赤堀自然里山クラブ [ 赤堀自然里山クラブ・イベントIndex ]  [ Home ]




赤堀自然里山クラブ

峯岸山 刈り払い 実施レポート

(写真:赤堀自然里山クラブ会長の下村さん)
掲載日:2020/2/2
 先日、赤堀自然里山クラブ会長の下村さんから、1月26日(日)に行われた峯岸山の刈り払いの様子を伝える写真が届きましたので、ここに紹介します。

 この日の刈り払いに参加したのは、ボランティア参加者11名(うち、子供一人)と会員参加者13名の合計24名
 刈り払い機で下草を刈り取り、チェーンソーで枯れた樹木を伐採し、山全体が綺麗サッパリと手入れされました。今回は山の北端部まで刈り払いを終え、全体の半分くらいまで終われば良いとしていた主催者も、望外の喜びだったよう。個人の刈り取り機を持参するなど、機械の数が例年よりも多かったことと、参加者のパワーパワフルで手際よい仕事ぶりが大きな力となったようです。

 予定の11時30分に作業を終えた後は、いよいよお楽しみの昼食。主に会員の女性部隊が腕によりをかけて作った昼食です。メニューは・・・
 鮭、サンショウ等のおにぎり3種・・・昼食に合わせて炊き上げたホカホカのご飯です。
 豚汁、里イモとコンニャクの煮っころがし、ほうれん草のお浸し、大根の酢漬け等々。

 ひと汗かき、達成感と充実感に、そして何よりも春を待つ里山に包まれての食事は格別だったようで、皆さんから次々に手が伸びて、用意した料理は全て完食だったとのこと。

 余談ですが、峯岸山の北端部まで刈り払いを終えたことに対して、峯岸山ラブの私も今年はある期待を抱いています。当サイトでも何度か紹介しましたが、北端部付近ではここ数年ある植物が数十株芽を出していながら、花芽を付けずに終えています。その原因は不明ですが、その植物を超える背丈のシノ竹等の下草が繁茂していること、空を覆いつくす量の樹木があって日射量が少ないことも一因と考えています。今回の刈り払いで下草は綺麗に刈り払いされ、また、昨年ごろから進んでいた道路工事に伴って、道路沿いの巨木が数本伐採されて、日光も入るようになりました。
 里山を保全するには、下草の刈り払いと多過ぎる樹木の伐採が必要と言われています。今年は花芽をつけて、開花に至るでしょうか。まだまだ峯岸山行脚が続きそうです。(2020/2/2 記)

刈り払い機で下草刈り


南端部付近を刈り払い 2020/1/26

中央付近を刈り払い 2020/1/26

中央山頂付近を刈り払い 2020/1/26

天幕川沿い斜面を刈り払い 2020/1/26

作業中に飛散した木や石がぶつからないよう、お互いに距離を空けて作業します 2020/1/26

上と同じく、安全のため、お互いが距離を空けます 2020/1/26

山の北端部付近を刈り払い 2020/1/26

▲ページTopへ

枯れた樹木を伐採


枯れた樹木を伐採し一ヶ所に集めます 2020/1/26

このままベンチになりそうな枯れ木 2020/1/26

伐採された枯れた樹木 2020/1/26

伐採した枝 2020/1/26

こちらもこのままでベンチになりそう 2020/1/26

一ヶ所に集めます 2020/1/26

これは腐葉土の材料でしょうか?それともカブトムシ幼虫の棲み処用でしょうか。 2020/1/26

仕事を終えて身体も心もほっこり

▲ページTopへ
 予定通りの11時30分に作業を終えた後は、いよいよお楽しみの昼食。主に会員の女性部隊が腕によりをかけて作った昼食です。メニューは・・・
 鮭、サンショウ等のおにぎり3種・・・昼食に合わせて炊き上げたホカホカのご飯です。
 豚汁、里イモとコンニャクの煮っころがし、ほうれん草のお浸し、大根の酢漬け等々。
 ひと汗かき、達成感と充実感に包まれての食事は格別だったようで、皆さんから次々に手が伸びて、用意した食事は全て完食だったとのこと。

昼食の準備・女性部隊が活躍 2020/1/26

みんな揃っていただきま~す 2020/1/26

里山コンサートの観覧席がちょうどいい野外食堂になりました 2020/1/26

きれいに刈り込まれた峯岸山 作業翌日

▲ページTopへ
 今年の刈り払いは、山の北端部まできれいに行われました。
 峯岸山の北端部まで刈り払いを終えたことに対して、峯岸山ラブの私も今年はある期待を抱いています。当サイトでも何度か紹介しましたが、北端部付近ではここ数年ある植物が数十株芽を出していながら、花芽を付けずに終えています。その原因は不明ですが、その植物を超える背丈のシノ竹等の下草が繁茂していること、空を覆いつくす量の樹木があって日射量が少ないことも一因と考えています。今回の刈り払いで下草は綺麗に刈り払いされ、また、昨年ごろから進んでいた道路工事に伴って、道路沿いの巨木が数本伐採されて、日光も入るようになりました。
 里山を保全するには、下草の刈り払いと多過ぎる樹木の伐採が必要と言われています。今年は花芽をつけて、開花に至るでしょうか。まだまだ峯岸山行脚が続きそうです。(2020/2/2 記)

きれいに刈り払いされた峯岸山斜面 2020/1/27

峯岸山北端部付近の下草もきれいに刈り払いされました 2020/1/27

伐採された大きな枯れ木 2020/1/27

伐採された大きな枯れ木 2020/1/27

きれいに刈り払いされた西側斜面 2020/1/27

古墳の山頂から南方。いい眺めです。 2020/1/27


赤堀自然里山クラブから

刈り払いボランティアのお願い

掲載日:2020/1/4 ▲ページTopへ
赤堀自然里山クラブ(会長 下村玲子さん)から、峯岸山の刈り払いボランティア募集の案内が届きました。
 峯岸山の雑木林は、すっかり葉が落ちて山の奥の方まで見渡せるようになりました。天気の良い日は、林立する木々とその間から見える空とが、別世界に行ったような素晴らしい景色を見せてくれます。
 峯岸山はこの時期に笹を刈り取ることで、草花の芽を傷つけず春の花を楽しみに待つことができます。しかし、今年の作業は1.6ヘクタールある面積の半分ほどは進みましたが、会員だけでは間に合わない状況です。

 どうか、皆様の‘力’をお貸しください。
  一汗かいた後は、温かいもので身も心もほっこりしていただこうと、あれこれ考えています。皆様の参加をお待ちしています。
  • 実施日 令和2年126日(
          悪天時  令和2年2月2日(日)
  • 場 所 赤堀峯岸山自然体験の森
    小菊の里(磯沼)から蓮園の方に下り、右折し北上すると右手に里山(峯岸山)が見えます。
  • 時 間 午前8時30~午前11時30分。
          11時30分~12時30分までお楽しみ会
  • 主 催  赤堀自然里山クラブ
  • 問合せ先 赤堀自然里山クラブ
    会長 下村さん TEL:080-1209-3124
  • 身支度 作業しやすい服装、帽子、手袋、飲み物。
  • 作業内容 刈払い、枝拾い、倒木整理など
    重い作業から軽作業まで、無理のないよう、できることをお願いします。刈り払い機、のこぎり、その他の用具がある方はお持ちください。

峰岸山と赤城山 2008/1/14




Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ