第3回 ぐんま東毛ビッグバンド JAZZフェスティバル  [ Home ]

SMCコンサート一覧 SMC ホームページ

第6回コンサート・Nocturne第5回コンサート・NocturneSMARK BIG BAND JAZZ LIVE
伊勢崎神社ジャズコンサート(2011年2010年2009年2006〜2008年
AKAGIYAMA BIG BAND JAZZ FESTIVAL(2011年2010年2009年2008年
ぐんま東毛ビッグバンドJAZZフェスティバル(2010年2009年2008年
県都前橋・コンサートデビュー!緑のなかでビッグバンドサウンドの魅力を!第7回市民緑花フェア



第3回ぐんま東毛ビッグバンド JAZZフェスティバル


掲載:2010/2/9


 2010/2/7(日)、太田市薮塚本町の文化ホールカルトピア第3回ぐんま東毛ビッグバンドJAZZフェスティバルが開催されました。
 出演バンドは昨年の6バンドに三洋電機・New DIG BIGBANDを加えて7バンド。桐生市、太田市、みどり市、伊勢崎市、大泉町からの出演です。昨年大トリを努めた伊勢崎市のSMC(ISESAKI SMC BIG BAND)は、今年はちょうど真ん中の出演です。時間も昨年より3時間早い午後1時半からの開演。
 既に3回目を迎えたこのコンサート、毎回聴きに出かけてジャズを聴きカメラを向けたりしている内に、SMC以外の団員の皆さんの顔も少しずつ覚え、その分親しみが増し、アットホームな催しになって来ています。
 立春を過ぎた頃から皮肉にもちょうど寒気に襲われた2010年の関東地方。群馬県東毛地区もその例外ではなく、日陰には2日前に降った雪が残る寒さでしたが、その寒さを吹っ飛ばすような元気一杯の7つのビッグバンドのジャズコンサート、今年もまた十分に楽しんで参りました。(2010/2/9 記) 


【日時】 2010/2/7(日) 13時半開演
 【場所】 太田市薮塚本町文化ホール カルトピア [ goo地図 ]

【出演バンド】 (下記7バンド:出演順)

三洋電機 New DIG BIGBAND(大泉)
群馬大学GKオールスターズ(桐生市)
ミツバ・ミュージック・レンジャー(桐生市)
ISESAKI SMC BIG BAND(伊勢崎市)
ジョイントベンチャーズ・オーケストラ(みどり市)
新田ニューフィールド・ユニオン(太田市)
BIGBAND MANEKINEKO(桐生市)




▲ページTopへ
三洋電機 New DIG BIGBAND(大泉)


♪ブルー・バートランド
♪ピンクパンサー
♪オール・オブ・ミー
♪サマンサ
♪君微笑しとき










群馬大学GKオールスターズ(桐生市)

♪昔はよかったネ
♪A列車で行こう
♪リル・ダーリン
♪ディナー・ウィズ・フレンズ









▲ページTopへ

ミツバ・ミュージック・レンジャー(桐生市)

♪シークレット・ラブ
♪ロンリー・ストリート
♪Almost like being in love
♪東京ブギ ハニーサックス・ローズ
♪黒いオルフェ












ISESAKI SMC BIG BAND(伊勢崎市)
♪サバンナ
♪キュート
♪L-O-V-E
♪ザ・ピーナッツ・ヒットメドレー
♪>二人でお茶を




ザ・ピーナッツ・ヒットメドレー
動画

二人でお茶を 【 動画














▲ページTopへ

ジョイントベンチャーズ・オーケストラ(みどり市)

♪でたらめな歌
♪ミ・アモーレ
♪刑事コロンボ
♪ベンのテーマ
♪サンライズ
♪ドリフだヨ!全員集合









新田ニューフィールド・ユニオン(太田市)

♪ベイシカル・ブルース
♪アイ・リメンバー・クリフォード
♪想い出のサンフランシスコ
♪愛は今何処に
♪すきすきソング
♪ヤ・ガッタ・トライ




当フェスティバルの企画から総合司会まで
大活躍の大木さん。
この日も4つのバンドで出演し
エネルギッシュな演奏を披露してくれました。
この溢れるエネルギーは
一体どこから生まれるのでしょう。








BIGBAND MANEKINEKO(桐生市)

♪ノースビーチ・ブレイクダウン
♪ハウ・ハイ・ザ・ムーン
♪私のお気に入り
♪明日に架ける橋
♪名画メドレー









 ぐんま東毛ビッグバンドJAZZフェスティバル、第3回目を迎えた今年のコンサートも元気一杯の演奏でした。

 テレビやパソコンから音楽を簡単に聴くことができる昨今ですが、なかなか生の演奏を聴く機会は少ないものです。
 群馬県の東毛地区を代表する多くのジャズビッグバンドが一堂に会してそれぞれの得意な曲を演奏してくれること、滅多にある機会ではなく、素晴らしいことと思います。ジャズファンはもちろんのこと、生の演奏に触れることは多くの人々の感性を大いに刺激してくれることと思います。
 企画運営に尽力された皆さん、演奏してくれた皆さん、お疲れ様でした、そしてありがとうございました。
 来年の再会を楽しみにしています。(2010/2/9 記) 



会場を埋めた聴衆



▲ページTopへ