Go!伊勢崎 天神沼 [ 川と沼一覧サクラ名所 ]   [ Home ]




春を待つ天神沼天神沼の桜風景天神沼の秋、晩秋

更新日:2014/1/22 画像下の日付は撮影日
 天神沼は県道・桐生伊勢崎線の近く、旧・東村の球場(あずまスタジアム)の南西側にひっそりと佇んでいます。沼の中に島が2つあるのが特徴的です。沼を一周する舗装された遊歩道があり、南側にはベンチもあります。以前は鯉の養殖をしていたようで、それらしい建物や施設が残っていて当時を偲ばせます。

 春には遊歩道脇の桜並木が見事な花を咲かせます。古くから植えられていたのか、巨木の桜が多く、その大きな枝を水面に垂れ下げた姿は、まっすぐ伸びた若木の桜にはない風格を感じます。 

春を待つ天神沼


掲載日:2010/3/10 ▲ページTopへ
 2010年の前橋のサクラ開花予想は3月下旬とのこと。ここ天神沼は、1ヶ月後のサクラの賑わいを前にタップリと水を湛えて静かに佇み、白鷺やアオサギがのんびりと寛いでいました。昨年は桜の時期には沼の水は引けていました。今年はどうなるのでしょう。1ヶ月後の楽しみとしましょう。(2010/3/10 記)

開花を待つ沼周囲の桜
2010/2/28


タップリと水を湛えた天神沼
2010/2/28

水面に映るアオサギ
2010/2/28。
2010/2/28


天神沼のサクラ風景

▲ページTopへ

沼の東側の遊歩道沿いに咲くサクラ
2009/4/12


西側の遊歩道
2009/4/12

南側から沼の堤に登る道
2009/4/12


 沼の南側の堤 2009/4/12


沼の南東部。遊歩道脇のブッシュが気になりました
2007/4/1

 枯れた古木から若木が出て、花を付けていました。
2009/4/12


沼南西
2007/4/1



沼の西側 2007/4/1


沼の西側 2007/4/1

▲ページTopへ

沼の南の黄色いタンポポ
2007/4/1

東の遊歩道脇の白いタンポポ
2007/4/1
 

 沼の北西に残る小屋。
かつては養鯉の管理人が住んでいたとのことです。
2009/4/12


天神沼の秋、晩秋


更新日: 2014/1/22 ▲ページTopへ
 沼の周囲の桜が咲く時期を除くと、いつ訪れても静まり返っている天神沼。夏から秋にかけては、堤を一周する遊歩道周りの雑草が背丈ほどに伸び、進入を躊躇させますが、秋も終わり頃になると、雑草が枯れて朽ち、特に手入れした様子がなくとも、歩けるようになります。
 この季節はいつも静かな沼が更に静まり返り、時が停まったかのように空気に包まれます。(2014/1/22 記)。

2つある島で紅葉する大きな樹木
2013/11/23

風もなく、静まり返った天神沼。はるか後方には桐生方面の山々が連なり、のどかな風景です。
2013/11/23
  

東西の2つの島、遠くには桐生方面の山並み
2006/11/25


沼南東の入り口から遊歩道へ
2006/11/25


沼西の遊歩道から
2006/11/25





▲ページTopへ