縞と矢羽根の銘仙展 [ 建造物遺産 ]  [ Home ]




伊勢崎銘仙特集ページ

いせさき銘仙の日(2012)|伊勢崎銘仙ポストカード|思い出の伊勢崎銘仙展(いせさき明治館赤石楽舎)|織物会館の紹介平田達男・遺作展|さんぽ(七夕まつりのほほん着物散歩)|伊勢崎銘仙ファッションショー(オートレース場大宮駅燈華会協賛イベント)|伊勢崎銘仙ペッタンバラ柄銘仙展軽やか涼やか夏銘仙展縞と矢羽根の銘仙展銘仙でたどる着物100年史昭和の花嫁御寮展

掲載日:2012/9/8


縞と矢羽根の銘仙展

 いせさき明治館で「縞と矢羽根の銘仙展」が開かれています。9月1日(土)に始まったこの催し、縞と矢羽根模様の女物の銘仙53点が集められ、明治館の1階と2階の和室に展示されています。

 縞模様は大胆な大柄から、細いストライプ状のものまで、様々な模様の銘仙が展示されています。
 矢羽根はその字の通り、矢に使用された鳥の羽根ですが、それを模した矢羽根柄の着物は、江戸時代の結婚の時に花嫁に持たせる風習があったとのことです。
 射た矢は戻ってこないことから、嫁がせた娘が出戻りをしないようにとの想いを込めた、縁起のいい柄のようです。

 会期は今月末の30日(日)までです。土日も見学できますので、どうぞ足を運んでみてください。(2012/9/8 記)

●期間:9月1日(土)〜30日(日)
●時間:午前10時〜午後5時
●休館日:月・火曜日
 ただし、9月17日(敬老の日)は開館。
●問い合わせ:いせさき明治館






いせさき明治館

(伊勢崎市曲輪(くるわ)町)
■入館無料。
■開館時間=10時〜17時
■休館日=月・火曜日
■TEL 0270-40-6885
9月17日(敬老の日)は開館。

→「いせさき明治館100年物語
いせさき明治館100年物語

(期間:2012/7/11〜2013/3/31)


黄色の素地に黒で縁取られた真っ赤で大きな矢羽根模様。
いせさき明治館入口に飾られています。
2012/9/5



板に並べられた銘仙。
子どもの頃の昭和中期、母が、糊付けした着物生地を
板に張り付けていた姿を思い出します。
2012/9/5



歌舞伎で使用されるような色調の縞模様。
バッグの色などにも向いているような・・・。
2012/9/5

パステルカラーの爽やかな縞模様と
チョコレート色の温かい感じの縞模様
2012/9/5


NHKの連続ドラマ「カーネーション」で主人公の糸子が着たのと同じ着物
2012/9/5


▲ページTopへ

ずらりと並んだ縞模様
2012/9/5



2012/9/5

緑の素地に赤とアイボリー。粋でモダン。
2012/9/5


可愛らしく若々しい色合い
2012/9/5

▲ページTopへ

矢羽根の色がグラジュエーションになっています。
2012/9/5


布地が透けて夏向き銘仙
2012/9/5

緑と赤が基調のモダンな着物
緑と赤と言えば、GUCCIの基調色だったような?
2012/9/5

▲ページTopへ

シックで落ち着いた大人の雰囲気
2012/9/5

粋な感じの縞柄
2012/9/5

▲ページTopへ

こうして飾ると、タペストリーのようです。
2012/9/5


生地が透けて涼しそうな矢羽根柄
2012/9/5

2012/9/5


若い女の子が着たら似合いそう。
ダイアモンド模様のような、井桁模様のような
良く見ると小さな矢羽根が4つ。
2012/9/5


落ち着いた縞柄
2012/9/5

▲ページTopへ

1階和室に飾られたたくさんの縞柄模様の銘仙
2012/9/5


2012/9/5

小さな矢羽根模様が可愛らしい
2012/9/5


緑と赤とアイボリーのモダンな縞柄
2012/9/5



華やかで若々しい縞柄
2012/9/5

▲ページTopへ

ちょっと変わった矢羽根模様
2012/9/5

和室とピアノと着物
2012/9/5


落ち着いた色調の縞柄
2012/9/5


大胆な縞柄やストライプ状の縞柄など
2012/9/5



2階和室に飾られたたくさんの縞柄と矢羽根柄の銘仙
2012/9/5



いせさき明治館の2階の廊下。明治、大正、昭和が漂っています。
2012/9/5

▲ページTopへ
 銘仙展の見学を重ねるごとに感じるモダンさ、大胆さ。明治館に勤めるK女史のおかげで、「銘仙は地味」と言う先入観は、とうに消え去っていますが、それでも、色々な銘仙企画展の見学を重ねる度に感じる新鮮な驚き。
 これらの柄や色調。古くて新しい要素を多分に持つ銘仙。着物が日常風景からほぼ消え去った日本ですが、不況を勉強材料に古き良き時代の日本文化やスローライフが見直されいる昨今、展示用やイベント用だけでなく、日常生活に復活する日も来るのではないでしょうか。(2012/9/8 記)




▲ページTopへ