Go!伊勢崎 小規模道路改良  [ Home ]




更新日:2010/5/1 写真下段の日付は撮影日
道路工事一覧建設中の建物や施設建設用語集
 このページは市内で見かけた道路工事の内、改良区間が短い工事や交差点改良等の小規模工事を紹介します。規模が小さくても大きな効果!そんな場所を紹介できればと思います。(2009/7/16 記)

東武伊勢崎線・剛志駅前の道路下植木町の交差点

東武伊勢崎線・剛志駅

 2009/9/19、東武伊勢崎線・剛志駅を久々に訪れてみました。前回訪れたのはいつのことか忘れましたが、今回、驚くことに駅舎が新しくなっていました。小さな箱型の無人駅舎ですが、トイレやPASMO自動改札機、乗降証明発行機などが機能的に納まっています。(切符は駅の北側の店で販売。)
 現在、駅前とその西側の線路沿いの道路を改良工事中です。駅前にはロータリーができ、道路には歩道が付きます。県立伊勢崎高校(元・県立伊勢崎東高校)の乗降駅なので、歩道付きの道路改良は大歓迎です。(2009/9/24 記)
【工事内容】
●L=120m、W=9.2m ●工期=2010年2月26日
→剛志は明治22年に周辺4村を合併し「剛志村(ごうしむら、たけしむら)」に(Wikipedia)
東武伊勢崎線(Wikipedia)
 2009/12/31、前回報告から2週間経った剛志駅前の道路改良工事現場では、既に舗装工事を完了していました。駅前ロータリーも舗装を完了し、歩道には点字ブロックも設置されました。ただ、ロータリーの供用開始はまだのようです。(2010/1/8 記)

駅前ロータリーを駅から西方へ



駅前ロータリーを南西の隅から

駅前ロータリーの西から駅方面




今回の改良区間の中央部から西方


駅前から西方


駅北部分
 2009/12/13、剛志駅前の道路改良工事現場では、道路両側の側溝の敷設と路盤工を終え、舗装工事を待つばかりの状態でした。工期は2月26日との工事案内が立っていますが、それよりも早めに完成する様子です。(2009/12/17 記)

駅前ロータリー(南東側から)


剛志駅へ到着する
東武伊勢崎線上り電車
(28秒)
【動画でどうぞ】



剛志駅を出発する
東武伊勢崎線下り電車
(28秒)
【動画でどうぞ】

駅前ロータリー(東側から)


西側の道路から見る
剛志駅のプラトホーム

 タイミング良く東武伊勢崎線の上り下りの電車がやって来ました。
 車社会の地方都市・伊勢崎。その中でも頑張って運行している東武伊勢崎線。なかなか日常利用する機会がありませんが、動画をご覧いただき、多少なりとも電車を身近に感じていただければ幸いです。

←・・・ 動画はこちら。

道路北側の側溝の敷設を終え
路盤工まで終了した駅前道路
(駅から西方を見る)



駅前道路の西端部


道路北側の側溝の敷設を終え
路盤工まで終了した駅前道路
(西端部から駅方向を見る)
 2009/11/8、6週間振りの現地の様子です。
 道路工事は東西道路の南側の側溝と歩車道境界の縁石ブロックの敷設を終え、ロータリーの形状が見えてきました。東西道路の側溝と、境県道と剛志駅を繋ぐ南北道路の側溝との接続はこれからのようです。
 今回は、道路工事と直接は関係ないのですが、私こと管理人・丸男が勝手に空想したプランを紹介します。下記右列をご覧ください。(2009/11/13 記)

駅から西方を見る。
手前がロータリー


駅から西方を見る。
ロータリー周囲の歩道


西から駅方向を見る

駐輪場付近から西方を見る


東西道路の側溝の東端部


南北道路の側溝との接続ヶ所
↓まずは剛志駅周辺の広域図

[拡大]


この地図を見ると
  • 剛志駅と現在工事中の東毛広幹道は直線距離で400m弱
  • 剛志駅北口と境県道との間は既成住宅地で道路幅も狭い。
  • 剛志駅の南方には保泉ニュータウンが控えている。
そこで、
下図のようなプランを考えてみました。
 剛志駅に南口を造り、東毛広幹道とのアクセスを改良するプランです。
 具体的には、
・既存道路の歩道や車線幅を改良
・東毛広幹道との交差点改良
などです。

※このプランは、管理人・丸男の空想で何の根拠もありませんが、皆さんも暇な時にでもこの辺の地図を眺めて空想を練ってみてください。
 2009/9/26、前回からたった1週間の経過ですが、前回、剛志駅に設置されている機械の紹介がアバウトだったのが気になって、再度出掛けてみました。詳しくは下(右)の画像の通りですが、恥ずかしながら自分で利用した事がなく、詳しい説明はできません。東武伊勢崎線を利用したのは、子供達が小さい頃に家族で「東武動物公園」へ出かけたのが最後で、多分18年ほど昔のことと思います。剛志駅は無人駅なので利用方法を尋ねる訳にも行きませんが、いつかの機会に乗車して確認してみましょう。
 道路工事の方は側溝の敷設に進捗が見られました。(2009/10/2 記)

工事案内 2009/9/26



駅前ロータリー
2009/9/26


側溝の敷設を完了
2009/9/26

駅のプラットホーム
2009/9/26



時刻表です。


本数を数えてみると上り下りとも37本。
JR両毛線の伊勢崎駅の本数は
小山方面=33本、高崎方面=40本。
合計で比較すると東武伊勢崎線の方が多いこと、皆さん、ご存知でしたか。
2009/9/26

簡易改札機
2009/9/26


降りる時はこの集札箱に切符を、
乗る時は乗降車駅証明書発行機で
「剛志駅で乗ったよ」証明を発行。
2009/9/26

駅(画像中央後方)と
その右側にはプラットホーム。
手前は駅付近の工事の様子
2009/9/19



道路の西方から駅方面
2009/9/19

駅前から西方。側溝を敷設中
2009/9/19


敷設を終えた歩車道境界ブロック
2009/9/19


駅のすぐ西側
2009/9/19

コンパクトに箱型にまとまった無人駅舎
2009/9/19


2009/9/19


下植木町の交差点

▲ページTopへ


 主要地方道・前橋館林線(通称太田県道)の下植木町の交差点の現況は十字路にはなっていますが、交差点南側の道路が車両一台分の幅しかなく、南方向からの一方通行になっているので、実質的にはT字路のようになっています。


 2009/7/11、現地を通ってみると交差点南側の道路の拡幅工事を行っていて、南側の電柱移設を終えれば、正規の十字交差点に改良されるのも間もないと言った状況です。(2009/7/16)

 2010/4/25。
 久し振りに訪れた現地は工事を終了し、交差点の南側も双方向通行の供用になっていました。
 双方向通行になったことがまだ浸透していないのか、北から下りて来る車両は従来通りにほとんどが右折していましたが、伊勢崎保健所や伊勢崎佐波医師会病院、群馬県総合教育センターへのアクセス改善や国道462号渋滞時の迂回などには大きく貢献することと思います。 (2010/5/1 記) 

交差点の南側の東西道路 2010/4/25

工事を終了し双方向通行になった下植木町の交差点南側 2010/4/25

 2009/12/13、下植木町の交差点とその南側の道路改良工事現場では、道路沿いにあった住宅が解体撤去され、道路脇の用水の敷設換え工事が行われていました。新しい用水は既設用水の位置よりも外側にあり、改良後には道路幅員も拡幅されるようです。(2009/12/26 記)

用水の敷設換え工事

交差点南西側にあった住宅が解体撤去されました。
後方(北側)に下植木町交差点
 2009/11/8、4ヶ月ぶりの現地の状況です。
 太田県道との交差点部は、前回同様に未開通でしたが、この道路を南下し、伊勢崎東部第二区画整理地内の道路までの区間で道路工事が行われています。また、その道路沿いの西側には「下植木町公民館」の新築工事が進んでいます。
 (2009/11/13 記)

工事中区間

太田県道との交差点部
4ヶ月前と比べて変化はありません。


伊勢崎東部第二区画整理地内の道路
との交差点に立つ工事案内


下植木町公民館新築工事

2009/7/11

位置図

赤い枠内が拡幅部

交差点を南から


交差点を南から。
左側の舗装部:現況道路
未舗装部:拡幅部

文字の塗装が剥げていますが
「下植木町」の信号です。



▲ページTopへ