Go!伊勢崎 万代書店伊勢崎店(旧フレッセイ連取店、旧パチンコ店Bic1)  [ Home ]



フレッセイ連取店時代bic1時代建設中の建物や施設伊勢崎のコトなら何でもショッピングモール
更新日:2012/4/24 写真下の日付は撮影日
 

 リサイクル専門店の万代書店伊勢崎店が3月31日にオープンしました。

 フレッセイ時代のモスグリーンとアイボリーの壁色は赤茶色に代わり、買い取りを示す大きな看板が取り付けられました。遠目にも目立つ色調や大きさ、デザインです。取り扱い商品はゲームや古本、DVD/CD、古着、アクセサリ、バッグ、おもちゃ、各種カード、釣り具、楽器、家電、オーディオ機器、携帯、金/プラチナ、金券等など、多品目です。
 2012/4/21、サイクリングで訪れたついでに店内を一回りして来ましたが、店内はドンキホーテとブックオフ、古着屋、金券ショップ、ゲームセンターなどを足して、カジノ風の照明を施したようなそんな感じで、所狭しと商品が並び、目が慣れるまで商品の場所を理解するのに多少の時間がかかりました。
 気に入ったのは楽器コーナーで、クラシックギターが2,000円〜7,000円程度で売られていて、それなりに音も出るので即欲しい商品でしたが、ここで買ってはギターとリュックを背負ったサイクリストになってしまい、ちょっと目立ち過ぎるので(と言うより、「連取町に変人オジサン現る」なんて通報されても困るので)、購入は後日に譲る事にしました。その日まで売れ残っているでしょうか。以前、市内某所のリサイクルショップでは、クラシックギターが安くて30,000円ほどでした(手工製と量産品の差があったかも知れませんが)。
 オタク話題ついでに、以前、日赤献血センターからの要請(実はRh-型なので、急患が出ると献血要請の連絡が入りました)で献血した時にいただいたテレカ、実は牧瀬里穂のアイドルテレカとしてネットで高値で販売されていて、ナ、何と12,000円の値段が付いています。果たして万代書店ではいくらに鑑定してくれるでしょうか。いつか鑑定を頼んでみましょう。またまた「捕らぬ狸の皮算用」かも知れませんが。(2012/4/24 記)

2012/4/21

営業時間は24時間、年中無休です
2012/4/21


2012/4/21

2012/4/21

▲ページTopへ

万代書店伊勢崎店 2012年春オープン!

 駒形バイパス沿いのパチンコ店bic1が撤退し、跡地にフレッセイ連取店が2008年12月12日にオープンし、その後、2011年11月25日に伊勢崎市民病院前の「フレッセイ連取モール」オープンに伴ってフレッセイ連取店も閉店し、その空き店舗利用が気がかりだったので、昨日、店舗を訪れてみると店内の改装工事が始まっていて、工事関係者に聞くと、万代書店が出店するとのこと。万代書店は山梨県に本社を置くCDやDVD、コミック、ゲーム、ビデオから古着、釣具、楽器、トレカなどのリサイクル専門店。群馬県内の既存店は高崎店があり、群馬県では2店目の出店。オープンは今年(2012年)3月頃とのことです。
 伊勢崎市内には西部モールの上州屋の隣の古着屋、スマーク内のKINJI、イトーヨーカドーの南方のeco-monoなど、いくつかのリサイクルショップが進出撤退を繰り返しましたが、万代書店には定着して欲しいものです。万代書店のホームページによれば、取り扱い商品は、西友楽市のハードオフやオフハウスと同様のようです。(2012/1/15 記)

改装工事中の店舗と駐車場
2012/1/14

店内改装工事中
2012/1/14

2011/12/25

フレッセイ連取店時代




[ 届出内容goo地図 ] 写真下の日付は撮影日 ▲ページTopへ
 
フレッセイ連取店、2008年12月12日(金)、朝9時オープン!
 営業時間 9:00〜24:00
 フレッセイ連取店のTEL:0270-22-2188

※フレッセイ連取店は、伊勢崎市民病院前の「フレッセイ連取モール」オープンに伴って
2011年11月13日に閉店し、2012年春、新たに万代書店伊勢崎店として生まれ変わります。
 この場所にあったパチンコ店bic1の解体風景を紹介したのがちょうど1年前。

 以来、基礎砕石地業が9月初旬鉄骨建方が10月初旬、その後の2ヶ月でオープンの運びとなり、めでたくこの日を迎えることになりました。

 駒形バイパスと言う大通りに面した広い敷地に、長い間閉鎖したままの建物が残っている光景は、伊勢崎市民としても寂しい想いがありました。今回、フレッセイ連取店がオープンして周辺が便利になったり明るくなったりと、喜ばしいことと思います。(2008/12/10 記)
過去記事はこちら

ほぼ完成、オープン直前 2008/12/6

南西の角地から


西側の門から


東側の大通り「駒形バイパス」から




すぐ南側で建設中の群馬日産

南東の角地から


店内に入るクリーニング店


北西の角から 商品搬入搬出口



▲ページTopへ

内装、外装、外構工事 2008/11/23

南西の角地から見る店舗全体 2008/11/23




すぐ南側の群馬日産では鉄骨の建方が進んでいます。
南北に大きな店舗が2つ並ぶことになります。
2008/11/23

駒形バイパス側(画像右側)には入り口部の歩道改修工事を完了。看板用の鉄骨も組み立てられていました。 2008/11/23


北西の角地から。
北側(画像左)、西側(画像右)
2008/11/23



▲ページTopへ

鉄骨建方 2008/10/12

駒形バイパス(手前の道路)側から
2008/10/12


南西側から
2008/10/12


店舗の北西部(南西側から)
2008/10/12

すぐ南側の群馬日産も改築。
年内には新装開店。
現地に大きな看板が立っていました。
2008/10/12


▲ページTopへ

建築案内の看板設置、基礎工事 2008/9/7〜9/23

2008/9/23

2008/9/7
↑ 基礎砕石地業 ↓


2008/9/7

2008/9/7

南東側から。右:駒形バイパスイ
2008/9/7


南西側から 2008/9/7

bic1時代(パチンコ店の解体撤去)


2007/12/16〜12/29 ▲ページTopへ

建物の解体を完了し、パワーショベルが2機置いてありました。
駐車場の舗装も剥がすのでしょうか?
2007/12/29

2007/12/29

敷地を囲うネットフェンス(南西の角から)
中央後方にはまだBic-1の広告塔が。
2007/12/29

解体が始まったパチンコ店の本体。
洒落た概観で、壊すのがもったいないようです。
2007/12/16


Bic-1の広告塔
右側は駒形バイパス
2007/12/16

解体中の本体と外に出された器物
2007/12/16



解体中の隣接事務所。
傍目にはまだ十分に利用できる状態。
もったいない。
2007/12/16


解体された器物をトラックが搬出
西側から
2007/12/16

解体中の店舗(南側から)
2007/12/16


解体中の店舗(西側から)
2007/12/16


解体中の現地全景(南側から)
2007/12/16


【届出内容】 ▲ページTopへ
(群馬県庁公式サイトの大店法に関する届出内容を参照しました)

大規模小売店舗の概要

 名称 : フレッセイ連取店
 所在地 : 伊勢崎市連取町868−1 外
 設置者 : 株式会社 フレッセイ
 新設日 : 平成20年11月28日
 店舗面積の合計 : 2,078平方メートル
 駐車場収容台数 : 165台
 駐輪場収容台数 : 48台
 開店時刻 : 午前9時
 閉店時刻 : 午後12時
 出入口数 : 3箇所

 届出年月日 : 平成20年3月27日

【過去記事】 ▲ページTopへ

 2008/11/23、6週間振りに現地を訪れてみると店舗の本体がほぼ完成し、外壁の塗装も終え足場も外され塗装工事や設備工事を行っていました。
 また、南側の駐車場では、雨水排水溝の敷設や路盤の転圧等を行っていました。
 市内にほぼ同時にオープンする2つのフレッセイですが、こちらの店舗は田部井店ほどの敷地はないので、複合モールにはならないとのことです。オープンは12月中旬(予定)、間もなくです。

 2007年末にパチンコ店を解体し、2008年3月には跡地にフレッセイ連取店が出店するとの大店法の届け出を確認しましたが、以来、この夏まで現地での建設の動きがありませんでした。
 2008/9/7、現地では基礎工事が行われ、いよいよ工事開始です。駒形バイパス側のフェンスには建設の看板も立っています。伊勢崎市内に同時に2つのフレッセイの建設で、田部井店はこちらより先行して建設が進んでいます。

 群馬県庁の公式サイトの大店法のページによれば、この跡地に「フレッセイ連取店」が新設されるとのこと。オープン(予定)は2008/11/28、県庁への届出は2008/3/27です。届出の概要はこちら。2008/5/3に現地に出掛けましたが、パチンコ店解体後、特に変化はありませんでした。(2008/5/8 記)
 連取町の駒形バイパス沿線にあったパチンコ店・Bic-1さんがH19年10月末に事業を停止してから1ヵ月半後の12月中旬、現地では店舗とその西に隣接していた2階建て事務所を解体していました。Bic-1さんは近隣に大型パチンコ競合店が進出した影響で経営が悪化し、閉じたとのこと。商店のみならず、遊興施設でも厳しい競争がありますね。パチンコ店は駐車場や店舗の大きさ等、規模が大きいので、その浮沈は周辺の関心を集めます。
 やはり駒形バイパス沿いにあった宮子町のパチンコ店「パチンコ大学」も閉じ、その跡地に現在複合商業施設を建設していますが、こちらの跡地はどのように利用されるのでしょうか。(2008/1/11 記)





▲ページTopへ