Go!伊勢崎 あずまコスモスまつり [イベント一覧]   [ Home ]

あずまコスモスまつり

2016年2013年2012年〜2010年2009年〜2006年 [ google地図 ]
更新日:2016/10/17
 「あずまコスモスまつり」は旧・群馬県佐波郡東(あずま)村の小泉稲荷大鳥居の周辺で毎年10月中旬に行われます。
 この辺の休耕田を利用してコスモスを咲かせるようになったのはいつの頃からだったでしょうか。大鳥居をくぐる道路を通るたびに「お〜、今年も咲いている!」と感激し、車のスピードがついついゆっくりとなります。
 初めて気が付いた数年前に比べ、今ではその範囲が広くなり、見渡す限り色とりどりのコスモスの花で埋まっています。まつりでは幟が立ち、テントが張られ、露店も並び、臨時駐車場も作られ、見晴台も作られます。爽やかな秋の気候の下でコスモスに囲まれて癒しの時間を過ごすことができます。
 ピンク、白、紫、えんじの混合の畑と、オレンジ色一色の畑が分かれていて、遠めに目を引くのはオレンジ一色ですが、変化があって楽しいのは色々な色が混じった畑でしょうか。(2006/10/14 記)




● コスモス・2016年 ●

掲載日:2016/10/17 ▲ページTopへ
 例年、いくつかの大きなイベントが重なる伊勢崎市の10月中旬の土日。2016年の今年は燈華会(とうかえ)と千本木神社秋祭り(龍頭神舞)、赤堀・小菊の里まつり、絣の里・交流まつり、そしてここ、あずまコスモスまつり。今年は更に伊勢崎駅前広場で伊勢崎商工会議所創立70周年記念・軽トラ市も開催され、全部で6つのイベントが重なりました。
 移動手段はサイクリングと言う鉄則を曲げずに、できるだけたくさんの場所を訪れる計画を実行した年もありますが、今年は我が家の大切な用事も重なったので、その合間を縫ってのイベント巡り。
 ここあずまコスモスにはイベント前日の15日にお邪魔しました。会場にはテントも張られてまつりの準備万端整った様子。秋晴れに恵まれ、会場には多くの見学者が訪れていました。駐車場や道路には県外ナンバーの車も停まり、中には名古屋ナンバーの車も。数日前に民法テレビで紹介されたようなので、その効果でしょうか。(2016/10/17 記)

小泉のコスモス畑。2016/10/15(2分35秒)


畑を埋める満開のコスモス 2016/10/15


ピコティ 2016/10/15


イエローガーデン 2016/10/15


シーシェル 2016/10/15

レッドベルサイユ 2016/10/15

オレンジ色のコスモスと小泉稲荷の大鳥居 2016/10/15

● コスモス・2013年 ●

掲載日:2013/10/22 ▲ページTopへ
 2013年の「あずまコスモスまつり」は10月19日、20日。例年、コスモスまつりの日は伊勢崎市内はイベント盛りだくさん。そんな中で、「あずまコスモス」や「小菊の里」など、当日以外でも見ることができる花のイベントは、皆さんに紹介しておきながら、自分のスケジュールからは外してしまうことがしばしばです。
 そんな申し訳ない気持ちが手伝って、今年は19日に開催された「東武伊勢崎線高架橋・完成記念イベント」に出かけた後、こちらに回ってみました。車でビュ〜ンと移動してしまえば僅か15分程度の距離ですが、そこは譲れないサイクリング移動。イベントは大方終了し、鮎の塩焼きや焼き饅頭など、いくつかの食べ物屋さんが、最後のお客さんに声を掛けていましたが、超メタボの私は食べ物屋さんの前を素通りして、コスモス見物(偉い?)。

 ・・・ところが、あれれ?今年のコスモスは例年とちょっと様子が違う?え、何で?何が違う?
 原因は単純なことでした。単に開花が峠を越していて、葉っぱの緑が目立ったためでした。それと、コシロノセンダングサなど雑草の量も例年より多目だったようです。前回訪れた9月29日にはまだ随分と早かったので、イベント頃がちょうど適期と予想していましたが、予想よりちょっと早めだったようです。そう言えば、今年の10月は全国で観測史上最も遅い真夏日を記録した年。そんな異常気象も影響したかも知れません。
 
 そんな訳で、今年は花全体の撮影はほどほどにして、変わり種のコスモスを探して撮ってみました。探して気が付いたのが、結構たくさん見つかる変わり種コスモス。縁取りがあったり、花弁周囲がギザギザだったり、中心から星型に、あるいは花火のように白い筋が付いたものなど、実に様々な色や形のコスモスが見つかりました。今年、敢えてこれらの品種を植えたのか、過去においても咲いていたのを単に見過ごしていたのか、さてどちらなんでしょう。当ページに掲載した過去7年分のコスモスを確認しましたが、その中には変わり種はひとつもありませんでした。
 そんな新視点での2013年のあずまコスモス、いかがでしょうか。(2013/10/22 記)

真っ白にワインレッドの細い線の縁取り。気品あふれます。 2013/10/19

丸い花弁に中心から放射状の白線
2013/10/19



華やかな縁取り
2013/10/19



2013/10/19

クリムゾン色の花弁に白く滲んだ放射線 2013/10/19


十字形の花弁が2段に重なる清楚なコスモス。サクラのよう。 2013/10/19

▲ページTopへ


花弁の縁が鋸状のシャープなコスモス。美しい。 2013/10/19

白抜きがクッキリ。整った形の花弁
2013/10/19


2013/10/19


花弁が複雑、中心部のピンクも濃い?
2013/10/19

放射状の白い線が、濃い桜色の花弁に滲むように広がります。 2013/10/19



普通のコスモスに混じって咲く、細い花弁の縁取りのある洒落たコスモス
2013/10/19

▲ページTopへ

ワインレッドの花弁に白が滲む、ちょっと妖艶な感じが漂うコスモス。 2013/10/19
そして、こちらは、いつものコスモスたち

2013/10/19



2013/10/19

2013/10/19


小泉稲荷の大鳥居と一緒に。咲き終えたコスモスも見てあげてください。
2013/10/19

掲載日:2013/10/4 ▲ページTopへ
 2013年9月29日、一足早い小泉稲荷・大鳥居周辺のコスモス畑のレポートです。
 この日、主に鳥居の東方の畑で少し咲き始めていて、遠目には畑全体が淡いピンク色に塗り替わり、それなりに楽しむことができました。それを見越してか、早くも見学目的で訪れた人がチラホラと見受けられ、コスモス畑の中に入って写真を撮ったり眺めるなどしていました。
 満開時期に圧倒的な量のコスモスが咲く風景も圧巻ですが、咲き始めの遠慮がちな風景もまたいいものです。この日、たまたま斑入りのコスモス二色のコスモスを見つけて、ちょっと幸運気分でした。コスモス畑を紹介して8年目。こんなにハッキリした2色のコスモスと斑入りのコスモスを見たのは初めてです。今年のコスモスまつりは10月19日、20日の2日間です。きっとその頃には見ごろを迎えることでしょう。
 (2013/10/4 記)


白とピンクの2色のコスモス。珍しい。 2013/9/29

小泉稲荷大鳥居の下でもチラホラと 2013/9/29


お馴染のピンクとワインレッドのコスモス
2013/9/29

こちらはワインレッドに白い斑入り、これまた珍しい。
2013/9/29


小泉稲荷大鳥居の東方の畑では早くもそれなりに
2013/9/29



Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ