Go!伊勢崎 利根川水系 渡良瀬川・草木ダム  公園一覧地図 [ Home ]




利根川水系 渡良瀬川

草木ダム

(群馬県みどり市東町座間)
不動滝
更新日:2017/8/21
 群馬県みどり市東町座間に所在する利根川水系渡良瀬川草木ダム。旧名は神戸(ごうど)ダム
■ダムの目的:多目的(洪水調節、不特定利水、かんがい、上水道・工業用水道供給、水力発電)
■型式:重力式コンクリートダム
■ゲート:ラジアルゲート×2門、堤頂越流ラジアルゲート×4門
■堤頂長:405m、堤高:140m、堤頂標高:海抜457m
■総貯水量:6,050万u
■本体着工/完成:1971年/1976年
■管理者:水資源機構
■ダム湖:草木湖(くさきこ)

 ダム本体の左岸側には独立行政法人水資源機構草木ダム管理所がが建ち、インターフォンで事務所に通話すればダムカードをいただけます。
 ダム天端(てんば)は道路として整備され、左右岸の道路を結んでいます。右岸側の道路は国道122号線、左岸側の道路は群馬県道343号線。ダムの下流約2.3kmの位置には「わたらせ渓谷鉄道」の神戸(ごうど)駅があります。
 訪れたのは2016年9月24日。天候不順だった2016年の9月。この日も残念ながら爽やかな青空には恵まれませんでした。新緑や紅葉の頃の晴れた日にでも改めて訪れたいと思います。(2016/10/28 記)

利根川水系 渡良瀬川・草木ダム(1分49秒) 2016/9/24


草木ダム・位置図(Google Map)




不動滝

(群馬県みどり市東町座間)
掲載日:2017/8/21 ▲ページTopへ
 「不動滝」なる名前の滝は全国各地にたくさんあります。群馬県内で探しても、吾妻郡周辺にはまとまって6ヶ所、沼田市とみどり市に各1ヶ所あります。

群馬県内の不動滝位置図(Google Map)

 ここ、みどり市の不動滝は、一級河川「柱戸川」にかかる滝で、草木ダムの近くにあります。 群馬県道343号沢入(そうり)桐生線に架かる「滝の上橋」上流60mほどの位置です。訪れたのは8月19日、伊勢崎辺りでは蒸し暑い一日でした。

不動滝周辺の地図

 下調べでは駐車場の様子が分からなかったので、取り合えず「みどり市東運動公園」の駐車場へ。この日、何かのイベントでもあったのか、数十台停められる駐車場は大半が県外ナンバーの車でした。地図上ではここから約700m。緩やかな上り勾配の道を歩き始め、途中で「童謡ふるさと館」の脇を通過。ここには広い駐車場があって、この日は開館日ながら駐車していた車は一台もなく、ここに停めれば滝まで400m

不動滝周辺のGoogle航空写真。東運動公園Pから約700m、童謡ふるさと館Pから約400m。

 更に進み、木立が茂る山中に入ります。セミの声を聞きながら、少し急になった勾配に一休みしたいと思う頃、視界が開けて来ます。「滝の上橋」です。橋を渡ると上流から何やら大きな水の音。不動滝の音に間違いないと思いながらも、姿が見えません。目を凝らすと、生い茂る木々の間から僅かに姿を覗かせています。カメラで狙ってズームアップすると、モニター画面に凄い水量で流れ落ちる滝が写っています。新緑や紅葉の頃には、橋の上からの景観は圧巻だろうと思った瞬間でした。
 「滝の上橋」を右岸まで渡ると、そこが「不動滝入口」。みどり市市営の路線バスも止まります。バス停は「滝の上橋」。上り下り一日各4本あります。入口の道路脇は整地されていて、ここにも4,5台は駐車できそうです。

バス停「滝の上橋」時刻表

みどり市東町路線バス図

 入口から入ると、すぐに急勾配の階段が現れ、一挙に下ると展望台へ。入口からの高低差は30m展望台に立つと、滝つぼや周辺には水しぶきが舞い、空気もひんやりして、半袖では肌寒いよう。滝の落差は25m。タップリの水量が轟音とともに落ち、見ているだけで吸い込まれるようです。雨天が続く今年の8月後半。周辺の山々もタップリと水を溜めたと思いますが、滝の水は濁ることなく澄み清らかでした。(2017/8/21 記)

現地の説明版 2017/8/19

▲ページTopへ

不動滝の動画


不動滝 2017/8/19(3分22秒)

▲ページTopへ

不動滝の展望台 2017/8/19

不動滝の滝つぼ 2017/8/19

緑に囲まれる不動滝 2017/8/19


展望台と県道をつなぐ階段。後方は「滝の上橋」 2017/8/19

▲ページTopへ



途中の道路脇に立つ標識

滝の下流に架かる橋「滝ノ上橋」

不動滝入口



滝の流れ「柱戸川」(はしらどがわ)

滝入口のバス停「滝の上橋」

滝の展望台へ降りる階段




Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ