型紙準備 [ 21世紀銘仙・Index伊勢崎銘仙・全体案内 ]  [ Home ]

いせさき併用絣を紡ぐプロジェクト

型紙 打ち合わせ

更新日:2016/2/21
■日時:2016年(平成28年)2月10日。10:00〜
■場所:いせさき明治館(伊勢崎市曲輪町)
■協力者:伊藤正義さん(型紙担当)、石井広美さん(捺染加工担当)、
       金澤經明さん(調整担当)、金井珠代さん(プロジェクト責任者)
■内容:今回の併用絣の図柄の配色について、型紙彫りや捺染加工、また全体の制作工程の立場から検討を加える。

 併用絣は捺染加工や織りの段階で、隣接する色の関係で膨張や収縮傾向を示します。これらを無視して図案通りの型紙を彫ると、織り終えた段階で図案と異なった柄になることがあります。特に周囲の柄から独立した小さな柄は、これを無視すると消滅してしまう場合もあります。今回、色については株式会社「布」さん指定の色見本通りとし、織りを終えた段階で図案が忠実に再現されているようにするため、型紙彫りの段階でこれらを考慮した余裕量を加味します。この余裕量を「泣き」と呼びます。
取材・撮影・記録:上岡(Go!伊勢崎) 2016/2/21 記


色の選択や配色について検討を加える皆さん 2016/2/10

色見本

ツツジ


6色

赤いレンガ造り


4色

時報塔(じほうとう)


4色

図案を色別に分解した柄

 今回、株式会社「布」さんから、3図案に対して色別に分解した柄を送っていただきました。ただ、「泣き」の考慮などからそのままは利用できず、参考資料となりました。色別型紙は、図案全体をカーボン紙でトレースし、図案を参照しながら順次彫りました。型紙彫は別ページを参照ください。

赤いレンガ造り


4色

時報塔(じほうとう)


4色

ツツジ


6色

当サイトのコンテンツを無断でコピーすることを禁じます




Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ