Go!伊勢崎 連取中央公園 [ 公園一覧 ]  [ Home ]



連取中央公園

(伊勢崎市連取本町地内)
住宅地内の緑のオアシス
更新日:2022/7/20、掲載日:2006/10/10 画像の日付は撮影日
 この公園はちょっとアートな雰囲気が漂っています。場所は宮郷第二小学校のすぐ東、イトーヨーカドーの少し西にあります。特徴は・・・

■モニュメントのようなオブジェのようなユニークなものが随所に配置され、大人も子供もちょっとファンタジック世界に誘ってくれます。公園の製作者の個性や意図が感じられて、楽しくなります。
■公園の外回りに変わった石積みが施されていて、らせん状の小山になっていたり、木の土台になっています。この形状と作った意図は「謎」です。
■元々平坦地だった場所ですが、起伏を作って立体的変化があります。真っ平らな公園より、少し起伏があった方が飛び跳ねたり散策したりの気持ちを刺激してくれます。(2006/10/10 記)


連取中央公園の地図(Google Map)

住宅地内の緑のオアシス 2022/7/11

掲載日:2022/7/20 ▲ページTopへ
 久々に訪れた連取中央公園。東側を南北に走る道路は時々車で通過しますが、時間に拘束されないブラリサイクリングと違って、なかなか車を停めて園内に入ることはありません。

 2022年の今年、関東甲信地方の梅雨明けは異常に早くて6月27日。その前後は猛暑日が続き降雨も少な目。「今年は空っ梅雨で早い梅雨明け、しかも猛暑日が多い」・・・と連日の猛暑を覚悟していたところ、何てことはない、梅雨が戻り、天気も曇りか雨がち、カンカン照りの晴天日がなかなか訪れません。

 使い始めたエアコンも出番が減り、エコ的には歓迎すべきことですが、問題は、曇り空を背景にした戸外の風景写真が暗い雰囲気になってしまうこと。夕焼けや朝焼け、あるいは暗いシーンを狙った場合は別として、戸外の風景は青空が似合います。
 そんな2022年の7月上旬、久々に晴れ間が見えた11日、ここぞとばかりに愛車のMBに跨って伊勢崎の西部地区へ。商業施設の進出や撤退など、常に話題が多い西部地区。一回りすれば必ず何かが引っ掛かります。

 連取中央公園は、商業施設が集積する西部モールから南東方向に少し離れた住宅地内。西側には伊勢崎市立宮郷第二小学校があります。西部モールから少し離れているとは言え、伊勢崎市の西部土地区画整理事業内なので、道路や街区がよく整備され、沿道には元イトーヨーカドー(メガセンタートライアルとして10月オープン予定)やシャトレーゼ、セイムス、西松屋、ABCマート、クスリのアオキ、ドミノピザ、アベイル、シャンブル、業務スーパー等々、全国チェーン店が出店しています。
 
 区画整理され、沿道には商業施設が並んだ住宅地内にある連取中央公園。久々に訪れて驚いたのが、緑の量が増えたこと。それぞれの樹木が大きく育ち、隣り合う樹木と重なり、林のような風情を見せてくれました。
 7月11日の伊勢崎市の最高気温は35.6度。炎天下、日陰を探しながらペダルを踏み続けて到着したため、木陰に覆われたこの風景が如何にも涼しそうで、砂漠で見つけたオアシスのような存在。木陰のベンチに座り、持参した冷たいドリンクを飲んで一休みし、エネルギー補給ができました。
 灼けるような日差しを木々が遮り、地面は草に覆われて反射熱を受けず、周辺道路上に比べれば数度は低かったように思います。住宅地内の緑のオアシス、連取中央公園でした。(2022/7/20)


なだらかな起伏、園全体の地面を覆う芝生、林状に成長した樹木 2022/7/11

大木が木陰をつくり、一休みを誘います 2022/7/11

大きく育った樹木が重なり、地面は草に覆われて広々として涼しそうな風景です 2022/7/11

2022/7/11

2022/7/11

2022/7/11

2022/7/11

▲ページTopへ

起伏のある園内・変化があって楽しい 2006/10/7

中央東寄りにあるパーゴラ。
表面にはカラフルなレンガが貼ってあって、ちょっとガウディ調?石の椅子が2つ
2006/10/7

新緑の公園 2007/5/12

新緑の公園 2007/5/12

公園の南と東側の円座状石積み 2006/10/7



▲ページTopへ