緯糸の管巻き [ 21世紀銘仙・Index伊勢崎銘仙・全体案内 ]  [ Home ]

いせさき併用絣を紡ぐプロジェクト

緯糸(よこいと)の管巻き(くだまき)

掲載日:2016/10/28
■日時:2016年(平成28年)7月日23日、ほか
■場所:いせさき明治館(群馬県伊勢崎市曲輪町)
■制作者:五十嵐幸枝さん、吉田勝江さん、福島うた子さん
■内容
 伊勢崎銘仙「併用絣」の緯糸は、数本の緯糸をまとめて緯板に巻き付け、型紙を使用して捺染します。捺染後は緯板から外した緯糸を新聞紙で包んで蒸熱します。
 その後、パサ返しで一本ずつ分離しながら「かせ」状に巻き戻します。「かせ」状に巻き戻した緯糸は糸車を使用してに巻き取ります。
 管に巻き取った緯糸は、この後、高機(たかばた)のシャトルに挿入されて経糸の間に織り込まれます。
 当ページでは糸車を使用して管に巻き取る様子を紹介します。今回使用した管は竹製です。

取材・撮影・記録:上岡(Go!伊勢崎) 2016/10/28 記

▲ページTopへ

緯糸の管巻き(1分55秒) 2016/7/23、ほか


巻き取り風景(福島うた子さん)

巻き取り時の管の状況

緯糸を巻き取る管(竹製)

パサ返しを終えた緯糸のかせと管に巻き取った緯糸

当サイトのコンテンツを無断でコピーすることを禁じます



Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ