Go!伊勢崎 粕川サイクリングロード整備工事、関連工事 [ 粕川サイクリングロードサイクリングロード一覧 ] [ Home ]




粕川サイクリングロード

河川工事、河川施設工事|サイクリングロード整備鮭の魚道

河川工事、河川施設工事

粕川と広瀬川の合流部粕川橋〜御嶽山・自然の森公園の左岸JR両毛線高架橋下の人道ボックス(左岸)
鹿島町〜昭和町三和町、堀下町、五目牛町本関町
更新日:2015/4/26
 2014年12月現在、粕川と男井戸川の合流地点(日乃出町と下植木町との境界付近)で河川工事および河川施設工事が進んでいます。工事中は粕川サイクリングロード(左岸)は通行止めになっています。工期は来年3月20日まで。男井戸川は流域の氾濫や浸水被害が頻発し、調整池築造などの対策が施されていますが、今回もその関連工事のようです。(2014/12/29 記)

発注=群馬県伊勢崎土木事務所
工期=2015年3月20日
工事種類 工事会社
河川施設工事 鈴木建設株式会社
河川工事 株式会社岩瀬工務店

河川工事ヶ所と迂回路

粕川左岸堤防上のサイクリングロード 2014/12/21

河川施設工事看板 2014/12/21

粕川左岸堤防脇の農道 2014/12/21

河川工事看板 2014/12/21




サイクリングロード整備


粕川と広瀬川の合流部

掲載日:2013/12/17 ▲ページTopへ
 今年(2013年)2月に紹介した粕川と広瀬川の合流部のサイクリングロード整備。前年度(平成24年度)分工事は路盤工までだったようですが、2013年12月13日、御嶽山・自然の森公園への道中で確認すると、既に完成していました。「あれ?いつの間に?前回通ったのはいつだったっけ?」と記憶を辿りますが、残念ながら思い出せません。舗装工事中の風景は見逃しましたが、舗装路面や区画線、車止めなどは真新しく、完成して間もない様子でした。このコースが完成したので、広瀬川サイクリングロードから粕川橋へ走るのが快適になりました。
 なお、区間内には休憩所やトイレはありませんので、御用の向きには御嶽山・自然の森公園まで足を伸ばしてください。嬉しいことに、粕川橋から左岸下流側も舗装工事を終えていました。(2013/12/17 記)

粕川橋から下流方向。後方は御嶽山・自然の森公園
2013/12/13

先端の広場を突端側から 2013/12/13


先端の広場から眺める御嶽山・自然の森公園
2013/12/13

赤い線:今回の工事区間 Google地図に加筆

先端の広場を鉄塔側から。後方に広瀬川の流れ。
2013/12/13

先端の広場から眺める赤城山粕川の流れ。右端には御嶽山・自然の森公園 2013/12/13

掲載日:2013/2/14 ▲ページTopへ

粕川と広瀬川の合流部

 意外な所でサイクリングロード整備が進んでいます。粕川と広瀬川の合流部です。粕川は粕川橋下流の右岸、広瀬川は豊東橋(ほうとうはし)下流左岸です。
 この区間が完成すれば、一般道を通らずに粕川と広瀬川の往来ができるようになります。ところでこの場所が「意外」と言ったのは、豊東橋の左岸下流側は、道路脇に雑木が生え、合流地点に向かってどん詰まりの物騒な感じがあって、今までに入ったことがなかったためですが、入ってみると意外に開放的で、しかも先端には広場もあり、合流地点の川の流れを楽しめるちょっとした展望台の風情さえあります。完成が楽しみです。(2013/2/14 記)

発注=群馬県伊勢崎土木事務所、区間L=720m
工期=3月25日、工事会社=三光開発工業株式会社

粕川橋の親柱に刻まれた橋名 2013/2/10

粕川橋の少し下流 2013/2/10

先端部(合流部) 2013/2/10


豊東橋の親柱に刻まれた橋名 2013/2/10

掲載日:2013/12/17 ▲ページTopへ

粕川橋〜御嶽山・自然の森公園の左岸

 粕川橋から御嶽山・自然の森公園までの左岸堤防上の道路は長期間に亘り未舗装で、MBに乗る私は舗装であろうが未舗装であろうが、ガタガタガタガタっと危なっかしい振動を身体全体に感じながら、その感触をむしろ楽しんで走っていましたが、2013年12月13日、いつの間にか舗装を完了していました。右岸同様、舗装路面や区画線、車止めなどからまだ完成したばかりのようです。堤防斜面に生えていた雑木も根元から伐採されて、サッパリとした風景になっていました。

 走ってみると、やっぱり未舗装よりは快適で、転倒の不安もなくなりました。これならば、ロードレーサーやクロスバイク愛好者も走れます。(2013/12/17 記)

工事区間(上図箇所) Google地図に加筆

粕川橋から下流側の御嶽山・自然の森公園方向
2013/12/13

区間途中の状況。舗装面が真新しく、眩しいよう。
2013/12/13

舗装工事前の様子


未舗装でかつ堤防に雑木が茂る風情も素朴な趣があります。2011/4/10

掲載日:2012/1/9 ▲ページTopへ

JR両毛線高架橋下の人道ボックス(左岸)

 粕川左岸堤防上のサイクリングロードとJR両毛線との交差部に新たに造られた高架橋下の人道ボックスカルバートが2011年末に開通しました。この開通により、従来は昭和町第五踏切まで迂回していた粕川左岸堤防上のサイクリングロードがJR両毛線に遮られることなく連続し、大いに便利になりました。(2012/1/9 記)

人道ボックスを北側から。後方はJR両毛線高架橋。
未舗装道路は粕川左岸堤防。
左側の斜路は粕川サイクリングロードへのアプローチ。
2012/1/1

人道ボックスを南側から。
南側出入り口は階段と緩やかなスロープに接続します。
2012/1/1
 粕川左岸堤防上のサイクリングロードとJR両毛線との交差部には、JR両毛線伊勢崎駅周辺高架橋工事に伴い、高架橋の下に人と自転車専用のボックスカルバートが新設されました。
 2011年11月13日、サイクリングロード経由で境産業祭に出掛けたついでに現地に寄ってみると、工事は完了している様子ながら開通はまだでした。伊勢崎土木事務所に確認したところ、この後、照明工事と全体検査を完了させ、伊勢崎市に引き渡してから開通になるとのことです。早ければ年内には開通したいとのことで、今まで昭和町第五踏切まで迂回していた不便さが、遠からず解消されそうです。
(2011/11/14 記)

JR両毛線の高架橋の下に新設された
人と自転車専用のボックスカルバートの位置
(上図赤丸位置)

南側入口は階段(西側)と斜路(東側)に接続します。
階段中央部にはきつい勾配ながら斜路もあります。
東側への斜路が遠回りと言う人はショートカットできます。
2011/11/13

階段(西側)と斜路(東側)の様子
2011/11/13

鹿島町〜昭和町完成 2011年・初夏

掲載日:2011/6/28 ▲ページTopへ
 伊勢崎税務署の通りからJR両毛線まで左岸堤防上の道が表層舗装を完了しています。粕川側の路肩には白く塗装された防護柵も設置されています。

 JR両毛線高架橋下の人道用ボックスカルバートは、高架橋の南側側道の工事が未完のため、残念ながらまだ利用できませんので、昭和町第五踏切まで迂回する事になります。こちらも開通後に、また紹介しましょう。
(2011/6/28 記)

JR両毛線高架橋付近(北側から)
今回の舗装工事の南端部

2011/6/25

JR両毛線高架橋北の
現道との取りつけスロープ(南側から)
2011/6/25

JR両毛線高架橋下の
人道用ボックスカルバート
(北側から)2011/6/25

伊勢崎市教育研究所の西側付近
(南側から)2011/6/25

「絣の郷」の西側の橋梁部(南側から)
横断歩道はありません。
2011/6/25

鹿島町〜昭和町 2011年・冬

 伊勢崎税務署の通りからJR両毛線までの左岸堤防上の道簡易舗装を終えて開通しています。簡易舗装なので自転車で走ると弾力を感じますが、以前の未舗装のデコボコ道から比べれば格段に走り易いです。JR両毛線の高架橋の下には人道用のボックスカルバートが施工済みで、こちらも遠からず開通すれば、昭和町第五踏切まで遠回りせずに左岸堤防を走れることになります。(2011/2/15 記)

JR両毛線のすぐ北側(昭和町) 2011/2/13

簡易舗装を終えた鹿島町区間。
後方には華蔵寺公園の観覧車。
はるか後方には赤城山。
2011/2/13

三和町、堀下町、五目牛町 2010年秋

▲ページTopへ

 2010/11/7、赤堀欅広場で「欅祭あかぼり2010」が開催されました。「それならば」と11月5日に開通なったはず?の三和町〜五目牛区間を通ってみる事に。工事中に何度か訪れた時に、工期が10月22日、11月5日、11月15日・・・と異なるいくつかの日付があったので、まだ未開通かも知れないとの不安もありましたが、無事に開通していて、往路も帰路も利用してしまいました。完成間もないサイクリングロードはとても快適で、贅沢な気分でした。
 未舗装の時にも何度も通っているこの区間、土と草のデコボコ道にも未練はありますが、このように整備されれば訪れる人もきっと増えることでしょう。
 この完成で伊勢崎市街地と赤堀せせらぎ公園をつなぐサイクリングロードの舗装整備が全て完了です。皆さん、天気のいい日に走ってみてはいかがですか。(2010/11/8 記)









車止めも真新しい開通なったばかりのサイクリングロード。
大間々県道の三和町交差点を西に曲がってすぐの場所です。
ここからせせらぎ公園まで自転車で5分。

11月5日に開通なった区間
後方は胴山古墳
2010/11/7


真新しい道路を早速に ◎−◎
2010/11/7


今回の区間の北端部の先に
新しく車止めが設置されました。
2010/11/7

大間々県道の三和町交差点を西に曲がると粕川の橋梁があります
11月5日に開通なったばかりで車止めも真新しい。
日によってははるか後方に赤城山が良く見えます。

2010/11/7

赤城山がクッキリと
2010/11/3


舗装工事中。
タイヤ式ロードローラーで転圧中
2010/10/16

河川敷に降りる階段も造られました。
2010/11/7

路肩の白線も引かれました。
2010/11/7
上武道路の歩道〜北関東自動車道の下〜北関東側道

赤線がサイクリングロード


北関東自動車道側道との交差部の
車止め 2010/11/3

北関東自動車道の橋梁の下をくぐるとはるか後方に赤城山を望めます。
2010/11/3
今回の工区の南端部。
上武道路から大間々県道(国道462号)への下りランプの途中。

2010/11/3

今回の工区の南端部。
(←と同じ場所)
無事に開通
2010/11/7

本関町 2010年春

▲ページTopへ

赤城山と整備を終えた粕川サイクリングロード(本関町区間)

2010/5/9
 2009年3月、本関町の粕川左岸堤防のサイクリングロード舗装工事を紹介しましたが、2010年もその北側区間548mの舗装工事が行なわれました。この工事で間之山(あいのやま)橋〜赤城見大橋の間のサイクリングロードが整備されました。(2010/5/10 記)

左に粕川、はるか後方に袈裟丸山
2010/5/9

左に粕川、後方は上武道路の赤城見台大橋

2010/5/9
右側に少し見える小山は一ノ関古墳
2010/2/28


工区南端部で待機するアスファルトフィニッシャ
2010/2/28


左側:粕川
後方の高架橋:北関東自動車道
その下の高盛土:上武道路

2010/2/28

:今回の工事区間

路盤工を終えて、
舗装を待つ
サイクリングロード
2010/2/28

 ▲ページTopへ

本関町 2009年

 本関町を流れる粕川左岸の堤防上の道が2009年3月、サイクリングロードとして整備され、早速に走って参りました。まだ知れ渡っていないためか、独占状態でした。今までも未舗装ながらマウンテンバイクで何度も走っていますが、やっぱり舗装されると快適です。

今回の工事区間の北端部。
この以北も未舗装ながら走れます。2009/3/21

今回の工事区間の南端部(間之山橋) 2009/3/21

:今回の工事区間

右へ行くと国道462号と新沼


中間付近


南端部付近

鮭の魚道

→ページボリュームが増えたので、こちらに移動しました(2015/4/26)。

Site view counter since 2006/9/17

 ▲ページTopへ