あずま夏まつり・2009 [ 伊勢崎のイベント一覧 ] [ Home ]





あずま夏まつり・2009

あずま夏まつり→2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年
更新日:2009/8/5

キッズチアダンス


EXILEも脱帽
 2009/8/1(土)、あずま夏まつり・2009は、ここあずま総合運動公園の芝生広場を会場として開催されました。

 今年は広場北西にある常設ステージに加えて、広場中央に仮設の大きなステージが設けられ、両方の舞台の上で、この日に向けて練習を積んで来た子供達や大人達が、演奏や踊りを披露しました。

 踊りや演奏の合間にはキャラクターショーや演芸も行われ、また広場の周囲には様々なゲームコーナーや露天も並び、訪れた人たちは様々な催しに参加し、見物し、夏の一時を過ごしていました。(2009/8/5 記)

キッズチアダンス


キッズチアダンス

像さんのフワフワ
大人はダメだよ

広場の周囲のテントでは、各地区からゲームコーナー等の
色々と工夫した出し物が並びました。

▲ページTopへ

キャラクターショーは子供達の人気


さぁ、良い子のみんな、もう安心だよ、
お兄さんが闘うからね〜


トヤ〜!ウルトラ・キ〜ック!
お〜・・・、イテテテテ!君、強過ぎ
優しくしてね、痛テテテ。


シュワッチ!(古い?)
シャキ〜ン!!かな?

真剣に見入る子供達


ムフフフフ、俺様はゴミ怪獣だ〜
人間が捨てたゴミから生まれたんだ〜
お前らみんな食ってやる〜
どや、怖いだろ〜!


って、ちっとも怖くないって?
お願いだから
もちょっと怖がってちょ〜だい




皆で一緒にいれば怖くないもんね。
ね、ね。
小さな女の子たち、可愛いね〜



保育園のお姉さん達も見物

開会式やお神輿


夏祭り実行委員会から開会式

五十嵐伊勢崎市長さんのご挨拶

開会式の後には、若者達が神輿を担ぎ、威勢よく会場を練り歩きました


ゴレンジャー達も会場を一回り
子供達と握手

あれ?
ゴレンジャーじゃなかったかな?

ゲキレンジャー?
ん?これも違う

誰かおせーて。

▲ページTopへ

八木節演奏の始まり、始まり〜

各地区で、この日に向けて練習を積み重ねてきた八木節チームが、舞台の上で日頃の成果を発表しました。
第一部は子供八木節

三室子供会




舞台の上の子供達の八木節演奏に合わせて、大きな円陣を作って、大人も子供も踊ります。

田部井上子供会



田部井上地区は子供達の八木節に合わせて、大人たちが蛇の目傘をクルクル回しながら踊ります。

西小保方子供会




L






西小保方子供会チームは広い舞台を埋め尽くす大勢のチーム
白い半被(はっぴ)も爽やかに子供八木節を演じます。

L




ここで1つこぼれ話を・・・
西小保方子供チームを指導しているのは、西小保方大人チーム。
その会長さんは新潟県出身、
もう一人のまとめ役Kさんは東京都出身。
お二人ともまだ若く、
市外どころか県外出身のお二人とそのご家族が伊勢崎に定住し
しかも地元の八木節の継承に尽力されていること、
とても素晴らしいことで、
感謝の気持ちでいっぱいです。

L


▲ページTopへ
 あずま夏祭りはこの後も大人八木節や民謡、ダンス、抽選会など、午後8時40分までまだまだ盛りだくさんの催しが予定されていましたが、例年のことながら、私はこの後「境ふるさとまつり」にも向かわなくては。後ろ髪を引かれる思いで午後5時に会場を後にし、早川サイクリングロードを境へ向けていざ行かん。

 ・・・と颯爽とペダルを踏み続けたまでは良かったのですが、境下渕名辺りまで進む内に雨がポツリポツリと。取り合えず上武道路の下渕名高架橋のトンネルを目指し、しばらく雨宿り。リュックを防水カバーでくくり、雨合羽を着て待つこと20分。雨脚が少し遠のいたので再び境の街を目指して「それ行け〜!

 ・・・と世の中、そんなに甘くない。再び雨脚が強くなり、今度は渕名公園の四阿(あずまや)に逃げ込み、二度目の雨宿り。冷たいお茶を飲みながら恨めしく空を見上げるも、いつになっても止みそうにありません。冬でも雨の中をサイクリングするので、まして夏に身体が濡れるのはヘッチャラですが、せっかく境まで行っても祭りが中止になっていれば徒労に終わり、できればそれは避けたいこと。境のまさるさんに教えてもらおうかなぁと携帯に手をやりながらも、いや、きっと祭りの喧噪の中で携帯など聞こえないだろう、いやそれよりもこの雨だからきっと中止に違いない、うん、きっとそうに違いない、などと愚図愚図と逡巡し、その内、我がカミさんから、「今どこ?車で迎えに行くよ」などとメールが入り、「てやんでぇ、子供じゃないやい!それに自転車はどうするんだい!」と反発しながらも、何だか親に心配された子供のような心境になって、結局は家へ戻ることに。

 上武道路の側道を雨に濡れながら独占状態で走り、すれ違うドライバ達に「きっと『お前アホか』と思われているだろうなぁ」、でも「フン、できるものならやってごらん」と一人で勝手に自嘲したり自慢したり。そんな中、反対側の側道をリュックを背負って熊谷方面に向かう若者に二度出会い、「おや、あっちにも変人が・・・」とニンマリしたり元気になったり。
 で、渕名公園からの帰路はノンストップで自宅に到着。家に着く頃にはやっと雨も小降りに。でも、今頃雨が上がっても後の祭り

 と落ちが付いたところで、この辺でお終いに。今年のあずまと境の夏祭りの顛末記でした。
 来年は晴れてね〜(2009/8/5 記)





Site view counter since 2006/9/17

▲ページTopへ