Go!伊勢崎 千本木神社秋祭り 2015 [ Suh sanの郷土芸能・Indexイベント ]  [ Home ]




千本木神社秋祭り

2015年 千本木神社祭り 10/17()、18(

龍頭神舞(準備から当日まで)龍頭神舞について千本木神社地図

10月17日()夜、千本木神社・龍頭神舞

更新日:2015/11/3
 2015年10/17()、18()の両日、伊勢崎市南北千木町で千本木神社秋祭りが開催されました。初日の夜には千本木神社(伊勢崎市南千木町)において、南北千木町屋台囃子保存会のお囃子や荒木流拳法の演武・露払い、龍頭神舞が奉納されました。動画でご覧ください。
(2015/10/21 記)


平成27年度 千本木神社秋祭り、初日夜の龍頭神舞(9分40秒) 2016/10/17


龍頭神舞(千本木神社秋祭り) 2015/10/17


龍頭神舞(千本木神社秋祭り) 2015/10/17



龍頭神舞(千本木神社秋祭り) 2015/10/17




龍頭神舞(準備から当日まで)

掲載日:2015/11/3 ▲ページTopへ
 今年の千本木神社秋祭りの様子を伝える写真とコメントがSuh sanから届きましたので、ここに紹介します。
(2015/11/3 記)

 今年の千本木神社の秋祭りは10月17日(土)・18日(日)の2日間に亘って開催されました。前日からYahooの天気予報を度々見て気にしていたのですが、朝起きて見たら雨・・・ (*_*;
 17日は午前9時集合でしたが、午後からお天気が回復しそうという予報でしたので、模擬店のテントを設置したり、屋台の太鼓を付けたりして準備を開始しました。午後からは予報どうりの汗ばむ位の良いお天気になり、屋台の町内巡行や模擬店も開店。夜には龍頭神舞など盛りだくさんのイベントが繰り広げられて、神社の境内は大いに盛り上がりました。
 18日は龍頭神舞が神社や区長さん、神社総代さんの家を巡って舞を奉納しました。小生は午後は伊勢崎神社の境内で開催されるSMCの「燈華会コンサート」に出演するため早退しましたが、16時には無事に終了したとのことでした。写真で秋祭りの様子をご覧ください。
コメント Suh san/写真 Hiroko san & Suh san

(1) 10月4日(日) 鳥総(トブサ ・ 龍頭の髪の毛)を
幣束状に切っています

(3)小雨が降る中10月16日(金)の練習は会所の庭

(2)9月1日から火・金曜の週2回、南千会議所での練習。
10月6日(火)からは龍頭を付けての練習。

(4)鳥総(トブサ ・ 龍頭の髪の毛)を散らして色を
組み合わせます。鳳凰元は緑色、雌獅子は赤、
雄獅子は黄色を主体に組み合わせます。

▲ページTopへ

10月17日(土)


(5)小雨の降る中、午前9時より会場準備を開始


(7)午後1時20分、屋台を引き出しました。


(9)電話線を慎重に通過してUターン

(6)午後1時、屋台囃子の子供達が集合してお化粧中


(8)1時30分、北千木町方向に向けて出発


(10)将来はお祭りを仕切ってくれそうな人材が
屋台を押しています。

▲ページTopへ

(11)こちらは龍頭神舞の名手予備軍

(13)南千木町内です。爽やかな秋空になりました。

(12)ここにも笛吹き候補者


(14)のどかですね〜。赤い屋根の奥が我が家です。

▲ページTopへ

(15)セブンイレブンでUターン

(16)午後3時には模擬店が開店。焼きそば800食@200円
フランクフルト600本@100円、
缶ビール312本@200円 etc・・・安いです。


(17)茂呂保育園児の可愛い龍頭神舞が出演

(18)世良田下新田・赤堀西久保3丁目・南北千木町の
屋台囃子共演

19今泉2丁目の子供も飛び入り参加しました

(20)屋台庫の中では各地区が屋台囃子談義に
花を咲かせています。

▲ページTopへ

(21)午後7時30分、荒木流古武道の露払いが始まりました。


(22)7時40分から龍頭神舞が始まりました。鳳凰元は緑色、雌獅子は赤、雄獅子は黄色です。

(23)「橋掛り」の舞

(24)熊谷山車屋台祭研究会「彩鼓連」の皆さんと記念写真

▲ページTopへ

10月18日(日)


(26)北千木町神社総代宅で最初の舞を奉納

(25)午前8時集合、模擬店の撤収、屋台庫の整理整頓

(27)伊勢崎神社の斎藤宮司さんと栗原神社総代

(28)北千木町内を巡行中


(29)千本木神社で記念撮影


(30)会所で昼食

龍頭神舞(群馬県重要無形民俗文化財)

▲ページTopへ
 舞は「一人立ち三人連舞の風流獅子舞」と呼ばれていて、雨乞いの舞です。
 片足立ちで前に進み、後ろに下がり、時にはクルリと回転し、そのスピードも緩急織り交ぜて変化に富んでいます。静かでかつ激しい踊りです。時々頭から下がった鳥総(とぶさ)が千切れて地面に落ち、舞を囲んだ周囲の子供たちが競って拾います。この千切れた鳥総は厄除けになると伝えられています。

表彰状や文化財指定書


(62) 会所の庭に設置された 「千本木龍頭神舞」 の説明板


(63) 「伊勢崎市文化財指定書」

(65) 平文部科学大臣 「表彰状」

(64) 「群馬県重要無形民俗文化財指定書」


千本木神社地図

Goo地図による表示はこちら
▲ページTopへ


Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ