過去ログ:
キーワード 条件 表示

[646] ケーソン工法, 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/19(Wed) 15:53  

こんにちは。お元気ですか。遊休農地の件では、検索もうまく出来、私の名でも出ました。
 さて、丸男さんの上武大橋立替のこと、見ました。私もあの橋を週に2・3回通るのですが、いつも疑問でした。あの川の水の中に脚を立てることの疑問でした。ようやく解りました。ニューマチックケーソン工法とありました。つまり潜函ですね。ようやく胸のつかが降りました。しかし今だからそう言う方法を、取れるのでしょうが、昔はどうしていたのでしょうか。私は旧ソ連のレニエ河の発電所を見たことがあります。ダムだけでも6キロの長さがあり、その広大さに驚き「どうして造るんだろう」と思っていました。上武大橋のあの緑色の缶のようなものは、取り外されました。


[647] Re: ケーソン工法, 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/19(Wed) 18:42  

ゆめ工房さん、元気でやってます。毎日寒い日が続いていますね。
遊休農地が検索で出るようになったこと、安心しました。

上武大橋、週に2,3度通るんじゃ、早く広い橋になるといいですね。
私は車より自転車で通ることの方が多いのですが、
たまに車で通ると、車線が狭く距離が長くて、結構緊張します。

ニューマチックケーソン工法・・・仰る通り、潜函工法ですね。
作業者が潜水病にならないよう、管理にも神経を使うみたいです。

この工法がない時代は、多分、オープン掘削で周囲をシッカリと土留めして行ったと思います。
仮設設備が大掛かりだったと思います。

頂部の緑色の缶が外されたこと、9日に偶然にも工法全体の姿を撮るのに間に合って良かったです。
ニューマチックケーソン工法の現場を見たのは記憶を辿っても初めてです。

ダムだけで6キロとはスケールが大きくて、驚きます。
ゆめ工房さん、ソ連にもいらっしゃったんですか。戦時中ですか。
中国やソ連の戦時中の事は、ドラマや小説で少し接する程度ですが、
大陸には羨望と怖さとが両方のイメージがあります。


[648] Re: イルクーツク発電所 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/20(Thu) 08:09  

1974年(昭和49年)45歳のときに、兄と、私の長男(当時6年生)3人で、中央シベリヤへ行きました。兄は戦争中シベリヤへ抑留されたことがあり、この日は帰らぬ戦友の墓参でした。
 イルクーツク発電所はバイカル湖からアンガラに流れるエニセイ河の上流です。1940年ごろから発電所の工事が始められ、45年以降日本兵捕虜がこの工事に使われ、何人かは二度と故国の地を踏むこともなく、この地に埋まりました。訪れてみると、日本兵墓地はダムの湖底になっていました。夕焼けの長いシベリヤの地で、湖に向かって「戦友」の歌を歌い、3人で合掌。
この発電所は世界第4位の大きさ。ダムの上は汽車とバスが通っていました。時はまさに、ソ連はブレジネフ時代、空港、機内、橋、駅、鉄道、ダムなどは一切撮影禁止、写真はありません。


[649] シベリヤ抑留 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/20(Thu) 18:48  

お兄さんがシベリヤ抑留の体験者でしたか。
シベリヤ抑留者の悲惨で過酷な生活は、なかなか生の声で聞く事ができず、
一昨年だったか山崎豊子の「不毛地帯」がテレビドラマ化され、それを見ましたが
また、どこかの番組で日本に無事に帰還できた体験者の話をインタビュー形式で放映したのを
(NHKだったかも知れません)見ましたが、戦後、年々風化していくこれらの史実が
知り合いのゆめ工房さんのお兄さんが体験者であったこと、
非常に身近に感じ、まだ終わっていない戦争の歴史を見たような気がしました。

エニセイ川と言うと、中学校の頃の地理の授業で、ソ連の大河は
「オビ、エニセイ、レナ」・・・と暗記して覚えたのを覚えています。
テスト用に覚えた「エニセイ川」の名前がゆめ工房さんから聞けたこと、不思議な感じです。


[643] 写真拝見しました。 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/15(Sat) 19:00  

こんにちは。竹かえしの写真ありがとうございます。
もともとこの「竹かえし」という呼び名ですが、私の思っていた名と偶然一致しました。不思議箱とです。

「蘇れ……」の検索が出来ました。今朝5時台には、動いていなかったのですね。すみません。


[644] 「蘇れ……」の検索 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/16(Sun) 10:26  

ゆめ工房さん、「蘇れ・・・」が検索で出て来たようで、安心しました。
ただ、今のところ「Go!伊勢崎」のトップページのようです。

検索ソフトで個別ページを抽出してもらうには普通は数ヶ月かかり、早くて1週間くらいはかかるようです。

検索ソフトは今はグーグルが主流で、日本で普及しているヤフーも昨年末から検索はグーグルに切り替えたとのことです。

いつ検索でヒットしてもらえるかは、色々な要素がからむので一概には説明できませんが、
「蘇れ・・・」の場合、キーワードを「蘇れ」「小和瀬」「島村」などのユニークな言葉に絞れば
2,3ヶ月後には必ず抽出されると思います。

幸い、「Go!伊勢崎」はトップページのヒット率は高いので、トップページに残っている間は、
早目に、かつ検索結果の上位に出て来ると思います。

以上の事は結構ややこしいことで、SEO対策と称して、これを商売のネタにしている企業もたくさんあります。
私もSEO対策はできる範囲で意識していますが、グーグル社の検索ロジックも公開されていないし、
あまり意識しても意味がないのでできる範囲だけにしています。

ゆめ工房さんがネットやメールを始めたばかりで、色々とややこしい話をしてしまって申し訳なく思っているのですが、
今度、お会いした時にでも、またあれこれと説明しますので・・・。


[645] 記事の検索 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/17(Mon) 13:16  

ゆめ工房さん、さきほど

蘇れ 小和瀬 島村

の3つのキーワードで検索したところ、
トップページの1番目と2番目に表示されました。

地区内の方にお伝えする時に、
「グーグルで 蘇れ 小和瀬 島村 のキーワードで検索すれば出る」
とお伝えすればいいと思います。

この3つの内、「島村」を外すと、少し後に下がり、6番目に出ました。

画像は検索結果の1ページ目です。


[639] 竹かえし、わらべ歌 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/14(Fri) 08:10  

こんにちは。丸男さん、たいへん貴重なヒントを得ました。ありがとうございました。ものは、聞いてみるものですね。
「ひとなげ、ふたなげ、…」を、ネットで検索してみたところ、あの遊びは「竹かえし」と言う遊びで、竹かえしの歌と、やり方の写真、まで出ていました。これには驚きました。
 
この遊びについて、こちらのお年寄りに聞きましたが、解りませんでした。きっと、この遊びをやる地方が特定しているのでしょうかね。
 とにかくヒントいただき、ありがとうございました。

それから、別の件、指示とおりにやったのですが、開きません。再度、お願いします。


[640] Re: 竹かえし、わらべ歌 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/14(Fri) 09:39  

ゆめ工房さん、母の子供の頃の遊びの内容がお役に立ったとのこと、嬉しく思います。
今頃、母もあちらで喜んでいると思います。
1月11日まで生きていれば、100歳だったのですが、あと半年でした・・・。

「竹かえし」と言うんですね。私も勉強になりました。
母手作りのその竹の棒もありますので(2本あります)、後で画像を掲載します。

それと「蘇れ!小和瀬」の取材と記事執筆、本当にお疲れ様でした。
公開前の仮のページの対応、今朝ほど、メールで返信しておきました。
「ふるさとの歌」さんにも、CCでお伝えしておきました。
お時間を見てサポートしてくれるかも知れません。


[641] Re: 竹かえし、わらべ歌 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/15(Sat) 14:06  

竹棒の写真を撮りました。
長さ195mm、幅15.5mmでした。


[642] Re: 竹かえし、わらべ歌 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/15(Sat) 14:08  

もう1枚。
スケールと竹棒を離して撮りました。


[637] 竹の遊び 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/13(Thu) 16:25  

ありがとうございました。お母さんが遊んだ竹の遊び、まちがいありません。なんと言う遊びか聞きませんでした?あの遊びにあわせて唄うたっていませんでしたか。たとえば、「夏も近づく八十八夜」とか「一番はじめは一ノ宮」「いちれつれんぱん、破裂して、日露戦争はじまった」なんか歌っていませんでした。群馬県は竹が生えているので、ここらあたりの遊びでしょうか。きっとむかしの遊びはこうして、自分たちで道具を作り、自分たちで遊び方を考えていたのでしょう。今では、なんでも買って与える遊び道具ですから。これで、私の探し物が一つ解決しました。ありがとうございました。


[638] Re: 竹の遊び 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/13(Thu) 23:43  

ゆめ工房さん、母に書き残しておいてもらった歌詞が見つかりました。

「ひとなげ
 ふたかえし
 みなげ
 よかえし
 いつなげ
 むかえし
 ここらでとんでおさらいなされよ」

と言うものです。
各行に何か意味があったのかは分かりません。


[632] 無題 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/12(Wed) 17:38  

丸男さん、早速のご返事ありがとうございました。これで、「昔、子どもの遊び」のスットクが増えました。ただこの遊びはどの地方のものでしょうか。30年代より前からありましたか?「おっとばしっこ」「かくねごしょ」は、初めて聞く遊びです。それから「鉄球」ってなんですか?

 どなたか、こんな昔の遊びの名前、知りませんか。
昔、縁側なんかで、女の子が二人ぐらいで遊ぶ道具です。道具は竹で、長さ15センチ、幅1.5センチ位の板状のものです。これを片手で握って掌から甲へ裏返しにするような遊びです。私は男の子で、やったことはありません。この遊びの名前と、やり方をご存知の方は、教えてください。おばあさんならもしかして。



[633] 竹の棒の遊び 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/12(Wed) 19:45  

ゆめ工房さん、この遊びは私の住む伊勢崎市の三郷地区の昔の遊びです。時代は昭和30年前後です。
「おっとばしっこ」は「追い飛ばす」が訛ったもので
「かくねごしょ」は「隠れ」+「ごっこ」が訛ったのかと思います。

それと、女の子二人が平たい竹の棒で遊ぶ遊び、私は体験がないのですが、母の形見としてもらったものを持っています。
母が歌を歌いながら、器用にひっくり返したり、上に揚げたりして遊んで見せてくれた事があります。
母は明治43年の生まれで昨年99歳で亡くなりましたが、母親の子供の頃の情景が瞼に浮かんで来て、温かい気持ちになりました。
歌の歌詞もどこかに閉まってあるかも知れません。探してみます。


[636] 鉄球 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/13(Thu) 13:11  

「鉄球」のことをお伝えするのを忘れました。

「鉄球」は直径2〜3cm大の鉄製の球で、今思うに、わざわざ子供の玩具として作ったものじゃなく、機械部品のベアリングだったのかと思います。

お互いの球にぶつけ合うために、ガラス玉じゃすぐに割れてしまうので、鉄製が必要だった訳です。
大きければ大きいほど、相手の球にぶつけ易くなりますが、その分、相手からもぶつけられ易くなるので、2〜3cmが相場でした。

ズッシリと重量感のある「鉄球」は、子供心に楽しい玩具でした。


[630] 昔の子どもの遊び。探しています 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/11(Tue) 19:58  

こんにちは。「04式ゆめ工房」鈍行で行きます。
こどもの遊び方を調べています。
昭和30年代に入り、高度成長期の波の中で、子ども達は塾通いになり、またテレビの出現により、外で遊ばなくなりました。それまで外で遊んだころの、遊び道具、遊び方について、いろいろ調べています。ありましたら、地方名と遊びの名前・やり方をお願いします。
例えば、戦後物資の貧しいとき、子ども達は野球をやりたくとも、ボールもミットもありません。そこでこんな遊びをしました。三角ベース(サードがない)ですが、ホームの地面に溝を掘って、長さ25センチほどの細い木を横向きに置いて、それをバット位の長さの棒で跳ね上げ、遠くへ飛ばして、一塁へ走る。と言うのがありました。名前はありません。(北海道)



[631] Re: 昔の子どもの遊び。探しています 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/12(Wed) 13:24  

ゆめ工房さん、昭和30年台の私ら近所の子供たちの遊びと言えば・・・

「おっとばしっこ」・・・「追い掛けっこ」のことですが、広場を中心に近所の家屋敷を自在に逃げ回り、鬼に追いかけられて身体を触られれば、次に鬼になります。
瞬発力と持久力とが必要で、いい運動でした。

「かくねごしょ」・・・「隠れんぼ」のことですが、なぜか、「かくねごしょ」と言ってました。私だけがそう呼んでいたのかな?
これは「おっとばしっこ」と基本が同じですが、姿が見つかってその時点で「誰ちゃん、見つけた!」と言われればアウトです。鬼は全員を見つけるまで探します。

「野球」・・・「野球」とは言っても柔らかいゴムボールを竹のバットで打つ三角ベースゲームです。ピッチャーがいなくても、自分でボールを揚げて打つ場合もありました。
三角ベースだったのは、広い空き地がなかったせいで、それでも、近所の家の中や畑の中に飛んで行って、ボールを追い掛けて探して来ます。
5,6人でもできたので、正式に両チームに分かれた野球とは全く違った内容です。

陣地取り・・・敵と味方に分かれて、広場の両端に四角く枠を書いて、その中に何かの「宝」を置いて、両者で取りあいます。陣地を守る役と敵に向かって奪って来る役といましたが、小さい時には怖いゲームでした。

??(名前を忘れました)・・・ガラス製のビー玉をかけて、自分の鉄球で相手の鉄球を狙ってぶつけ、当たればビー玉を1個、2個ともらいます。自分が遠くに逃げれば当てられない半面、自分も当てるのが難しいので、それなりの戦略があります。

ぶっつけ・・・今で言う「メンコ」です。「親」カードとなる分厚いメンコを使って、相手の「親」カードをひっくり返します。足で風除けを作って、風圧でひっくり返すなど、工夫が必要でした。勝てば、普通のメンコを戦利品としてもらえます。

今回は取りあえずこの辺で。
このコメントを書いていながら懐かしい思いに浸りました。


[634] Re: 昔の子どもの遊び。探しています 投稿者:しょうちゃん 投稿日:2011/01/12(Wed) 21:42  

昭和40年代生まれの自分は、遊ぶおもちゃとすると、こま(芯は鉄で、ボディーはプラスチックが主で全体が木の物もすこし)、スーパーヨーヨー(プラスチックボディー)、メンコ(スナック菓子の付録を代用)、スーパーカー消しゴムでおはじきみたいにぶつけ合う、中学に成ってからはルービックキュウブかな。
でもこの遊びは平成版としてほとんど復活していて、ちょうど自分の子供が遊んでいますね。
そのため父親としては懐かしく、子供にせがまれるとついつい買っちゃいます。
こまは今のベイブレード、スーパーヨーヨーはハイパーヨーヨー、メンコは遊び方は違いますがカードゲーム(表記してあるキャラの強を勝負する)かな。
昔はみんな学校に持って行って休み時間に遊びましたが今は禁止ですね。
こまなんかは空中に投げ自分の手のひらに乗せられるかどうか競ったり、ヨーヨーは空回転させて上下でなく体の前や上へ投げる様にしてキチンと自分の手元に戻せるかとかやって、学校のガラスを割った友達もいました。
女の子はゴム飛びで左右に2メートルぐらい離れて向かい合ってたち足にゴムで輪を作り、もう一人こがゴムを踏んだり、足で弾いたり簡単な綾取りみたいに絡めて飛んだりしてました。
あっそうそう、縄跳びもはやりました。
たしか鈴木さんと言う名人がいていろんな技があり、その技で縄跳びの級をもらったな・・
これ以上書くといつ終わるか分からなくなりそうなのでこの辺で終わりにします。


[626] しょうちゃんへ(謄写版について) 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/10(Mon) 11:32  

こんにちは。「しょうちゃん」はじめまして。ひょうたん島を見ていただいてありがとうございます。文中の「謄写版」のことですが、ハンドルをぐるぐる回す転写版ではなく、まず、文字が切られた(書かれた)蝋の原紙を、紗織りの絹を張った木枠に熱コテで貼り付ける。一方、直径4センチ・長さ30センチのゴムローラで、どろどろにインクを伸ばして着け、原紙を張った枠に転がして印刷するものです。上手な印刷屋さんなら、千枚位は刷ります。聞くところによると発明者はト−マスエジソンだとか。日本では、堀江謄写堂が有名。しょうちゃんが使ったのは、その後の孔版輪転機です。



[629] Re: しょうちゃんへ(謄写版について) 投稿者:しょうちゃん 投稿日:2011/01/11(Tue) 01:46  

ゆめ工房さん
自分のは、孔版輪転機でしたか、これは失礼しました。
ペンの先に針が付いていて、半透明な紙?にガリガリ書いた事と、ドロドロしたインクを使って印刷したのは覚えていましたが・・・。
文字とか間違えると、紙の様に消して直せなくて苦労したのとインクの量で濃くてにじんだり、薄くて一枚の半分が消えて(写らない)いたりで刷り直したりしていたと思います。
洋服や手をインクで汚した事も覚えてます。
今は、コピー機や印刷機も元文等は機械が読み取ってそのまま印刷ですものね。


[627] 丸男さん、残念でした。 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/10(Mon) 12:51  

丸男さんこんにちは。8日来られていたんですか。残念でした。ふるさとさんに、電話しようかと、話してたんですよ。あの蕎麦、丸男さんにも食べさせあげたくて。
 それでは風景だけでも堪能ください。学校のページにすでに昨日乗っています



[628] Re: 丸男さん、残念でした。 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/10(Mon) 22:43  

ゆめ工房さん、島小の北側のサイクリングロードに到着したのが4時少し前だったので、
きっと既に終了していると思って渡船に乗って帰りました。

島小のホームページを拝見しました。美味しそうでしたね〜。
その場で打った蕎麦を、新鮮なネギとユズの薬味をタップリ入れて、ツルツル〜っと。
お〜、羨ましい!


[622] 本日の蕎麦会について 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/09(Sun) 17:19  

こんばんは。そば会行って来ました。本庄市小和瀬からたくさんおいでになりました。早速取材しておきました。写真は、ふるさとさんにお願いしました。そばは、信州1号の種で、荒地を再整せた土地で作ったもので、大変美味しく頂きました。
 原稿はいま作成中。あとは、名簿と写真(整地中のもの)を借りることになっています。以上


[625] Re: 本日の蕎麦会について 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/10(Mon) 10:45  

ゆめ工房さん、そば会・・・お疲れ様でした。
実は、昨日、私も島村へ行きました。サイクリングで。@−@
上武大橋を渡って、島小の北側まで行き、島小を堤防から眺めて、校長先生の車でも見掛けたらちょっと寄ってみようかなぁ・・・などと思いましたが、時間が遅かったので渡し船で戻って来ました。
境中島辺りに戻る頃には日も沈み、家に到着した頃には暗くなってしまいました。
午前中から出掛ければ良かったのですが。

原稿と写真、楽しみに待っています。
校長先生もご多忙と思いますので、無理のない範囲でよろしくお願いします。


[621] ひょうたん島 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/09(Sun) 13:14  

こんにちは。早速試運転します。もたつく「04式ゆめ工房号」再出発進行。
 昨年、この掲示板に「島村はひょうたん島に似ている」と言う、ふるさとさんの書き込みがありました。いわれて見れば、なるほど、そう見えないでもありません。
 ところで、「ひょうたん島」で古い昔を思い出しました。私がまだ夜学生だったころ、いろいろなアルバイトをしておりました。中でも長くやったのが放送台本の「ガリ切り」です。ガリ切り。解ります? 幅広いヤスリの上で、蝋を張った紙(原紙)に、鉄筆で文字を書く。これを印刷すると、書いたところからインクが染み出て、紙に文字が写る。いわゆる謄写版ちゅうの。
 東京オリンピックが開かれた1946年の4月から放送された“ひょっこりひょうたん島”のことです。作家は井上ひさしさんと山本護久さん(43歳没・代表作「忍者ハットリくん」)のお二人です。お二人は大学を出たばかり。当時、千代田区内幸町にあった某放送会館の地下室に、かっぱえびせんの袋を片手にやってきます。地下の印刷室では、ガリ切りの書き屋さんが今か今かと待っています。二人は打ち合わせを終えると、おもむろに開く袋。左手でえびせん、右手に鉛筆。考えてはポリポリ、頭を掻いてはポリポリの繰り返し。ちっとも先へは進みません。一週間分の放送台本です。書き屋さんの中には文化座の劇団員もバイトをしていて、一枚書いては何ぼの出来高制、一枚一枚がメシのタネ、いらいらするのも無理からぬ。スタジオで待っている出演者も同じです。一枚出来ると直ぐ印刷、走ってスタジオへ、の繰り返し。しかし、筆は遅々として進まず、ついに途中で一休み。そこで書き屋さんと世間話。井上さんは学生時代、浅草の例の踊り劇場で台本を書いていたこともあり、そこらあたりの話がおもしろい。書き屋さんも身を乗り出す始末。私は、まだ若い身空でしたので、聞いていないふりして、実は聞いていました。井上さんはこの作品が放送では初めてで、代表作になりました。残念ながら私は、放送時間の5時台は勤務中で、一回も見ていませんので、ひょうたん島については、なにも申し上げることはありません。えびせんを見れば思い出すお二人です。ご冥福得をお祈りいたします。合掌



[623] Re: ひょうたん島 投稿者:しょうちゃん 投稿日:2011/01/09(Sun) 22:28  

ゆめ工房さん、はじめまして
チョット話がずれてすみません
>>幅広いヤスリの上で、蝋を張った紙(原紙)に、鉄筆で文字を書く<<
小学生のころ(自分はS41年生まれ)に卒業文集を作るのに行った様な??
それで「転写機?複写機?」で、黒いドロドロしたインクを筒状に巻いた原紙に塗って?ハンドルをぐるぐる回して「わら半紙」(当時はそうに言っていたような?)に印刷した記憶がありますが・・
今でも、その卒業文集は大事に本棚に置いて在りますが、紙の劣化が心配です・・・


[624] Re: ひょうたん島 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/10(Mon) 10:36  

ゆめ工房さん、こんにちは。
「ひょうたん島」・・・子供の頃、ひょうたん島とサンダーバードが楽しみの番組でした。
良く覚えているのはドン・ガバチョとサンデー先生、博士です。
主題歌も楽しくて今でも歌えます(^o^)。

「ガリ版」のこと、知ってます。中学生の時、生徒会やら何やらで良く利用しました。
カリカリと字を書いて、インクを塗ったローラーで1枚ずつ刷りました。懐かしいです。

ゆめ工房さんが井上ひさしさと接触できるバイトをしていたのは驚きです。
当時の舞台裏が想像できて、興味津津です。

私も20代の頃に井上ひさしにはハマったことがあって、新刊、古本含めて何冊か読みました。
月刊小説雑誌にも連載していて、そんなのも読みました。
当時から台本執筆がギリギリで有名で、芝居台本の場合、舞台が始まってもまだ仕上がっていない場合もあったとかで、それで延期になったり中止になったり。関係者は大変だったですね。
どんどんエラい作家さんになってしまって、なぜかそれにつれて、井上ひさしの作品を読まなくなりました。


[619] 無題 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/07(Fri) 19:41  

どうもすみません。さきほどの件は、ワードで入力したものを、コピーで、コメント欄に貼り付けましたのが、はねられたものです。ご助言通り↓go,isesakiにクリックしましたが、クリック事態受け付けません。長い文章は時間がかかり、メールでは、時間制限ではねられます。いかがしましょう。


[620] Re: 無題 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/07(Fri) 21:13  

ゆめ工房さん、お手数をおかけしています。
ワードで文書を作っった場合、テキスト(画像を除いた文字の部分)のみならば、
下記手順でこちらの掲示板に持って来れます。

(手順1)コピーしたい文章を範囲選択。範囲選択はドラッグ操作等で行います。
(手順2)右クリックで<コピー>を行います。
(手順3)こちらの掲示板を開き、「コメント」欄で右クリックし、<貼り付け>を選択します。

以下、投稿キーやおなまえを入力して、「投稿する」ボタンをクリック。

またこの「管理人の独り言」の入力時間制限を30分増やして、60分にしておきます。

文章だけならば、ワードの代わりに「メモ帳」の方が簡便です。
「メモ帳」は<プログラム>−<アクセサリ>−<メモ帳>で開けます。

何でもどんどん聞いてください。あれこれと対策を取ってみます。


[617] sos 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/07(Fri) 18:12  

こんにちは。さて「04式ゆめ工房」出発進行!と、行きたいとこでしたが、禁止項で何回もはねられました。
どこがどう駄目なのか、わかりません。助けてー!



[618] Re: sos 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/07(Fri) 19:09  

ゆめ工房さん、せっかく投稿してくれたのに、申し訳ありません。

掲示板にはたくさんのスパム投稿(いたずら投稿のようなものです)が入るので、
それらを禁止する対策をあれこれと組み込んでありまして
その機能が、皆さんの普通の投稿に迷惑を掛けることがあります。

私の方で投稿記事を確認して対策しますので、↓の掲示板に同じ投稿文を書いて、投稿していただけますでしょうか。

http://www.go-isesaki.com/brd_test/joyful.cgi

(上の文字列をクリックすると、その掲示板画面に移動します)
ご面倒をお掛けしますが、よろしくお願いします。


[612] はじめまして 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/06(Thu) 20:03  

丸男さん、こんばんは。ふるさとさんに、手助けいただき、アドレスできました。これからは、いろいろ書けます。遊休農地の件いろいろ調査中です。9日は、向こうの代表にも合えます。この件には、ふるさとさんも大いに賛同いただきました。
 今日深谷の新吉(しんよし)から、極太田舎うどんを購入、ふるさとさんにもおすそ分けしました。太さ約1センチ、長さ30センチ。京都のたわらやうどんによく似たり。ふるさとさんの「室だより」に写真出てます。こんごともよろしく。それから「ねこのおんがえし」早速、他の小学校から上演依頼ありました。さすが、「あの人」が効いたのか?


[614] Re: はじめまして 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/06(Thu) 20:39  

ゆめ工房さん、こちらの記事はひょっとして、ご自分のパソコンからですね。
マスターするのが早い!
・・・ふるさとの歌さんが後ろでサポートしている姿が目に浮かんでいますが(^^;)

これで、色々と書き込めますね。どんどん投稿してくださいね。

昨日、ちょっとお話しした遊休農地のサイトはこちらです。
http://do-farm.com/
まだ立ち上げたばかりで活性化していないのですが・・・。
9日の結果はまた後で教えてください。

太さ約1センチ、長さ30センチのうどん・・・美味しそうです。
昨年の島村渡船フェスタの時、島小のブースで食べた煮ぼうとうも太くて美味しかったです。
島小のHPで見てみますね。

紙芝居の方も上演依頼が来て、早速の反響、素晴らしいです。


[615] Re: はじめまして 投稿者:ふるさとの歌 投稿日:2011/01/06(Thu) 22:56  

ゆめ工房さん、丸男さん、こんばんは。

掲示板への投稿、しばらく時間がかかると思っていましたが、どうしてどうしてしっかりできているではありませんか。
80歳を超えてもインターネットやメールに興味を示し、新しいものにチャレンジする姿はとても素晴らしいですね。
まさに生涯学習を身をもって実践しているゆめ工房さんは、これから高齢者の仲間入りをする我々の生きる鏡です。
これからも、さらにいろいろなことに挑戦してください。応援しています。


[616] こんにちは 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/07(Fri) 12:48  

ふるさとの歌さん、こんにちは♪

私はいつもふるさとの歌さんやゆめ工房さんのヴァイタリティーに刺激されていて
自分の心の中にちょっと怠け心が持ち上がって来た時には、
お二人の姿を思い浮かべて、自分で自分の尻を蹴っ飛ばしています。

今年もまた色々な場所でお会いしそうです。
よろしくお願いします。


[609] はじめまして 投稿者:ゆめ工房 投稿日:2011/01/06(Thu) 16:29  

丸男さん、はじめまして。

手作り紙芝居の「ゆめ工房」です。
ふるさとの歌さんにお願いして、メールアドレスを取得しました。
Go!伊勢崎にも投稿させていただきます。
自分のパソコンで投稿するまでしばらく時間がかかりそうですが、よろしくお願いします。。


[613] Re: はじめまして 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/06(Thu) 20:30  

ゆめ工房さん、こんばんは。
はじめまして・・・と言いながら、昨日は電話ありがとうございました。(^o^)

ふるさと歌さんのサポートがあるんじゃ、頼もしい限りですね。
島村、島小情報、どんどん紹介してくださいね。

こちらこそ、よろしくお願いします。
私もバッチリ応援します!└(^_^)┐


[606] ニューイヤー駅伝 投稿者:tono! 投稿日:2011/01/05(Wed) 00:16  

トヨタの後援会員です。
ニューイヤー駅伝の写真を楽しみにしております。
2009と2010の元旦、6区から7区への襷わたしの写真が嬉しく思いました。

今年も楽しみにしていましたが、
連射モードが間に合わなかったそうで・・・『あーーーぁ』残念。
来年はバッチリと御願いしますね。

「Go!伊勢崎・・・」は管理人さん御一人で書かれているのでしょうか?
情報が幅広く、そして大変な仕事量なのですが、驚きです。

2011年の『管理人さんの御健康と御活躍を祈念します!!』


[607] Re: ニューイヤー駅伝 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/05(Wed) 01:02  

tono! さん、投稿、ありがとうございます。m(_ _)m
ニューイヤー駅伝の写真をご覧頂いていたこと、とても嬉しく思います。
ニューイヤー駅伝の記事でコメントいただいたのは初めてなので、とても嬉しいです。

「Go!伊勢崎」は私・丸男が一人で運営しているのですが、
「きっと自己満足の世界なんだろうなぁ・・・」などと思いながら運営していて、
tono! さんのようなコメントをいただくと、俄然元気になります。\(^o^)/

トヨタさんのタスキ渡しの画像を撮れなかったこと、スミマセン。
デジカメが連写モードで撮影すると、その直後に少し充電時間を取るみたいで
すぐには撮影ランプが点かなくて、間髪空けずに到着する選手の皆さんの姿を見ながら
「お〜、デジカメ〜、早く充電してくれ〜!」と汗を掻いています。

いつの日か、もう1台予備のデジカメを用意できればと思っています。

今年も頑張りますので、よろしくお願いします。


[605] 林育群・Lin Yu Chunの歌声 投稿者:丸男 投稿日:2011/01/03(Mon) 10:19  

年末から正月に掛けて、テレビ番組にちょっと食傷気味だったので、
昨夜はネットのYoutubeでスーザンボイルの歌を聴きました。

彼女を世界的に有名にしたイギリスの新人歌手発掘番組"Britain's Got Talent"の
いくつかのバージョンなどを楽しんでいる内に、
驚く事に、彼女の登場に勇気付けられたと言う台湾の青年の動画を見つけました。

見つけると言いながらも、Youtubeでスーザンボイルの曲を何曲か聴いている内に
関連動画一覧に表示されて来て探す努力なしに自然に導かれたのですが、
その歌の素晴らしさに感動したので、ついつい誰かに教えたくなったところです。

その青年の名は"林育群"・Lin Yu Chun

私が聴いたのは映画タイタニックの主題歌・"My heart will go on"や"Amazing Grace"、
Whitney Houstonの"I Will Always Love"などですが、
その歌声は澄んで繊細でありながら、ダイナミックでもあり、素晴らしいです。
既に台湾国内だけじゃなく、アメリカの有名な歌番組などにも出演し
世界中にブレイクしているようです。
少年の面影を残したままの青年がステージに真っ直ぐに立ち真剣に歌う姿にも好感が持てます。

皆さんはLin Yu Chunの動画、既に聴いた事がありますか。
動画掲示板にまとめて紹介しておきましたので、宜しかったらご覧ください。
動画掲示板→http://www.go-isesaki.com/doga/joyful.cgi

また、スーザンボイルが歌った日本の曲"翼をください"・"Wings To Fly"
も紹介しておきました。透明で感動的な歌声です。映像も美しいです。

これらの曲を聴き続ける内、気が付いてみると1時間をとうに過ぎていました。
Youtubeは昨年、尖閣諸島の中国漁船衝突映像流失事件で大いに話題になりましたが、
歌の映像などの場合、テレビと違って自分で選びながら聴く事ができるのが楽しいところです。


[600] 今日の風景・9景 投稿者:しょうちゃん 投稿日:2010/12/23(Thu) 23:40  

丸男さん
丸男さんが撮ったヨーロッパの古城?の様な赤堀南小には他の学校には滅多に無い物が各教室に有るそうです。
知人の子供が通っているのですが、全室クーラーが付いてる見たいです。
良いのか悪いのか・・・
その理由が近くの養豚等の匂い対策で、窓が開けられない為みたいです。

話は変わりますが、今日風花(雪で無く雨でしたが)が降っている時、高崎方面と赤城山方面に虹が長い時間出てました。
肉眼では見えても、写真では無理かなと思いと時間が無かったので撮りませんでしたが綺麗でしたよ。


[601] Re: 今日の風景・9景 投稿者:丸男 投稿日:2010/12/24(Fri) 12:34  

しょうちゃん 、赤堀南小、全室エアコン付きですか。
でも養豚場の匂いがキツいんじゃ、仕方ないところでしょうか。(ノ_<;)

養豚場も牛舎も養鶏場も、みんな大切な仕事ですが、住宅地や学校区との共生が難しいところですね。

赤城山の虹・・・気が付きませんでした。
ただ、この間の寒かった日の翌日、赤城山が雪を被ってて、見るからに寒そうで・・・。


[585] 前橋新清掃工場 投稿者:しょうちゃん 投稿日:2010/11/25(Thu) 01:47  

丸男さんが、11月21日に撮影した市道拡張工事の写真に、母方の実家が少し写っていました。

また、自分は駒形BPからの抜け道としてこの付近は通るので今後の動きが気に成ります。
(工事をしている通りは使っていません)

抜け道は、BPのリサイクルショップの交差点から桃の木川の橋を渡り、渡り終わったら直ぐ(桃の木川沿い)を東進して、工場予定地の下増田運動公園の脇(荒砥川沿い)を北上して、蓮華院の通りを東進して、木三橋(荒砥川)を渡り伊勢崎に入ります。
<桃の木川と荒砥川が、宮子大橋付近で合流して(伊勢崎で)広瀬川>

自分の家のすぐ西に下増田運動公園と同じ条件(100%に近い)ものが有りますし、また、末広町からの延長の道路も計画では通っているので他人事で無い気がします。

それから、三郷公民館で11月29日の19時から「前橋新清掃工場反対会議」が、行われる様です。




[586] Re: 前橋新清掃工場 投稿者:丸男 投稿日:2010/11/25(Thu) 09:31  

しょうちゃんが利用するBPのリサイクルショップからのルート、
私が土日に現地に出向いても、利用する人が結構いますね。
「こんな狭い道を通り難いだろうに・・・」と思っていましたが、
下増田の信号がある狭い交差点を避けるための抜け道としては便利なんですね。

今度「前橋市道00-330号線」が整備されると、こちらも正規ルートとして通り易い道になるような気がします。

ただ、両毛線を跨いで北上する道の改良はないみたいなので、木三橋の道への出口がネックになるような。
あの交差点、交通量がある割には見通しが悪いので、交通量が更に増えた時に事故でも起きなければいいですが。


[594] Re: 前橋新清掃工場 投稿者:しょうちゃん 投稿日:2010/12/11(Sat) 01:40  

丸男さん
いせさき新聞の記事読みました。
<家はいせさき新聞を購読していない為、ここでしか見る事が出来ませんが・・>
思っていた以上に伊勢崎に影響が有るんですね(ToT)。
三郷での説明会に130〜140名の参加も驚きました。
説明会が在るのは聞いていたので、行こうと思っていたのですが、当日はすっかり忘れていて、気がついた時は21時近かったので諦めました。
行っておけば良かったな。
あの小さい公民館なので、すし詰め状態だったと思いますが、21時過ぎまで討論して・・・
これから良い解決策が見つかると良いのですが・?


[596] Re: 前橋新清掃工場 投稿者:丸男 投稿日:2010/12/11(Sat) 19:20  

しょうちゃん、前橋新清掃工場の件、難しい問題ですね。

多くの自治体が迷惑施設は境界ギリギリに追いやると言う
「自分だけ良ければ人の迷惑顧みず」の姿勢だと思いますが、
残念ながら人間の嫌らしい本能的な部分で、誰しもが持っているところだと思います。

他人の幸せを優先する社会になれば簡単に解決するのですが。


[588] こんばんは 投稿者:あかぎ 投稿日:2010/11/29(Mon) 17:21  

9月頃こちらに投稿させていただきました。今月のはじめに伊勢崎に帰ったのですが、かなり変わっていてびっくりしました。事前にこちらのサイトで調べてから行ったのですが・・・。前に帰ったのが2年ほど帰ったので、変わってはいるだろうとは思ったのですが・・・。
鉄道が好きな自分として初めに伊勢崎駅に行ったのですが、いやぁ立派になりましたね。前のあの駅舎も自分は好きだったのでさびしい気もしますが、駅周辺の渋滞が緩和されるのなら仕方ない気もします。
あとセキチューも出来たみたいですね。伊勢崎のここ最近の変わりようには帰るたびにびっくりします。




[591] Re: こんばんは 投稿者:丸男 投稿日:2010/11/30(Tue) 19:31  

あかぎさん、お久しぶりです。
この2年間と言うと、市役所の東館や赤石楽舎の完成、フレッセイの3店舗進出、
ベイシアBP店のリニューアル、結婚式場のオープン、JR両毛線の高架化と北口の完成、
最近ではセキチューのオープンなどがありますね。
そうそう、スマークも2年前でしたね。

一時ほどではありませんが、まだまだ群馬県内でも元気な方だと思います。


[587] 清掃工場の立地 投稿者:らん 投稿日:2010/11/29(Mon) 10:42  

清掃工場の近くに住んだ事がないので、具体的にどんな迷惑があるのかわかりません。
イメージはよくないですが、敷地の周辺部には植栽がなされるでしょうし。
川むこうに工場があって、嫌でしょうか。
一般の工場に比べて、なにかとても嫌なものでしょうか?

私が想像するに、清掃工場に向かうゴミ車両の通行が最も迷惑かと思うのです。
今改良している前橋市道の沿線の方が最も嫌でしょう。
しかし伊勢崎領内はとおりませんよね。
前橋市はおそらく、全市のゴミ車両を集まる場所として、
上武国道、大胡-駒形-高崎の県道、駒形バイパスで全市からのアクセスがよいとの
理由がありそうです。前橋は、ひろいくせに、ろくに道がありませんから。
しかも空き地があって三方を川に囲まれているという理由からこの場所を選んだのかな。
単にはじっこだからというわけではないでしょう。

ゴミ処理場は排煙がクサイとか、騒音が激しいとか、具体的に苦情があるのでしょうか。
伊勢崎の清掃工場は、利根川沿いにあって、対岸の玉村に迷惑をかけているものなのでしょうか。

迷惑ならばオートレース場のほうが・・・嫌々これは別な話題なのでここでは控えておきます。


[589] Re: 清掃工場の立地 投稿者:しょうちゃん 投稿日:2010/11/29(Mon) 23:52  

らんさんはじめまして。

自分の母方の実家はこの清掃工場の直ぐ近くに在ります。
オートレースが出来る時はかなり反対していたようです。
出来たばかりの最盛期の実際問題は騒音もありますが、オートレースが終わった後の車の流入も有ったそうです。
そのため、下増田の方に入って来ない様にレース開催日の夕方15時〜17時位だったか?一部の橋を駒形BPから進入禁止(道路交通法の正式なもの)にしたりしたそうです。
そのため、住民も5分で帰れる道をわざわざ遠回りして帰らなくてはならない事になったそうです。
<一部地域(伊勢崎、前橋両方)ではチョットした治安の悪化が有りました。>
自分の家は伊勢崎ですが、直ぐ裏が北関東道です。
その為だけではないですが、家の周りの道路の拡張工事が有りました。
道路が拡張する前は、地元の人(車)しか通らなかったのに、主要道への抜け道になり、交通事故は皆無だたのに、100mも遠くから分る見通しの良い交差点でも、一時停止無視等で交通事故が多発したりしています。<死亡事故も数件起きてます>
<<今改良している前橋市道の沿線の方が最も嫌でしょう。>>はもっともですが、道路が良くなると、抜け道として交通量が多くなるのも問題なのではないでしょうか。
今は、下増田の蓮華院の交差点が狭いので、伊勢崎の波志江や安堀、太田から下増田への流入はさほどでは無いですが、下増田の道路が拡張すれば交通量は増えると思います。
<<ゴミ処理場は排煙がクサイとか、騒音が激しいとか、は法律上クリアしているでしょうけど、それに伴って他の問題が出て来ます。
伊勢崎の斎場建設も地元は反対しました。
確かに周りは植林されたりして見た目は分からないし、匂いの問題もないでしょうが、朝から何度も霊柩車は見たく無いものです。
チョット話がまとまっていなくてすみません。



[590] 清掃工場建設の問題点と言えば・・・ 投稿者:丸男 投稿日:2010/11/30(Tue) 19:06  

らんさん、しょうちゃん、こんばんは。(^o^)

ご存じとは思いますが、清掃工場の建設に伴って心配されるのは、一般的には

■大気汚染/土壌汚染/悪臭/振動/騒音/交通環境の変化・・・などと思います。

特にダイオキシン類その他の化学物質及び重金属等が排出されることに対する心配がポイントと思います。
大気汚染の場合には、工場の場所そのものでなく、風によって飛ばされる範囲が全て対象になります。

公害規制が厳しい現在、今後建設される清掃工場はこれらの項目はクリアしていると考えられますが、今回の前橋市清掃工場の具体的な事前評価のデータは掴んでいません。
多分、公式データとして発表されているか、説明会などでは提出されていると思います。

らんさんが仰る「オートレース場の騒音」・・・確かに騒音公害の一つですね(ノ_<;)。
それと下増田地区の人々が、毎日清掃車の行列を見ることになると考えると、
伊勢崎地区より、むしろ地元の人達の方が大変なのかなぁ・・・とも思います。
生ゴミの悪臭など拡散しなければいいですが。