Go!伊勢崎 千代田工業旧本社工場跡地、パナホーム・シティ伊勢崎駅前 [ 建設中の建物や施設 ]  [ Home ]




千代田工業旧本社工場、その後・・・

パナホーム・シティ伊勢崎駅前

パナホーム・シティ伊勢崎駅前解体・整地工事解体前
更新日:2017/3/24 写真下の日付は撮影日
 いせさき新聞の2015年8月7日号で紹介された千代田工業旧本社伊勢崎工場の閉鎖。同社は既に2015年4月、太田市沖野の新太田本社工場で稼働開始し、旧工場は解体後売却を検討しているとのこと。
 伊勢崎駅北口から240mの距離に広がる13,860平米の工場敷地。駐車場や千代田会館の敷地を合わせると18,870平米の敷地。2015年12月に入った頃から解体工事用足場が組まれ、解体作業が始まりました。
 解体後の跡地利用については、いくつかのオファーがあるようですが、取りあえず、解体から整地状況までをレポートします。(2016/1/9 記)

 跡地は住宅地「パナホーム・シティ伊勢崎駅前」となり、第1期〜第2期に分けて分譲するとのことです。適宜紹介してまいります。(2016/8/7 記)


千代田工業旧本社工場の位置図




パナホーム・シティ伊勢崎駅前

総区画数:77区画

掲載日:2017/3/24 ▲ページTopへ

第3期以降分、東西にフェンス。東側は将来を見込んで退避/2017年3月23日


シティセンターのシンボルツリー

 第3期以降分の街区工事が進む「パナホーム・シティ伊勢崎駅前」。3月23日時点で、区画道路の整備、電柱設置、東西の公道側のフェンス設置と植栽、同街灯設置、シティセンターのシンボルツリー植栽等を完了し、整備を終えた様子です。
 シティを囲むフェンス、天然石を乱貼りした入り口の塀や区画境界の柱、アンティークな街灯、シンボルツリーの存在、こげ茶色の電柱等、街区全体が統一的にデザインされ、高級住宅地の出現を思わせます。

 シティ東側の公道側に退避ゾーンが設けてありますが、伊勢崎市との開発協議時に道路の将来計画を見込んで退避したとのこと。伊勢崎市都市計画図で確認すると、伊勢崎駅から(都)安堀町・美茂呂町線まで伊勢崎駅北口線((都)3・4・7号線、W=20m、2車線)が計画されています。

 現在、2区画で住宅の建築が進んでいますが、今年1月の取材時には、正式分譲開始は春以降とのこと。(2017/3/24 記)

シティ(第3期)・東側の道路の中間に設けられたシティへの入り口 2017/3/23

シティ東側の道路側に設置されたフェンス。駅北口から伸びる南北道路(右端)との間には退避ゾーン。 2017/3/23

シティ(第3期)・南西角地から。既に2棟の建設が進んでいます。 2017/3/23

シティと公道との境界に設けられたフェンス 2017/3/23

シティへの入り口の植栽 2017/3/23

掲載日:2016/8/7 ▲ページTopへ

第2期(建売分譲)、第3期以降分で進む工事/2016年8月6日

 前日から日本中を熱波が襲った2016年8月6日、伊勢崎市の本町通り周辺では「いせさきまつり」初日の熱いイベントが開催されました。その賑わいから少し離れた伊勢崎駅北口の千代田工業・旧本社工場跡地では、「パナホーム・シティ伊勢崎駅前」の工事が一斉に進んでいました。第2期分(建売分譲)区画では通り沿いの塀や街路灯、建物の布基礎工事などが、また第3期以降分では街区内区画道路の側溝や雨水桝布設工事などが進み、何台ものパワーショベルやブルドーザーが忙しそうに動き回る風景は、開発行為が盛んだった頃の活気を呈していました。
 以前、コンビニが出店するとの噂があった千代田会館跡地は住宅用地5区画分になるとのことです。
 第1期・第2期と第3期以降分との間を南北に走る市道沿いには、一定間隔で大理石風の化粧を施された街路灯が設置されるとのことで、夜の通り沿いを明るく上品に照らしてくれそうです。「パナホーム・シティ伊勢崎駅前」の総区画数は77区画。一戸当たりの住人を3.5人とすると総人口は約270人。人通りの少なかった工場街が、生まれ変わりつつあります。(2016/8/7 記)

■第2期分(建売分譲9区画、旧駐車場跡地) 現地説明会:8月20日・21日
【物件概要】
 ●土地面積:183.1平米〜189.47平米 ●建物面積:105.32平米〜112.63平米
 ●販売価格(税込):3,480万円〜3,820万円
■第3期以降分(建売and/or建築条件付土地分譲の区画割は未定、旧本社工場跡地)

第2期分(建売分譲)で進む工事 2016/8/6

第2期分と市道との境界に立つ街路灯工事 2016/8/6

第3期以降分で進む街区整備工事(西側から) 2016/8/6

第3期以降分で進む街区整備工事(北西側から)。後方に「アイタワー花の森」とABホテル。 2016/8/6

▲ページTopへ

第1期(建築条件付土地分譲9区画)販売中/2016年7月17日

【物件概要】 ●土地面積:191.58平米(57.95坪)〜198.54平米(60.05坪) ●販売価格:772万円〜899万円

現地に立つパナホームの看板 2016/7/17

2期分譲分(建売9区画)で進む街区整備 2016/7/17

工事会社は石橋建設工業さん(本社:太田市) 2016/7/17

街区整備工事着手前の工場跡地(南側から) 2016/7/17

解体・整地工事

掲載日:2016/5/5 ▲ページTopへ

2016年4月29日

 跡地利用が気がかりな千代田工業旧本社工場。4月29日時点で、全ての建物の解体と整地工事を終えて、18,870平米の広大な敷地が広がっています。工場を囲んでいたブロック塀も撤去され、周辺道路から全貌を確認できます。跡地利用も決まっているようですが、その発表は新聞等に委ねるとして、取りあえず現況をご覧ください。(2016/5/5 記)

建物の解体と整地工事を終えた千代田工業・旧本社工場(南東角地から)。ブロック塀も撤去されました。 2016/4/29

解体と整地工事を終えた千代田工業・旧本社工場(南側から北方) 2016/4/29

掲載日:2016/4/9 ▲ページTopへ

2016年4月6日

 工場の建物解体を終えて整地作業が進む千代田工業旧本社工場ですが、現在、工場跡地では既存杭の引き抜き作業が進んでいます。工場南西側の道路を隔てた位置に建っていた千代田会館は、前回レポート時に解体か再利用か不明と伝えましたが、4月6日時点で建物が解体され、整地作業が進んでいます。
 千代田会館跡地にはコンビニが出店する情報がありますが、真偽は不明です。伊勢崎市ではコンビニの大半は幹線道路沿いか大通りの交差点角地。当地は駅至近ながら住宅地内。都会では住宅地やマンション一階などでも見かけますが地方都市伊勢崎市でも成立するでしょうか。ただ駅周辺にはコンビニが少なく、最寄店は南口から南東方向360mのセブンイレブン伊勢崎平和町店、北口から北東方向740mの伊勢崎寿町店。もしここに出店すれば、駅北方向230mに位置し駅から最も近いコンビニになります。
 工場跡地には高齢者施設ができる情報もありますが、これまた真偽は不明です。
 既存杭の引き抜きや整地作業も遠からず完了する様子の現地。跡地利用の話題ももそろそろ具体化することでしょう。駅至近距離に18,870平米の敷地、当サイトのページごとのアクセス数から判断すると、関心が集まっているようです。(2016/4/9 記)

建物の解体工事を終えて整地が進む千代田工業・旧本社工場(南東角地から) 2016/4/6

解体を終えて、整地が進む千代田会館の土地 2016/4/6

工場(左)と千代田会館(右)との間の市道 2016/4/6

千代田会館跡地を南西角地から 2016/4/6

工場跡地(北半分)を西側の道路から 2016/4/6

工場跡地(南半分)を西側の道路から 2016/4/6

掲載日:2016/2/26 ▲ページTopへ

2016年2月24日

 前回からたった2週間の現地レポートですが、前回残っていた建物も全て解体され、瓦礫の撤去や整地作業が進み、13,860平米の敷地が広がっています。工場南西側に道路を隔てて建っていた千代田会館も、南面と北面に足場が組まれ、防護シートで覆われました。解体するのか改築して利用するのか現時点では不明です。 (2016/2/26 記)

建物の解体工事を終えて瓦礫の片付けや整地が進む千代田工業・旧本社工場(南東角地から) 2016/2/24

建物の解体工事を終えて瓦礫の片付けや整地が進む千代田工業・旧本社工場(南西角地から) 2016/2/24

足場が組まれた千代田会館 2016/2/24

千代田会館 2016/2/24

掲載日:2016/2/15 ▲ページTopへ

2016年2月11日

 伊勢崎駅北口で解体が進む千代田工業さんの旧本社工場。2月11日時点で既に建物の大半の解体を終え、壊された梁・柱などの鉄骨が、敷地各所に積み上げられています。南側の道路から北方を眺めると、赤城山が顔を覗かせるようになりました。駐車場や千代田会館の敷地と合わせると18,870平米。広過ぎて把握しにくいですが、坪数に換算すると 18,870/3.305785=5,708坪。
 住宅地を想定し、一区画を区画道路と併せて100坪と仮定すると、57戸分。一区画を70坪と仮定すると81戸。
 300m東方のショッピングモール「寿モール」の敷地をGoogle Mapで計測すると・・・
 東西辺×南北辺=105m×182m=19,110平米。北東角の工場分(53m×33m=1,749平米)を控除すると17,361平米。偶然にもやや同規模の広さでした。
 不確定情報ですが、介護関係の施設やコンビニなどの話があるようです。(2016/2/15 記)

工場の大半の解体を終え、柱や梁の鉄骨が積み上げられています 2016/2/11


解体工事が終盤の千代田工業・旧本社工場 2016/2/11

南西角に残る鉄骨骨組み 2016/2/11

北東隅に残る鉄骨骨組み 2016/2/11

掲載日:2016/1/9 ▲ページTopへ

2015年12月8日〜2016年1月8日


2016/1/8

解体工事会社
株式会社ハツガイさん(太田市東新町)
株式会社HATSUGAI(さいたま市大宮区)

2016/1/8

2015/12/27

2015/12/22

解体が始まった千代田工業旧本社工場 2015/12/8

解体前 2015/10/3

掲載日:2016/1/9 ▲ページTopへ

東側面


閉鎖が決まり解体を待つ千代田工業旧本社工場 2015/10/3

正門から 2015/10/3

西側面


南西側から 2015/10/3

北西側から 2015/10/3

2015/10/3

2015/10/3

千代田会館


千代田会館を西側から 2015/10/3

千代田会館を南西側から。左後方は工場 2015/10/3



Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ