Go!伊勢崎 伊勢崎市と周辺で見かけた鳥たち [ 今日の風景川と沼公園一覧 ]  [ Home ]



伊勢崎市と周辺で見かけた鳥たち

ジョウビタキ|ヒヨドリ|バン、オオバン|セキレイ|キジバト、ドバト|オオタカ|色々な鳥たち
カモ、鴨キジ、雉鷺、サギニワトリ白鳥カワセミ鵜(う)トビとカラスの攻防戦キンクロハジロ

鵜(う)

掲載日:2013/12/23

仲良く一人一個

 嫌われ者の川のギャング、鵜。全身真っ黒でステルス戦闘機のように不気味で精悍な動きをします。
 そんな鵜も仲間同士は仲良く過ごすようで、昨日、広瀬川サイクリングロードを走っていると、落差の低い堰に置かれた自然石の上に、行儀よく一羽ずつ停まっていました。嫌われ者の鵜ですが、相当に神経質な性格のようで、先月、利根川で見かけた鵜の大群は、対岸にいる私が小枝をポキッと折った小さな音で一斉に飛び立ち、今回も、川の全幅に置かれた自然石の内、停まっていたのはサイクリングロードのない対岸側の半分でした。
 沼や河川で過ごす鵜を眺めると、鳥同士もいがみ合いはないようで、カイツブリや鴨、シラサギ、アオサギなどの水鳥と一緒に寛いでいます。
 川魚を食べ尽くしてしまうと言われている鵜。鳥同士は共生できているのか、また本当に川魚を食べ尽くしてしまうのか、難しい議論はさて置いて、何ともひょうきんな光景でした。(2013/12/23 記)

広瀬川の落差の低い堰に、横一列に置かれた自然石
び2013/12/22

対岸側半分の石の上に、行儀よく一羽ずつ停泊する鵜
2013/12/22

掲載日:2013/11/20 ▲ページTopへ

利根川河川敷を埋める鵜の大群

 2013年11月16日、時刻は午後4時。そろそろ日も暮れようとする利根川左岸の河川敷。対岸の堤防上を走る利根川自転車道から、手前に茂る竹林や雑木林が切れた瞬間にチラリチラリと顔を覗かせますが、木々が落とす長い影で既に薄暗く静まり返っています。
 そんな河川敷の川辺に何やら怪しい一条の黒い帯
 「ウッ、何だあれは?!鵜(う)じゃないか!!

 ・・・と親父ギャグで落ちが付いたところで、今回はの紹介。
 最近、市内を流れる利根川や広瀬川、粕川、また波志江沼などの湖沼で、鴨に次いで多く見かける鵜。まるでステルス戦闘機のように水面ギリギリに不気味に超高速で飛翔しますが、”川を襲う黒いギャング”とあだ名されるように、川魚を一匹残らず食べ尽くしてしまうと恐れられています。実際の被害は良く分かりませんが、色が真っ黒で精悍、かつ動きも直線的で早いので、鴨や白鷺、雉などに比べると可愛らしさが乏しいです。
 音にも敏感なようで、対岸からそ〜っと覗いていたのですが、そばにあった枯れた小枝を折ったところ、その「ポキッ!」っと言う小さな音に気付き、一斉に飛び立ってしまいました。一群がこちらの上空にやって来て旋回した時などは、ヒチコックの”鳥”を思い出し、夕方の薄暗い利根川河川敷の雰囲気も手伝って、リアルにスリルでした。(あ、また親父ギャグ)
(2013/11/20 記)

夕方の利根川の川辺に、何やら怪しい一条の黒い帯。良く見れば、鵜の集団。数えてみると、え〜と、・・・、いっぱい。
対岸で小枝を折る小さな音に反応し、飛び立ちました。  2013/11/16


次々に飛び立ちました。その間、僅か数秒。 2013/11/16

川面を右に左に旋回します。2013/11/16





Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ