006/12/29




Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ