Go!伊勢崎 龍宮(りゅうぐう)(龍神宮) [ 公園一覧神社一覧 ] [ Home ]

竜宮伝説の神社・龍神宮


近くの公園 → ラブリバー親水公園うぬき西部公園 【 地図→ 局所少し広域



サクラの季節竜宮伝説の雰囲気漂うお社近くの風景

更新日:2011/4/21 写真下の日付けは撮影日
 「ラブリバー親水公園うぬき(うぬき公園)」は広瀬川の左岸河川敷を利用した細長い公園で、その北端には龍宮橋が架かっています。この橋の名前の由来となった龍宮(龍神宮)は、この龍宮橋のすぐ上流の広瀬川右岸河川敷にひっそりと佇んでいます。

 龍宮の祠の川岸はになっていて、「竜宮伝説」を信じるに足る雰囲気が漂っています。私が子供の頃(50年以上も前になりますが・・・)には、怖いもの見たさと冒険心とが重なって、子供たちだけで訪れてワクワクしながら遊んだ記憶がありますが、今では広瀬川右岸堤防上に整備されたサイクリングロードを度々通り、その風景を横目で見ながらも素通りをするだけで、なかなか敷地内に足を運ぶことはありません。
 でも桜が咲く季節や藤の花が咲く季節は別格で、素通りをすることの方が難しくなります。

 車で行くにはちょっと不便なので、うぬき公園オートレース場の東側駐車場(この場所がまたちょっと分かり難い)等に駐車して、歩いて訪れるの方がいいでしょう。これらの場所から徒歩数分です。(2009/4/12 記)
(*)どうしても車でと言う場合には、龍宮橋の右岸(南側)堤防上の道を下流側河川敷に降り、河川敷に降りたらUターンして橋の下をくぐれば行くことができます。ただし未舗装で狭い道なのでお勧めしませんのでくれぐれもご注意を。

サクラの季節

▲ページTopへ

2011年の 竜宮のサクラ

 年によってサクラの満開時期が異なること・・・、サクラに対して特別の関心を持たなかった頃には早くても遅くても特に気にはしませんでしたが、関心を寄せてみれば「今年の満開はいつ頃だろうか」、「休日にぶつかってくれるだろうか」などと矢鱈に気になります。「できれば二週間に亘って咲いていて欲しい」などと贅沢な期待も。
 でも、現実は厳しく「花の命は短くて・・・」、二週間に亘って満開で咲くソメイヨシノに巡り合うことはできません。ただ、最近は当地伊勢崎市においても、コヒガンザクラや緋寒桜、河津ザクラなど、ソメイヨシノと時期をずらして咲くサクラを見受けるので、楽しみ方のレパートリーも増えて来ました。
 ・・・と言いながら、今年の竜宮のサクラは2年前と1週間ほどずれたようです。2年前とは違ったアングルで撮ってみました。竜宮のサクラは広瀬川の堤防から眼下に眺められる事、菜の花とのコラボレーションを楽しめることなどが特徴です。
(2011/4/21 記)

(1)広瀬川の堤防から見下ろす竜宮のサクラ
2011/4/17

(2)菜の花とサクラと青空と・・・
2011/4/17

2009年の 竜宮のサクラ


(3)境内の東側で咲く桜。
少し葉桜になっていました。
2009/4/11



(5)堤防に咲く菜の花と境内のサクラ
2009/4/11



(7)満開の八重桜 2009/4/18



(9)堤防の石の階段を下りると
赤い鳥居が迎えてくれます
2009/4/11

(4)広瀬川右岸堤防に咲くタンポポと龍宮のサクラ 2009/4/11



(6)赤い八重桜とソメイヨシノ。風に桜吹雪が舞っています。
 2009/4/11


(8)八重桜をアップで見ればこんなに可愛らしい 2009/4/11

1週間後には満開

(10)↑の八重桜の1週間後です 2009/4/18


(11)広瀬川の川岸で咲く桜と菜の花。後方の橋は龍宮橋
2009/4/11


竜宮伝説の雰囲気漂うお社




▲ページTopへ
 龍神宮のお社の後ろには大きな岩があります。ちょうど浅間の鬼押出しにある溶岩のような石です。どうしてこの場所に溶岩のような巨岩があるのでしょうか。川の流れで摩耗された痕跡もなく、ゴツゴツした岩肌のままの巨岩の真ん中には空洞があって、奥が良く見えません。神秘めいたようなちょっと怖いような光景です。

(12)お社の後ろの巨岩の裏
2009/4/18

(13)お社の裏側の巨岩の山
2009/4/18
(14)大岩の裏側の道
2009/4/18
(15)大岩の東側
2009/4/18
 冬から春先にかけては広瀬川も渇水期なので水溜りのようですが、水量が増える時期にはになります。淵には伝説の巨大な魚が棲みます。・・・と言うのは嘘ですが、そんな感じの雰囲気があります。 明るい昼間でも、一人で歩くには少し勇気が必要です。
とはちょっと大袈裟 ?
大岩の東側には大きな藤の木の根が巻き付き、岩と一体になっています。

(16)龍宮伝説の石碑
2009/4/18
 この穴の中はどうなっているのでしょう。
 龍宮への道があるのでしょうか。それともハリーポッターの物語のように、謎めいた世界へ続いているのでしょうか。
 あなたはこの穴に入ってみる勇気がありますか?
 私は?
 モチロン、入っていません。怖いし・・・
 2009/4/18

(17)岩の塊の間にポッカリと空いた穴。
神秘的なような怖いような。
2009/4/18

(18)咲き始めた藤の花
2009/4/18

(19)境内の岩の上に浦島太郎
2009/4/18

(20)左がお社。その東に藤の巨木 2009/4/18

(21)2009/4/26

(22)藤の花が満開 2009/4/26

(23)2009/4/26


近くの風景


 ▲ページTopへ

龍宮の南の堤防に咲く彼岸花。
後方には龍宮の水道タンク。
更に後方はオートレース場
2007/9/29

龍宮の少し上流。
広瀬川(左)と荒砥川(右)の合流地点。
伊勢崎オートレース場のすぐ北。
2007/5/19



龍宮の少し下流(うぬき公園の対岸から)
2007/5/19




▲ページTopへ