群馬デスティネーションキャンペーン(群馬DC)関連イベント [ 建造物遺産 ]  [ Home ]


C6120雄姿再び!

 C6120復活、伊勢崎市内を走る鉄道・Index
C6120雄姿再び!C6120~ついにさよなら・搬出直前~C6120凱旋記念セレモニー伊勢崎を走る電車

高崎駅を出発|間もなく水上駅へ到着水上駅の転車台で方向転換・出発に向けて整備



高崎駅を出発

掲載日:2011/6/23 画像下の日付は撮影日
 36年間もの長い間、伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地に展示されて人々を楽しませてくれたC6120。
 2010/1/19の深夜、大宮総合車両センターへ向けて旅立ち、修復作業が行われて、再びその雄姿を私たちの前に見せてくれました。
 今年(2011年)の4月からは上越線高崎―水上間試運転が行われ、6月4日(土)からは同区間で営業運転も開始されました。

 私は6月19日(日)、高崎駅から発車するC6120を見送り、その後、関越道で水上へ向かい、駅手前の利根川脇を通過する姿をとらえ、水上駅の転車台(ターンテーブル)で方向転換する姿や整備中の姿を追いかけてみました。

華蔵寺公園にいた頃のC6120
2010/1/8
 実は、このような効率のよいスケジュールを自分で組める訳がなく、友人のふるさとさんにおんぶにダッコでお任せしてのSL行脚でした。
 我が家のすぐ前にある華蔵寺公園。そこで見なれたC6120の走る姿を再び目にした事、我が子の凱旋里帰りを見るような思いでした。(2011/6/23 記)

→プリンス・C61形蒸気機関車 ~ついにさよなら・搬出直前(華蔵寺公園遊園地)~
<JR東日本発表の運転予定表>
■運転日:2011(平成23)年6月の土日。 6/4、6/5、6/11、6/12、6/18、6/19、6/25、6/26
■編成:C6120+旧型客車6輌
■運転区間:上越線 高崎―水上間 各日1往復
■運転時刻
【下り】 高崎 9:56→新前橋(10:09~10:14)→渋川(10:34~11:02)→沼田(11:30~11:35)→後閑(11:43~11:44)→水上12:04
【上り】 水上15:20→後閑(15:38~15:39)→沼田(15:47~15:53)→渋川(16:22~16:45)→新前橋(17:05~17:08)→高崎17:20


高崎駅を出発するC6120
2011/6/19



高崎駅の出発ホームに向かうC6120
2011/6/19


高崎駅で黒い煙を巻き上げるC6120。
存在をアピールしているかのようでした

水上駅へ向けて出発~!


昔懐かしい客車


水上駅へ向けて高崎駅を出発したC6120の後ろ姿。ちゃんと到着しろよ~!
2011/6/19



▲ページTopへ

C6120、間もなく水上駅へ到着

 水上駅の手前では上越線は利根川の谷合を走ります。周辺の沿道や橋の上では既に大勢の鉄道ファンが大きなカメラを三脚に据えて待ち構えています。
 私とふるさとさんは彼らを脇目に適当な場所を探します。この場所探しも下見と運と工夫との産物。「ここがいい!」と思った場所でも、他の人の邪魔になったり、「ここぞ」と言う場所は既に隙間なく人がいたり、やっと探すと足場が悪かったり、そんな中で上り線と下り線が隣り合ういい場所を見つけ、しかも大きなススキが伸びていて、体一つをちょうど隠すことができて他の人の邪魔にもならず、安心して待つことに。ふるさとさんはもう少し駅よりの線路脇で待機。
 蛇が出てきたらどうしようと思いながらじっと一人で待つこと40分。ススキに囲まれ、斜めの地面に合わせて捩じった身体がちょっと固まり始める頃、遠くからモクモクと黒煙を上げるC6120の姿が見えました。
 「みんな~、やって来たぞ~!」と言わんばかりに大きな汽笛を上げ、その存在を最大限にアピールし、私のアドレナリンの分泌も最高潮に。でも興奮していてはシャッターを押せないので、操作だけは落ち着いて・・・(2011/6/23 記)


カーブに差し掛かり、頭の部分と客車の姿を捉えることができました。
いい煙を出しています。
2011/6/19



頑張れ、プリンス!
2011/6/19


アッと言う間に通過し、後ろ姿がなぜか寂しい
2011/6/19


待機中に通過した湘南型電車
2011/6/23





▲ページTopへ

水上駅の転車台で方向転換し、出発に向けて整備するC6120

 水上駅へ到着したC6120は、高崎へ戻るまでの3時間16分を水上駅で過ごします。その間、転車台で180度方向転換し、出発に向けて整備を行います。その間の様子を見学できるスペースが用意され、大勢の鉄道ファンたちがその様子を見守っていました。
 ところで、ふる里の華蔵寺公園がある伊勢崎市(両毛線・伊勢崎駅)へ里帰りできない理由は、両毛線にはこの転車台(ターンテーブル)がないためと聞きました。伊勢崎駅から後ろ向きに戻って行くのも可哀そうなので、残念ながら仕方がありません。(2011/6/23 記)


転車台で回転を終えたC6120と
取り囲む大勢の鉄道ファン。
2011/6/19


高崎方向へ向きを変えたC6120は一旦後方へ退避。
2011/6/19


出番を終えた転車台
2011/6/19


整備ヤードへ入って来ました。
鉄道ファンがすぐ近くで見学できるように整備されています。
2011/6/19



整備されるC6120
2011/6/19



整備中のC6120
2011/6/19



ご近所の方でしょうか。
木陰に仲良く3人で座って見物
2011/6/19





▲ページTopへ