ジャワ更紗 & 更紗もよう銘仙展 [ 伊勢崎銘仙・全体案内 ]  [ Home ]





ジャワ更紗更紗もよう銘仙展

2015年7月4日()〜7月26日(

掲載日:2015/7/9
 いせさき明治館で、「ジャワ更紗更紗もよう銘仙展」が始まりました。会期は7月4日()から7月26日(の約3週間。
 ジャワ更紗(さらさ)(バティック(Batik))は、インドネシアのジャワ島やバリ島、ロンボク島などの島々において、綿の布地にろうけつ染めで後染めしたもの。2009年10月2日にはユネスコの無形文化遺産に認定されています。今回、「インドネシアの布地研究会・”クンプル”」代表の城田杏子(しろた きょうこ)さん(群馬県太田市出身、東京都在住)の協力を得て、ジャワ更紗の布地30点と更紗柄のアンティーク伊勢崎銘仙が展示されています。
 ろうけつ染めは、布の模様部分に蝋を置いて防染し、染色した後でロウを落として水洗いする伝統的な染色法(後染め)。綿地と絹地、後染めと先染めと異なりながら、柄で共通点を見出したインドネシアと日本の布地。二つの伝統的な布文化のコラボレーション、この機会に訪れてみてはいかがでしょうか。(2015/7/9 記)
いせさき明治館」(伊勢崎市曲輪(くるわ)町)
開館時間=10時〜17時。月・火曜日休館。入館無料。TEL 0270-40-6885

▲ページTopへ

1階玄関室と洋間


(1)

(2)

(3)

(4)


(5)

▲ページTopへ

1階和室と2階ホール


(6)


(8)

(7)


(9)



▲ページTopへ

2階和室


(10)



(11)

(12)右端はインドネシアの正装のドレス

(13)

▲ページTopへ

(14)


▲ページTopへ

ジャワ更紗製造に使用された道具

ロウを布に型押しする道具

チャップ(canting cap)



手書きでロウを置く道具

チャンティン(canting tulis)




▲ページTopへ

ジャワ更紗に描かれている柄


p1

p3

p5

p7

p9

p2

p4

p6

p8

p10




▲ページTopへ