Go!伊勢崎 伊勢崎警察署庁舎移転新築事業  [ Home ]


建設中の建物や施設伊勢崎のコトなら何でも群馬県警察公式サイト

更新日:2011/2/14 写真下の日付は撮影日 
 伊勢崎警察署の庁舎が老朽化とスペースの狭隘化のために鹿島町に移転すると言う話を耳にしてから2年が経った2008年4月、現地には埋蔵文化財調査関連の事務所や工事案内の看板が建ち、掘削工事が始まりました。
 今年の年明けに現地でボーリング調査を行っていたので、そろそろ始まるのだろうかと気に掛けていましたが、いよいよ工事着手のようです。
 当サイトでは遺跡調査「遺跡名:南久保遺跡」から庁舎完成まで、調査や工事風景を紹介して参ります。(2008/4/23 記)

 →本体建築計画はこちら→履歴はこちら



▲ページTopへ
 2011/2/13

 工期を間近に控えた伊勢崎警察署庁舎建設現場では建物本体が完成し、敷地周囲の工事用の塀が外されていました。敷地内の駐車場の整備も終え、外構工事や植栽工事もほぼ終えたようです。移転後の業務開始は3月7日とのことです。
 高い建物が少ない伊勢崎市において、伊勢崎市民病院と同様に、周辺から目立つ建物の誕生です。
 
 (2011/2/14 記)

完成予想図 [ 拡大 ]

青空に映える新築なった伊勢崎警察署(建物の西面)
2011/2/13

建物の北東側(国道462号から)
2011/2/13


建物の東面(国道462号から)
2011/2/13

建物の南東側(国道462号から)
2011/2/13

建物の南面
2011/2/13

 2010/12/12

 工期を2ヵ月半後に控えた伊勢崎警察署庁舎建設現場では、レンガ模様の外壁パネルの取り付けを完了し、完成予想図と全く同じ形の建物が姿を現しています。
 建物内部では電気設備工事や機械設備工事、LAN設備工事が進行中です。工期は電気設備と機械設備が本体と同日の平成23年2月28日、LANが平成23年3月22日です。
 建物の北西側の農地では整地作業が行われています。(2010/12/15 記)

東面(国道462号側から)
2010/12/12

南面(国道462号側から)
2010/12/12

北面(伊勢崎北部環状線から)
2010/12/12

LAN設備工事
工期=平成23年3月22日

電気設備工事
工期=平成23年2月28日

機械設備工事
工期=平成23年2月28日


▲ページTopへ
 2010/10/3
 前回からたった一週間しか経っていませんが、いつもの休日のサイクリングを早めに切り上げ、のんびりと家路のペダルを踏みながら鹿島町を通りかかると、黄金色の稲田の向こうに建築中の伊勢崎警察署がニョッキリと。そのコントラストに興味をそそられ思わずカシャっと数枚撮影。完成後、周辺には徐々に色々な施設ができることと予想していますが、稲田に囲まれた風景もまた味わいがあります。(2010/10/7 記)

収穫を間近に控えた鹿島町の稲田と建築中の伊勢崎警察署
2010/10/3

外壁用PCパネルの取り付けも
間もなく完了のようです。
2010/10/3
 2010/9/25
 伊勢崎警察署庁舎建設現場では外壁用PCパネルの取り付けが更に進み、面によっては5階まで取り付けられました。当初建築計画によれば完成は今年の12月。残る工期は3ヶ月余りです。
 周辺を田畑に囲まれた現地に立つと、抜きん出て大きなその威容に圧倒され、早くも、庁舎完成後のこの地域周辺の今後の変貌を予感させます。(2010/10/1 記)

右側の壁が国道462号に面した正面(南東側から)
2010/9/25


週間スケジュール
5F外壁PCパネル取り付け
RFスラブコンクリート打設
(RF:Roof Floor:天井)
2010/9/25

北面の壁を北側から
2010/9/25

夕陽を受ける庁舎西側の壁
(北西側から)
2010/9/25
 2010/9/11

 前回の報告から1ヶ月に満たない現地では鉄骨建方を完了し、外壁のPCパネルの取り付けが進んでいます。
 完成予想図と同じレンガ色の壁材が取り付けられると、むき出しの鉄骨が防護ネットに覆われ、クレーン車やコンクリートポンプ車が動き回る建設現場においても、完成後の姿を現実的にイメージすることができ、現場の雰囲気が一挙に変わります。5,6階では床のコンクリート打設が行われています。
(2010/9/13 記)

東側の国道462号側から
2010/9/11



南東側から
2010/9/11

北西側から
2010/9/11

PC壁パネルの取り付けが進む
北側の壁面
2010/9/11

▲ページTopへ
 2010/8/16

 またまた前回から約2ヶ月振りの現地報告です。現地では第3節の鉄骨建方中で、フロア数は4〜6階、最終節です。
 国道462号側からの姿は工事用の高い塀に遮られてなかなか全体像が撮れませんが、北側の北部環状線側から見る姿はほぼ完成予想図の骨組みを見せています。
(2010/8/20 記)

北西側から 2010/8/16



北北東から 2010/8/16


南側から。左側の建物は倉庫棟。
2010/8/16

最終節(第3節)の鉄骨建方が進む伊勢崎警察署庁舎
北部環状線(北北西側)から
2010/8/16
 2010/6/20

 前回から約2ヶ月振りの現地では、第2節鉄骨建方を行っていました。
 フロア数は2階、3階のようです。

 鉄骨の「節」とは柱部材の継手(仕口(しぐち)と言います)と継手の間を言い、一般的には1節当たり2〜3フロア分です。最下層から立ちあがって来ますので、地中部がある当建物は第1節がB1と1階となっているようです。

(2010/6/22 記)

週間スケジュール


北側から 2010/6/20


南側から 2010/6/20

第2節の鉄骨建方を終了しつつある庁舎
2010/6/20

▲ページTopへ
 2010/4/24

 2ヶ月振りの現地の状況です。

 この間、何度か訪れていますが、地下部の工事だったので、なかなか変化のある画像をお伝えできず、省略しました。
 この日、庁舎棟では一節の鉄骨建方を終え、工程表案内板にはB1Fの鉄筋型枠工事、内部足場解体が予定されていました。
 倉庫棟は完成したようです。

(2010/4/27 記)

2010/4/24

庁舎棟では一節の鉄骨建方(たてかた)を終了しています
右後方は倉庫棟。右端は現場事務所。

2010/4/24

敷地南西に建つ倉庫棟

2010/4/24
2010/2/21
庁舎棟:二次掘削、捨てコン打設
倉庫棟:3F土間配筋、コンクリート打設、外壁ALC
車庫棟:屋根葺、土間配筋
(2010/2/27 記)

左:倉庫棟
手前:車庫棟

東側の国道462号から
左:車庫棟
正面:倉庫棟

週間スケジュール
 2009/12/12
 建設現場の入口脇の塀に完成予想図の案内板が取り付けられていました。褐色のレンガ張りの落ち着いた雰囲気の建物です。また、敷地南端部では擁壁に沿って型枠や足場が組まれています。敷地内部でも建設重機が作業を行っていましたが、細かい作業状況は不明です。
(2009/12/15 記)

現場事務所入口に立つ
建設会社のフラグ

敷地南端部で
擁壁に沿って組まれた型枠や足場

国道462号(右側)沿いの塀
 2009/11/29
 10月末に現場事務所が建った以降、現場では目立つ動きを確認できなかったのですが、11月末、現場に杭打ち機が設置され、附属棟では杭打設、庁舎棟ではディープウェル工事が始まっていました。また現場を囲むフェンスには工事案内の看板が貼られ、塀の上には請負企業のフラグが勢揃いし、風にそよいでいました。(2009/12/3 記)

敷地南西に立つ杭打機
後方には華蔵寺公園の観覧車
2009/11/29

2009/11/29

勢揃いした請負企業のフラグ
2009/11/29

作業予定表
附属棟:杭打設
庁舎棟:ディープウェル工事
2009/11/29




ディープウェル工事とは(Wikipedia)

▲ページTopへ
 2009/10/25〜2009/10/31、現場では新たな動きが始まりました。敷地北端部の整地が行われ、現場事務所が建ちました。いよいよ本体工事の着工のようです。国道462号側に立つ建築計画によれば工期は平成21年9〜平成22年12月です。(2009/11/7 記)

建築計画

記述内容はこちらに掲載
2009/10/25


南側の擁壁
2009/10/25

2009/10/31


南東端から
2009/10/25

敷地北端部に立つ現場事務所
2009/10/31



敷地北端部で行われた整地
2009/10/25
 2009/1/18、昨年5月頃に埋蔵文化財調査を終えた現地ではしばらく動きがなかったものの、秋ごろから造成工事が始まり、現在では周囲を囲むRC擁壁がほぼ完成し、一部覆土も始まっています。
 造成工事の工期は2009/3/31です。

敷地の南東側から
後方に華蔵寺公園の観覧車



用地北側の擁壁

用地南側の擁壁の内側
(内側は型枠が外されていました)
現場打ちコンクリートです。


用地南側の擁壁の外側
(外側はまだ型枠が残っています)

右(東)側は国道462


伊勢崎警察著移転用地造成工事


工事案内

伊勢崎警察著移転用地造成工事
請負金額:30,964,500円
工期:H20/9/11〜H21/3/31


▲ページTopへ
 2008/5/24、前回から3週間振りの現地報告です。この間、東側に接する国道462号は仕事の外出中に車で何回も通っていて、その度に埋文調査の様子を気に掛けていたのですが、なかなか車を停めてカメラを向ける時間もなく過ぎてしまいました。
 中央の区画は埋め戻しを終え、北側の区画も埋め戻し中でした。
 南側区画の調査後の撮影は間に合いましたが、北側区画はその機会を逸してしまいました。(2008/5/29 記)

調査を終えた南側の区画

埋め戻し作業中の北側の区画

埋め戻し作業中の北側の区画
 2008/5/3、前回から約2週間後の現地では埋文調査が進み、遺構らしき形が現れていました。

南側の区画

中央の区画


中央の区画

北側の区画
 2008/4/20、埋蔵文化財遺跡発掘工事現場の様子です。日曜日のため作業は休みでした。

北側の区画(国道462号から)


群馬県埋蔵文化財調査事業団の
現場事務所

南側の区画(国道462号から)



敷地南側(西の水田から)



中央の区画(国道462号から)



敷地北側(西の水田から)



埋蔵文化財調査の看板

建築計画




建造物の名称 伊勢崎警察署新築工事
敷地面積 14,413m2
建築面積 3284.88m2
延べ面積 11988.12m2
構造 鉄骨造
高さ 29.7m
階数 地上6階、地下1階
着工予定 平成21年9月
完了予定 平成22年12月

■ 履 歴 ■



・伊勢崎警察署庁舎新築工事(2009/10/15〜2011/2/28)
 施工:佐田・上柿・小島特定建設工事共同企業体

・伊勢崎警察署庁舎移転用地造成工事(2008/9/1〜2009/3/31)
 施工:加藤建設興業(株) 監理:群馬県警察本部

・伊勢崎警察署庁舎移転新築事業関連「南久保遺跡埋蔵文化財遺跡掘削工事」(2008/4/1〜2008/5/20)
 施工:山下工業(株) 発注:群馬県埋蔵文化財調査事業団






▲ページTopへ