伊勢崎スケートセンター  [ Home ]




昭和40年開業

伊勢崎市今井町732-1
掲載日:2014/11/10
 伊勢崎スケートセンター
 伊勢崎市や周辺の人にとって、知っているようできちんと知らない、知らないようで何となく知っている施設、伊勢崎スケートセンター。その理由を考えると、施設が中西工業株式会社の敷地にあること、センター側から大々的な宣伝をしていないことなどがあるようです。

 かく言う私は、およそ四半世紀ほど前、仕事で毎週のように東京へ出向いていた頃、中西工業脇の道路を通って本庄駅へ向かう道すがら、倉庫のような建物に掲示された看板を目にして、それとなく気付いていました。ただその時点ではここがスケートセンターなのかどうか半信半疑で、その疑問を払拭したのが伊勢崎市の広報で募集したスケート教室の案内。まだ小さかった子ども達と我がカミさんが応募し、数週間に亘って通い、その後、私も何回か通いました。

 そのような伊勢崎スケートセンターに取材でお邪魔したのは先日11月7日。中西工業総務経理部の竹内さんに話を伺うと、スケートセンター開業は先代の社長さんの強い意思。伊勢崎市の冬は空っ風が吹く寒い冬にも関わらず、雪は降らず、沼や川も凍らず、子ども達がスキーやスケートのウィンタースポーツを楽しめません。北海道生まれの先代社長は、冬は家の中で過ごすだけの子ども達を可哀想に思い、せめて近所の子ども達にだけでもスケートを楽しんでもらいたいと開業したのがここ伊勢崎スケートセンターです。冷凍冷蔵設備は同社の最も得意とする分野。その技術力を活かしての開業です。

 操業は昭和40年。昭和12年に伊勢崎市曲輪町で創業した同社がここ今井町に移転した年、関連会社「株式会社伊勢崎スケートセンター」として設立しました。開業以来49年に亘り、毎年10月から3月までの6ヶ月間、子ども達にスケートを通じて夢と希望を与え続けています。実に半世紀の期間です。

 日本のフィギュアスケートは今や世界のトップレベル。荒川静香や浅田真央、安藤美姫、鈴木明子、高橋大輔、羽生結弦ら、ここ数年、覚え切れないほど多くの優秀な選手が生まれ、我々日本人に感動を与えています。
 伊勢崎スケートセンターが広く知れ渡り、たくさんの子ども達に利用され、いつの日か、ご当地伊勢崎市からもそのような選手が生まれることも夢ではないかも知れません。もちろん家族連れや若者、シニアの人たちも大歓迎。ウィンタースポーツを通じて家族や友達、恋人との触れ合いを深めるのもいいでしょう。料金は子ども達がワンコインで楽しめるような低価格に設定してあります。

今年の館内はに変身

 例年10月にオープンしている当センターですが、今年に限り11月からのオープン。その代わり、今年の館内は格別の姿に変身です。建物の外壁や館内の通路、壁、リンクの壁に絵が描かれ、ちょうど美術館のようになっています。
 描いたのは群馬県立女子大学の絵画ゼミと実技ゼミの学生の皆さん。特に建物の外壁とリンクの壁に描かれた絵は圧巻です。建物の外壁に描かれたのは大洋を泳ぐクジラと魚たち。リンクの壁に描かれたのは像やキリン、シマウマ達が集うアフリカの大地。同時に10問の設問に答えると抽選でクリアファイルやステッカー、手ぬぐいが当るクイズグランプリも催されています。館内の各所に問題が貼られています。
 スケートを楽しみ、絵画を鑑賞し、クイズで遊び、様々な工夫を凝らした伊勢崎スケートセンター、出かけてみてはいかがでしょうか。(2014/11/10 記)

※Google地図では中町と表示されますが、今井町です。


▲ページTopへ

建物の壁に描かれたクジラ魚たち


受付と壁に描かれたクジラや魚たち。迎えてくれるのはペンギンさん。

建物外壁に描かれた大洋を泳ぐクジラと魚たち。ホエ~(ル)




▲ページTopへ

通路の壁に描かれたの生き物たち


海の生き物大集合
クイズプロジェクトのポスター







壁画制作の皆さん

壁に描かれた可愛い魚たち


ディズニアニメ「ファインディング ニモ」のような世界が描かれています


貸しスケート靴

通路の窓は雪の結晶

▲ページTopへ

2階休憩室と階段

2階休憩室

ドリンク自販機

売店のご案内

スケートリンク


1階休憩室。奥がロッカーやトイレ。

▲ページTopへ

スケートリンク正面の壁に描かれたアフリカの大地


描かれたのは像やキリン、シマウマ達

リンク側面の壁に描かれた絵

リンク側面の壁に描かれた絵

伊勢崎市・スケート教室の案内

  伊勢崎市の広報、11月1日号によれば、下記要領でスケート教室の参加者を募集しています。
【期日】 12月8日から24日までの月・水・金曜日(全8回)
【時間】 午後6時30分~8時
【会場】 当施設(伊勢崎スケートセンター)
【対象】 市内に在住・在勤・在学の小学生以上の人
【定員】 先着50人
【参加料】 4,500円
【申込】 11月14日(金)から伊勢崎市スポーツ振興課(0270-27-2747)へ。
(2014/11/10 記)



Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ