Go!伊勢崎 上毛電鉄    [ Home ]



上毛電鉄

 C6120復活や伊勢崎市内を走る鉄道・Index
C6120雄姿再び!C6120〜ついにさよなら・搬出直前〜C6120凱旋記念セレモニーJR両毛線の電車東武伊勢崎線の電車上毛電気鉄道の電車JR両毛線高架化工事東武伊勢崎線高架化工事新伊勢崎駅木造駅舎

掲載日:2016/5/18 ▲ページTopへ

上野・女淵城跡の脇を走る上電

 NHK総合テレビの「ほっとぐんま640」で時々取り上げられる上毛電鉄。七夕やクリスマスなど、季節に応じた特別電車の社内の様子が流れ、そのローカル線色たっぷりでアットホームな雰囲気が、いつか乗ってみたいと思う気持を誘います。伊勢崎の自宅から、上毛電鉄を横切ってさらに北上し、赤城山南麓の田園地帯をサイクリングすることは時々行っても、電車に乗ったことは過去に多分1,2回程度。その記憶さえおぼろです。
 友人の中には、上毛電鉄の一日乗降自由な特別切符を利用して、日がな行ったり来たりしている人もいて、「自分もいつか」と思いつつ、なかなか実現していません。
 そんな思いを抱く上毛電鉄。先月4月24日、周辺をサイクリングして女淵城跡を訪れて園内を散策していると、突然「カンカンカンカン」と踏切の遮断機の音。しばらく待っていると上毛電鉄が通過。「撮り鉄」でもないのですが、ついついカメラを向けてしまいます。予想外に本数もあるようで、園内でのんびり過ごしていると、またまたやって来ます。いつか、桜や菜の花が見ごろの時にでも撮りに来てみようか、などと思いました。(2014/10/8 記)


女淵城跡公園の北西側を通過する上毛電鉄 2016/4/24


女淵城跡公園の北側を通過する上毛電鉄 2016/4/24

掲載日:2014/10/8 ▲ページTopへ

上泉駅を発車する上電

 2014年9月14日(日)、家で昼食をとりながら、「今日はどっち方面にサイクリングしようかなぁ・・・」と思案していると、カミさんが、前橋市上泉町の「食の駅・Farmdo」に行きたいと言います。「えっ?!午後はサイクリングだよ!」と言うと、「サイクリングで行く!」との返事。当サイト開設頃、サイクリングに何度か誘ったことがあり、数回は付いて来たのですが、距離が長過ぎたせいか「もう絶対に行かないっ!」とすこぶる不評だったので、今回もどうせ冗談と思っていたところ、どうやら本気の様子。前橋市上泉町の「食の駅・Farmdo」までは我が家から往復でざっと30km。私は土日には40km〜50km走るので大歓迎ですが、何か不安。カミさん、そんな心配を余所にさっさと支度しているので、「それじゃ、行ける所まで行ってみるか」と出発。途中、田園や荒砥川沿い、昔からの集落を走り抜け、無事に到着。到着すると、カミサン買い物スイッチが入ってしまったようで、夢中です。「おいおい、いっぱい買ったってリュックで背負って帰るんだよ」。出発前には確か乾燥海産物の味噌汁パックを買うだけと言ってたのですが。ハァ〜・・・(ため息)。カミさんをサイクリングに誘うには、やっぱり「馬にニンジン」のようです。

 ・・・などと余談はさておいて、「食の駅・Farmdo」の南側には上毛電鉄が走っていて、サイクリング中、結構な頻度で電車に遭遇します。撮り鉄でもないのですが、近くで会うとやっぱりカメラを向けてしまいます。上電の車両は、夕方のNHK前橋局のテレビなどでもたまに登場しますが、残念なことに乗車したことは過去数回しかありません。電車は数両編成で可愛らしく、駅舎も多くが無人駅で、走り抜ける風景もほぼ田園地帯で、いつかゆっくり、のんびりと乗ってみたい電車です。(2014/10/8 記)

2014/9/14


上泉駅(前橋市上泉町281)を
シルバーのボディに真っ赤なフロント
の2両編成の電車が通過

2014/9/14

「食の駅・Farmdo」近くの踏切を通過する上電


2014/9/14

上泉駅を通り過ぎ、「食の駅・Farmdo」
の近くへ来ると、今度はフロントが
黄色い電車が通過しました。

時刻表を調べると1時間に2本、
多い時には3本走っています。

2014/9/14


新屋駅と粕川駅との間の踏切(群馬県道102号・三夜沢国定停車場線)を通過する上電 2012/10/8




Site view counter since 2006/9/17


▲ページTopへ